ワールドビジネスサテライト,2/21,特集,インフラロボット最前線:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/21,特集,インフラロボット最前線

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/21,特集,インフラロボット最前線

静岡市にある
一葉橋

この橋は50年以上にわたり
地域の生活を支えてきた

しかし今ある問題が

静岡市 道路計画課 浅井克行さん
「古くなって耐震制度を満たしていない」
「どういう橋脚の補強を進めている」
「古くなって劣化している」

橋の付け根のつなぎ目の部分には隙間ができている

静岡市(2013年度予算)
橋の改修工事 約14億円

しかし
改修の費用は今後も増え続けるとみられている

「静岡市内に約2600の橋がある」
「築50年以上が30%」
「500メートルの橋は点検だけで7000万円かかる」

全国で橋などの
インフラの老朽化が問題となっている

1962年に開通した首都高速
約8割は橋と同様の構造で老朽化が進んでいる

その
整備や補修には人手と莫大な費用が必要だ
その問題の解決のための切り札が

ロボットだ

静岡市
海沿いの国道に架かる橋

橋の下に伸びてきたのは

カメラ型のロボットだ
橋の手すりから吊り下げられ修復の必要な個所がないかを探す

20m先の0.2mmのヒビ割れも見逃さない
操作を行うのはタブレット端末

三井住友建設 土木リニューアル推進室 藤原保久 室長
「スマホ感覚で簡単に操作できる」
「これを右にやればカメラも動く」

不慣れな作業員でも
簡単に使えるように設計されている

このカメラ型のロボット
日立アドバンストデジタルと三井住友建設が共同開発

今後のインフラ老朽化対策の
1つのカギを握っている

これまで橋の点検では

道路規制した上に専用の機械に人が乗り込んで
問題個所がないか確認を行っていた

人手かかる上に度々移動しなければならないため
コストも時間もかかっていた

それが
このロボットではごく少人数の作業員で効率的に行うことができる

「これまでは現場に人が行き」
「物差しをあてて測っていた」
「安全性も向上し費用も安くできる」

点検作業のコストを従来の1/5に下げる事ができるという

問題個所をピンポイントで見つけ事故を未然に防ぐためにも
この点検作業が重要なのだ

それをいかに効率化していけるのか

その点検ロボットの開発に力を入れる
ベンチャー企業がある

横浜市
イクシスリサーチ横浜工場

イクシスリサーチ 山崎文敬 社長
「鉄製の構造物の上ならどこでも活躍できるロボット」

橋梁点検ロボット マグバグ
カメラを付けたこのロボットこれまでにない動きをするという

逆さにして橋の下に取り付けると

「マグネットの力で橋に直接つく」

橋の裏側に磁石の力で張り付き
自由に動き回る

錆や傷がないか探す

ロボットが撮った映像は
パソコンに映し出され入り組んだ場所も行き来できる

「前後だけでなく左右にも動く」

タイヤは縦にも横にも動くことができる
カメラを同じ方向に向けたまま動くことで

広範囲にわたる錆や傷を移動しながら記録できる

「錆とか腐食・亀裂は回り込んで見るのが大事」
「いろいろな角度から見ないとヒビか汚れか特定が難しい」

そして何よりもたった1人で取り付けから
操作までできるのが特徴だ

「団塊世代の退職で労働力不足・技術伝承が問題に」
「ロボット技術を使って代替していく」
「ロボット化が進んできている」

一方
すでに知られざるところで活躍しているインフラロボットもある

築50年以上の下水道
全国で約1万キロ

老朽化した下水道がつぶれ陥没
年間 約3900件

その現場で活躍しているのが

積水化学工業 バリューチューン技術研究所 村田智昭 所長
「下水管の中に新たな下水管を作る」

下水管修復ロボット
塩化ビニール製のテープを下水管の内側に巻き付けていく
すると下水管の中に新たな下水管作り出されていくのだ

このロボットを使うことで
下水を止めずに修復工事が可能

かつてと比較にならないほど効率が上がり
コストも下がったという

「(従来は)道路を掘り返して」
「古くなった下水管を取り出して」
「新たな下水管を埋めていた」
「このやり方だとマンホールから機材も入れられる」
「掘り起こさず交通の問題も起こさず」
「新たな下水管を再構築できる」

実はこのロボット

素材メーカーの積水化学工業が塩化ビニールの
販売を拡大するため開発

現在世界42ヵ国で使用されている

積水化学工業 管路更生事業部 今川明  部長
「従来は素材メーカーというポジションだった」
「ロボットの開発を軸にして」
「インフラの調査・診断・施工まで」
「ビジネスの領域を広げていく」

インフラの老朽化と戦うロボット
その技術開発は今後も猛スピードで進化していきそうだ

*ロボット化で何とかなるか逆に言えばそれで・・・
人口減少下のインフラ整備
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
人口減少下のインフラ整備


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。