ワールドビジネスサテライト,2/24,技ありニッポンの底力,ニチベイ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/24,技ありニッポンの底力,ニチベイ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/24,技ありニッポンの底力,ニチベイ

YKK AP新宿ショールーム
で一際注目を集めている窓がある

ブラインド入り複層ガラス
2枚のガラスで空気層を密閉した断熱性の窓に
ブラインドを組み合わせたモノ

ブラインドを掃除する手間が省けるため
売り上げは2割ほど伸びいる

しかし
複層ガラスの間隔はわずか16mm
狭い隙間に入るほど薄いブラインドに隠されたワザとは

神奈川・愛川町
ニチベイ

住宅やオフィス向けの
約150種類のブラインドを製造

ニチベイ 生産技術部 田島幸弘 部長
「ブラインドの主材料になる羽根を生産する」
「材料はアルミでできています」

通常のブラインドはまず
羽根となるアルミを1枚1枚切り分け

羽根などのパーツはその後人の手で組み立てる
ブラインドを吊り下げたときに羽根を支えるのがこのはしご状のひも

ここに
1枚1枚器用に羽根を通していく

「はしご状のひもも色がたくさんある」
「羽根も種類がある」
「その都度オーダーで作るため手で生産している」

客のオーダーごとにひもや羽の色やサイズが毎回変わる
そのため従来のブラインドはほとんどが手作業で組み立てられている

しかし
複層ガラスに入れる薄いブラインドはこうはいかない

「こちらの商品は羽根と羽根の隙間が」
「非常に狭くできている」
「手で通すには手間がかかり」
「解決するため機械化している」

一般的なブラインドの羽根の幅は25mmなのに対し
薄いブラインドの羽根は10mm

ひもの隙間はわずか7mmで手作業で羽根を通すのは難しい
そのため自動で羽根を通す機会を独自に開発した

羽根を切断して送り出し
はしご状のひもに1枚1枚通す作業を一連の工程にしている

そして
肝となっているのがこの青いパーツだ

「非常に細いので羽根が簡単に垂れる」
「そのため細くガイドしないといけない」

ブラインドは羽根が長くなればなるほど支えるひもの数が増えていく

ひもが増えてもまっすぐ通せるように
この青いパーツで羽根を支えているのだ

ここに技あり
羽根を支えてまっすぐ通し
薄いブラインドを組み立てる

完成した薄いブラインドは窓枠メーカーの工場で組み立てられて
ブラインド入りのガラス窓となる

ニチベイ
ブラインド業界でシェアは2位

独自商品の開発で
トップに追いつきたいという

ニチベイ 商品開発部 沖田寿一 部長
「従来技術だけやっていると進歩はない」
「新たな革命ではないが自動化を進めていく必要がある」

*ニチベイの人員削減は確実に来るねコレ
10年後に食える仕事、食えない仕事
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
10年後に食える仕事、食えない仕事


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。