ワールドビジネスサテライト,3/14,特集,"使えるロボット"を作れるか:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/14,特集,"使えるロボット"を作れるか

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/14,特集,"使えるロボット"を作れるか

千葉・印西市
農業法人 ハルディン

野菜・花の苗木の生産を手掛ける

そして今年
苗の出荷最盛期3月を前に導入したのが

農業用ロボットです

農業生産法人 ハルディン 篠原茂 社長
「強い根においしい実のなる苗をついで病気に強くする」

苗を接ぎ木するロボット
苗をセットするだけで茎を切りそろえカバーをかぶせてつなぎ
接ぎ木完了です

野菜の苗は実がなる上の部分に味の良い品種
下に根が強い品種をつなぎ合わせ強くするのです

1時間あたりの作業量
手作業 約100本
ロボット 約1000本

「ロボットが入らないと生産性が低いままになる」

今年本格稼働させたこのロボットはISO
オランダのベンチャー企業のモノです

事業拡大に伴い人手に頼っていた接ぎ木作業に
ロボットを導入したのは15年ほど前にさかのぼります

実は15年前に日本製ロボットを導入
しかし操作方法が複雑で使いこなせず廃棄

操作が難しく使い難い
コレが日本製の印象でした

誰でも使いやすいロボットを探した結果
行きついたのは海外メーカーでした

日本発の使えるロボットを作りたい
次世代の技術者を育てる現場でも今それが強く意識されています

東京・八王子市
先週開かれたロボットコンテスト

2013年度 社会実装コンテスト
のテーマは生活で使われるロボットが目標です

東京工業高等専門学校 機械工学科5年 佐々木智也さん
「使って便利な見守りシステムができれば」
「利用してもらえるんじゃないか」

この学生が発表したのは

人の動きを検知
健康状態を離れた場所に伝えるロボット

研究室を訪ねました

「人を検出するセンサー(Kinect)で位置を把握」
「ソレに合わせてロボットが人に近づく」

人を検知して近づいて健康状態を把握し
遠くの人に知らせる事を想定した見守りシステムです

「利用者が気分に合わせてボタンを押す」

ドコかで見たような形ですが
実はコレ人気の掃除ロボットルンバを作る

アイロボット社の研究開発キットを使っています

東京工業高等専門学校 機械工学科 多羅尾進 准教授
「アイロボット社が研究開発用のモノを売ってくれる」
「比較的手ごろな価格で買える」

アイロボットは日本で
4年前から研究開発用のルンバを販売

信号を変えるためのプラグがセットで
価格は通常のルンバより4割ほど安い設定です

さらに

東京工業高等専門学校 機械工学科5年 佐々木智也さん
「インターネットで(技術情報が)公開されている」
「英語なので苦労するが」

インターネットで検索すればルンバの回路やセンサーの使い方が
詳しく見られるようになっています

「楽しいですね」
「実際こういう仕組みになっているんだと」

アイロボットはなぜココまで情報をオープンにするのでしょうか
その答えは先月のアイロボットの新商品発表会でアングルCEOが語っていました

アイロボット コリン・アングルCEO
「華麗なデモンストレーションのためにロボットがあるのではない」
「生活の中の問題を解決し人々を助けるためにある」

ルンバのような使えるロボットをさらに生み出すため
情報を公開して研究を促しロボット産業のすそ野を広げる狙いです

そのアイロボットも注目しているのが

「先進国は高齢化の問題に直面している」
「日本は特に深刻だ」
「介護の問題を解決するにはロボットの力が必要だ」

そう
介護用ロボットです

安倍政権が掲げる成長戦略の1つが
ロボット介護機器の開発

経済産業省
介護ロボットの開発支援に25.5億円の予算計上

実際
介護の現場でも使いやすい介護ロボットを目指した
新しい試みが始まっています

この日あるメーカーが

大阪・枚方市
グッドタイムリビング香里ヶ丘(老人ホーム)

に持ち込んだのはロボット
その機能は

オリックスリビング イノベーションチーム 赤穂浩史さん
「高齢者の見守り機器」
「入居者の状況をいち早く知るシステム」

カメラとセンサータブレットが一体になった介護現場用の
見守りロボットです

ベッドの位置を記憶し入居者の動きを検知して
ナースコールなどに繋げます

経産省の支援事業として採択された
介護ロボットの1つ

実証実験の開始を前に
介護スタッフに使い方を説明します

操作説明は一通り終了
スタッフから出た意見は

グッドタイムリビング香里ケ丘 向井正樹ゼネラルマネージャー
「色が白いのは意味がある?」

NKワークス 開発部 上辻雅義リーダー
「もともと病院で開発していたので」

グッドタイムリビング香里ケ丘 向井正樹ゼネラルマネージャー
「常に見られているという感覚を」
「どうなくすかがポイントなので」
「部屋に溶け込むようなモノにしないと厳しい」

病院の医療機器をイメージさせるデザインに対し
老人ホーム側が問題点を指摘します

「ここは永住の場所暮らしの場所」
「病院には退院があるがコチラにはない」
「生活に溶け込むという観点がないと難しい」

NKワークス 開発部 上辻雅義リーダー
「(産業用では)使用感やデザインの重要度が高くなかった」
「(介護用では)それを反映させる必要をより強く感じた」

オリックスリビングは介護用ロボットの活用に前向きですが
本格的な導入はそう簡単ではないと見ています

オリックスリビング イノベーションチーム 入江徹さん
「今までメーカーにスポットがあたり」
「介護現場が置き去りになってきた」
「介護現場の声を聞いていないので」
「(ロボットの)導入に至っていない」

ただ
介護現場側にも閉鎖的な一面があったと話します

オリックスリビングは今後も積極的にメーカーの実証実験などを受け入れ
介護現場の声を反映させようとしています

「高齢者の介護分野は非常に大きい産業と思われているが」
「実態は非常に厳しい」
「介護現場をうまく巻き込んでもらい」
「一緒に作っていきたい」

つくる側と使う側が一体になれるかどうかが
日本発の使えるロボットを生みだす鍵と言えるかもしれません

*心の癒しにはこういうロボットがあります
アザラシ型メンタルロボット パロ
メンテナンスパック付(ホワイト色)
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
アザラシ型メンタルロボット パロ メンテナンスパック付(ホワイト色)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。