ワールドビジネスサテライト,3/3,技ありニッポンの底力,ホルベイン工業:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/3,技ありニッポンの底力,ホルベイン工業

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/3,技ありニッポンの底力,ホルベイン工業

大阪・東大阪市
ホルベイン工業

1900年創業
油・水彩絵の具など1700色を製造

まず絵具は色の元となる顔料に
最大で15種類の薬品を混ぜ合わせる

混ぜ方や薬品の量には微妙な調整が必要だ
だが絵具はこれだけでは完成しない

顔料の粒をさらに細かくする必要がある
粒が大きいままの絵具と細かくすりつぶした絵具を比べると

顔料が細かい 滑らか
顔料が粗く のびが悪い

ホルベイン工業 技術製造本部 小杉弘明 本部長
「のびが悪いので色がハッキリ出ない」

では
顔料を細かくするには

「絵の具を3本のロールミル(粉砕機)で」
「滑らかにする一番最初のところ」
「粒が固まっていたものが少しずつ砕けて」
「小さい粒になっていく」

絵の具に求められるのはこの滑らかさ

かき混ぜるだけでは細かくならない顔料を
3本のローラーで念入りにすり潰す

顔料の大きさを調整するのは
このローラーのすき間

ローラーのすき間
20~40マイクロメートル

実はローラーの幅を決めるのは職人だ

顔料の種類のほか気温や湿度に応じて
ハンドルを回しながら微妙な幅を調整する

流れ出る絵の具の量や粘り気を見ながら
すり潰す大きさを判断するのだ

「髪の毛の直径よりすき間を小さくしたり」
「広げたりハンドルで操作するので」
「感覚的には難しい」

ココに技あり
顔料の種類や気候に応じて
ローラーのすき間を最適な幅に調整する

このホルベイン工業の技術に目を付けたのが

東京芸術大宅 油画技法材料研究室 佐藤一郎 教授
「(ホルベイン工業と)共同で開発した」
「油一という油絵の具を使って描いている」

佐藤教授は2002年にホルベイン工業へ
新たな絵の具の共同開発を打診

そして5年後かすれにくく
描きやすい油絵具油一を完成させた

ホルベイン工業 技術製造本部 小杉弘明 本部長
「驚くほど濃度が高い滑らかな絵の具になった」
「絵の具が生き物で毎回できるモノが違うところが面白い」


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。