ワールドビジネスサテライト,3/4,特集,中国"影の銀行"危険水域に:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/4,特集,中国"影の銀行"危険水域に

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/4,特集,中国"影の銀行"危険水域に

1月下旬
中国・上海市内

中国工商銀行
国有4大銀行の1つ

に投資家が押し寄せていました

この銀行が販売した理財商品が
返済不能(デフォルト)の恐れが出ていたのです

問題の理財商品
約700人から510億円(約30億元)
予想利回り 年10%前後

月末の満期日に返済されなければ
初の本格的なデフォルトとなるのです

実際理財商品はどのように販売されているのか
騒動の中新規の理財商品を販売する工商銀行では

Q.投資先は?

銀行員
「短期融資 株 債権などいろいろよ」

Q.どんな種類の商品ですか?

「なんだったかな?債権型ですね」

Q.リスクはありますか

「2012年の開始以来何の問題も出ていませんよ」
「ここにサインして」

別の担当者
「工商銀行だから問題が発生しても大丈夫よ」
「何の心配もいりません」

ほとんどの場合
銀行は理財商品の販売を請け負っているだけなので

投資家ら集めた資金は銀行から信託会社へ
そこから企業などへ融資されるのです

なぜこのような方法がとられるのか

中国・山西省
柳林県

中国有数の炭鉱の町を訪れました

理財商品の資金が流れたのはこの町にある
中堅の石炭会社でした

石炭バブルに沸いた2000年代に事業を拡大

しかし現在
生産は完全にストップしています

投資資金で建てたと思われる施設
中には使われないままほこりをかぶり錆びついた設備が

周辺住民
「あの会社はずっと閉鎖されたままだよ」
「2011年からだよ」

理財商品の販売2011年
経営不振にもかかわらず投資家から資金を集めていたのです

実は今景気減速による
銀行から借り入れが難しい企業
→理財商品を通して資金調達

しかし
審査が甘いため無謀な開発に資金が流れるケースが多いのです

中国工商銀行は1月27日
元本と利息の一部を支払うと発表

デフォルトを回避しました

社会不安を懸念した
政府による事実上の救済策とみられています

しかし
事態は収まらず投資家が今度は上海本店に乗り込みました

投資家
説明と7%利息分支払いを要求

話し合いは5時間にも及びましたが
進展はありませんでした

しかし
デフォルト危機はこれだけではなかったのです

約165億円(9億7000万元)が返済不能の
理財商品が明らかになりました

やはり中国4大銀行の1つ
中国建設銀行が販売していました

李さん
約5100万円(300万元)が戻らず

李さん
「初めて購入した理財商品でこんなことになってしまった」
「すべて建設銀行のせいだ」

資産が流れた企業も炭鉱の町
山西省・柳林県にありました

地元で最大手の石炭会社

聯盛能源集団
石炭バブルを背景に事業を拡大全国38ヵ所で炭鉱開発
しかし資金繰り悪化・石炭の需要減で経営難に

石炭以外にも事業を広げていました

約170億円(10億元)を投じ
教育施設の開発も

2月26日
何も対応しない建設銀行に業を煮やした李さんたちは
抗議活動を開始しました

李さんたちは資金を取り戻すだけでなく
銀行側のずさんな販売手法を人々に知ってもらいたいと
今回の抗議活動を行いました

いま中国では
新たな影の銀行の存在が拡大しています

広東省・深圳市


出稼ぎ労働者 ケ小群さん

最近楽しみにしていることがあります

ケ小群さん
「毎日 利息を見るのが楽しみ」

余額宝
スマホ経由で投資商品を購入可能
中国IT最大手アリババが展開

去年6月サービス開始
6兆8000億円(4000億元)集める

1元(約17円)から購入可能で
収入が少ない人にも人気です

「銀行に預けるのはばかばかしい」

ケさんは出稼ぎを初めて10年
毎月の収入は5万円程度で生活はぎりぎりです

金利(年率)
定期預金(1年) 約3%→物価上昇と同程度
余額宝 約6%

投資家はこうした理財商品に関し
リスクの認識が低いのが現状です

Q.リスクについて

「問題ないアリババは失敗したことがないし」
「資金もいっぱいある」

今後 第二第三のデフォルト危機が
起こる可能性も否定できません

中国政府が影の銀行を
どうコントロールするのか世界が注目しています

*借金で首が回らなくなった中・韓が組んで・・・
危険水域に入った中国経済
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
危険水域に入った中国経済(ニューズウィーク日本版e-新書No.10)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。