ワールドビジネスサテライト,3/31,特集,消費税前夜 巨大百貨店の"独自戦略":ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/31,特集,消費税前夜 巨大百貨店の"独自戦略"

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/31,特集,消費税前夜 巨大百貨店の"独自戦略"

3/31 午後8時
伊勢丹新宿本店

閉店後の店内
客がいなくなると同時に慌ただしく動き始めた店員たち

商品を陳列する什器動かし服を一気に入れ替えます

通常は商品を季節ごとに段階的に入れ替えますが
伊勢丹新宿本店はきょう一晩で商品の6割を入れ替えます

商品バイヤー
「あすから展開するプリキュアとのコラボした商品」

明日店頭に並ぶ目玉商品の1つが
プリキュアやセーラームーンなどアニメとコラボした商品


デザイナーと連動して付加価値を高めた
伊勢丹独自の商品で

値段はTシャツ1枚およそ7000円

これ以外にもすべてのフロアが
慌ただしく商品を入れ替えます

なぜ一気に6割の商品を入れ替えるのか

三越伊勢丹HD 大西洋 社長
「きょうの商品とあすの商品をできるだけ変えることで」
「客に商品の内容も展開も変わったと感じてもらうことが大切」

消費税増税後
多くの百貨店が割引券など価格面でのサービスを打ち出す

三越伊勢丹は別の戦略を打ち出しています

「価値のあるものを自分たちでモノづくりしながら」
「提案するタイミングを待っていたのでそれで勝負する」

割引ではなく独自の戦略で勝負する
明日の増税を控えてドタバタの作業が続きます

伊勢丹新宿本店(2012年度)
売上高 約2370億円
来店客 約2500万人

世界最大規模の売上高を誇る百貨店です

開店前店内を回る社長は
次々にスタッフや店員に声をかけます

この日は消費税増税の6日前

午前10時半オープン
平日の朝だというのにこのお客

伊勢丹新宿本店
2014年3月期 過去最高益の見込み

大西さんは毎朝店舗に立ち客を出迎えます

伊勢丹新宿本店
去年3月 約100億円かけて改装

客を呼ぶための仕掛けを案内してもらいました

パークと呼ばれるイベントスペース
1〜2週間で展示を入れ替え情報を発信し続ける場所です

この日2階のパークでは
映画のファッションをテーマにした展示が(3/31まで)

パークは売り場面積を15%縮小して2〜5階のフロアに作りました
売り上げは2ケタ増加につながったと言います

「建物に入った時のワクワク感」
「ビックリするような環境や空間が大事」

しかし

今回の消費税増税が業績好調の百貨店業界に
影を落とす可能性があるのです

Q.前回の消費税増税の17年前は何をしていました

「紳士服の商品担当部長をしていた」

1997年4月
消費税が3%から5%に引き上げ
→全国百貨店売り上げ前年比14%減

以降15年間にわたって
百貨店の売上高は減少を続けてきました

「当時は客の期待に応えられず」
「駆け込み需要と消費税増税の影響にギャップが出た」

そして
今回消費税増税による落ち込みを抑えるための切り札が

自社で開発した自主企画商品の投入だと言います

「消費税増税対策はクーポンや値引きではなく」
「価値のあるものを作っていけばカバーできると考えている」

三越伊勢丹
製造工場に生産を委託する
自主企画商品の販売を強化

婦人靴だけでその数は300種類以上

自主企画商品
中間業者を省きコスト削減
→質の良い商品を割安で生産

そして
今回の消費税増税のタイミングにぶつける肝いりの商品が

ミドルからシニアの女性向けの自主企画の新ブランドです

その開発担当者
三越伊勢丹新宿 婦人第二営業部 亀田真理 商品担当部長
「消費税が上がると客は合理的に判断するようになる」
「値段が高い安いではなく」
「欲しいと思ってもらえる商品の鮮度や感度が必要」

この日は4月に投入する新ブランドの会議です
今回立ち上がるのは

メゾン ド ウーマン
50〜60代の女性向け
コンセプトはハレの日に着る服

若々しいデザインと良質な生地が特徴です

「ある程度年をとってもオシャレを楽しみたい人に」
「見かけは若い人向けだが」
「(作りに)気を使っているのがポイント」

3月26日

東京・渋谷区
蝶理モーダ

この日は4月いっぴに店頭に並ぶ商品の最終確認です

生地のがらから自分たちで考えたワンピース 約5万円

実は自主企画商品の開発には
百貨店の根底を変える重要な意義があるのです

百貨店の仕組み
売れ残った商品はメーカーに返品
→在庫を抱えない

大西社長の改革
在庫リスクを抱えても自主企画商品を打ち出す

それが
百貨店の独自性を取り戻す事になるのです

Q.他社との差別化をどう考える

三越伊勢丹HD 大西洋 社長
「これだけ小売業がある」
「百貨店行かなくてもコンビニで全て済む場合もある」
「百貨店にしかできないことを追及していく」
「これをどう客に提案できるかが消費税増税をカバーすることにつながる」

独自の商品を開発することで
百貨店の常識を打ち破る

消費税増税との戦いが明日はじまります

*この作戦うまくいくだろうか?


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。