ワールドビジネスサテライト,2/12,特集,スバルなぜ国内回帰25年目の挑戦:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/12,特集,スバルなぜ国内回帰25年目の挑戦

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/12,特集,スバルなぜ国内回帰25年目の挑戦

富士重工業の業績が好調だ

4日
富士重工業 高橋充 取締役
「2013年度は連結で販売台数・売上高・各利益は」
「過去最高を計画」

好業績の背景には
アメリカでの好調がある

地域別販売計画
北米 約53% 日本 約22%

そのスバルが
5月の発売を目指して開発している車がある

栃木・佐野市
スバル研究実験センター

それは国内だけの販売を担った
日本専用車だという

スバル商品企画本部 プロジェクゼネラルマネージャー 熊谷秦典さん
「お待ちどうさまでしたと言うぐらい」
「本当に国内だけ見つめて作った車ですから」

アメリカ市場に軸足を移していたスバルが
いま国内への回帰を狙うのはなぜなのか

去年11月に開かれた
東京モーターショー

スバルはココで
日本専用ワゴンレヴォーグ(プロトタイプ)を発表

それは
スバルの主力車種レガシィツーリングワゴンの
後を継ぐために生まれたクルマだ

レヴォーグ(1.6l/2.0l)
266万7600円(税込)~

1989年スバルが発売した
レガシィツーリングワゴンは大ヒットとなり
ワゴン車ブームを巻き起こした

しかし

レガシィワゴンの販売台数は
最盛期だった96年度の1/4以下にまで落ち込んでいる

レガシィの失速の理由は何だったのか

東京スバル三鷹店 川村博樹 課長
「立体駐車場が多くなっている」
「駐車スペースの大きさに対して」
「ものすごくギリギリ」

2009年のモデルチェンジで大型化した事が
低迷の要因だと言う

当時戦略本部長としてレガシィの大型化を進めたのが

富士重工業 吉永秦之 社長
「スバルが成長するために1番大きな市場のアメリカで」
「さらに受け入れてもらえる車にした方がいいと」

当時スバルは巨額な開発投資などが重荷となり
経営危機に陥っていた

自動車評論家 国沢光宏さん
「スバルは会社の資源の全てをアメリカのレガシィに投入した」
「日本のレガシィはアメリカに合わせると厳しくなる」
「日本は泣いてもらおうと」

その大型化は当たり
レガシィはアメリカで販売が好調に

スバルは危機を抜け出す事ができたのだ

富士重工業 吉永秦之 社長
「最大のマーケットのアメリカを最優先した」
「おかげさまで大きな台数を客に買ってもらえた」
「利益が出たらそれを投資して国内の商品をつくるという」
「順番を当初から想定してやってきた」
「経営者として今でも思うのは逆の順番はできない」
「そういう意味では”お待たせしました”と」

2011年
レガシィワゴンの後継車として
レヴォーグの開発開始

その開発責任者を任されたのが

スバル商品企画本部 熊谷秦典さん
「矢のようなスピード」
「全然怖くない非常に安定していて真っすぐ走る」

排気量1.6lのターボエンジンを搭載
燃費と走りの両立を狙った

その走りはレガシィをはるかに超えると言う

レガシィと比べるとレヴォーグのデザインは
スポーティーになっている

「このレガシィはまず室内空間をしっかりつくった」
「悪く言うと箱っポイ」
「レヴォーグは凝縮感があり室内空間もコンパクト」
「人馬一体感を得られるサイズ」

その熊谷さんたちが強く意識していたのが
欧州車のトレンド

Q.ボルボを意識したか

「欧州車の全てから勉強している」
「意識をしていないと言えばウソになる」

今回新たに開発した
直噴ターボエンジン(1.6l)も欧州が得意とする

「ヨーロッパでは1.2~1.4lとか」
「もっと小排気量にいっているが」
「スバルとしては初めて」

その欧州車がいま日本で売れている
輸入車4年連続で販売台数が増加

中でもトップを走るのが
ドイツのフォルクスワーゲン

主力車種のゴルフは去年
輸入車として初めて日本カーオブザイヤーに輝いた

その売りは小排気量とターボ
燃費と走りの両立だ

そしてこの店では
スバルレガシィの下取りが多いと言う

フォルクスワーゲン豊玉 小野淳一 支店長
「ゴルフヴァリアント(ワゴン)が」
「レガシィより一回り小さいので」
「そこをターゲットにする人が多い」

今年発売されたワゴンタイプの

ゴルフヴァリアント
269万5000円(税込)~

価格帯はスバルのレヴォーグとも競合する

実は
中型輸入車のワゴン比率45%(2012年度)

今後もさらに増えそうだ

一方
スバルの販売店

東京・三鷹市
東京スバル三鷹店

ショールームの真ん中には
レヴォーグのプロトタイプが置かれていた

週末のこの日
大雪でもレヴォーグを見に来る客の姿が見られた
営業マンのセールストークも熱を帯びる

7日
栃木・佐野市
スバル研究実験センター

レヴォーグの座席に
車の振動を分析する装置を取り付けていた

開発責任者の熊谷さんがやってきた

レヴォーグに乗り込んで向かったのは
さまざまな路面の凹凸を再現したテストコースだ

生産開始が迫る中
ギリギリまで乗り心地を改善しようとしていた

スバル商品企画本部 熊谷秦典さん
「客が来店して試乗する時に」
「良いねと思ってもらえるか」
「感性的な所が非常に大きい」

日本のワゴンはかつての輝きを取り戻すことができるのか
スバルの挑戦は続いている

*コンパクトでシャープですね
速報!スバル・レヴォーグ―
ついに走り出したリアルスポーツツアラー、その全貌が
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
速報!スバル・レヴォーグ―ついに走り出したリアルスポーツツアラー、その全貌が (モーターファン別冊 ニューモデル速報)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。