ワールドビジネスサテライト,4/16,特集,町工場「つながる場」からの挑戦:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,4/16,特集,町工場「つながる場」からの挑戦

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,4/16,特集,町工場「つながる場」からの挑戦

大阪・守口市
の駅前

ちょっと変わった車に乗ってきたのは
中川さんカフェのオーナーです

このEVの名前は
Meguruといいカフェに来る客の送迎などに使っています

EVカフェ メグル
去年10月にオープンしました

カウンターに座る男性はこの店の常連で
この場所の提供者でありEV Meguruの生みの親

淀川製作所 小倉康敬 社長
「(ここは)EVの倉庫だった」

EVカフェ
もともと淀川製作所の倉庫
→300万円かけて改装

そのわけは

「我々はこういう町工場で」
「モノづくりをしているとPRになる」

カフェを始めた狙いは情報発信です

淀川製作所
金属加工を得意とする町工場

大手家電メーカーの下請けが中心
受注は減少傾向

「家電業界が厳しく事業が縮小」
「(受注は)全盛期の1/10」

脱下請けを目指していますが新たな取引先が課題でした
そこで出会いの場所として開いたのがEVカフェです

「知名度が上がり問い合わせがある」

休憩中も電話が鳴る小倉社長
カフェを開いてから商談が増えたといいます

実際に受注に結び付いた取引先に案内してもらいました
イベント企画会社です

そこにあったのは

淀川製作所
EVを改良して電気機関車を制作

以前は日本製がなかったため
海外から輸入していたそうです

イベント企画会社 ふわふわ 大辻真弓 社長
「大概はアメリカからの輸入だった」
「日本製であれば何かあった時でも安心」

すでに2台目3台目を受注
工場では急ピッチで作業が進んでいました

カフェ効果で工場で働く人の顔触れにも変化が

「EVを作りたいと入った社員」
「20代が入ったのは何十年ぶり」

夜11時
再びカフェを訪れると中はバーになっていました

この時間帯にもここで交流やビジネスが生まれています

カウンターの男性
このカフェで起業したといいます

カフェで起業 フィクサス 昇信吾 社長
「弟がアイフォーン修理の仕事をしていて」
「独立して自分でやったらどうかと弟に言った」
「(カフェの)マスターに話したところ一緒にやろうと」
「カウンターを借りることになった」

翌日
カフェのカウンターの隅で弟の隆二さんが修理していました

フィクサス 昇隆二さん
「1日平均5~6件」

割れた画面や電池の交換など
店内での修理のほか出張修理もします

カフェで起業 フィクサス 昇信吾 社長
「アイフォーン修理にきた客がコーヒー飲んだり」
「バーに来た客がアイフォーン修理をしてくださいと言いに来たり」
「(カフェと)客を共有できる」

EVカフェがさまざまな連携の場になればいいと
場所を提供した小倉社長は言います

淀川製作所 小倉康敬 社長
「いいモノは世界中に発信して」
「うちはこういうモノがあるから手を組めますよと」
「新しい付加価値ができればいい」

スカイツリーで観光客が増え活気づく墨田区
しかし区内の工場が今ひっそりとしています

墨田区の工場
最盛期 約1万ヵ所
現在 約3000ヵ所

活気を取り戻そうと動き出したのは

浜野製作所
社員数およそ30人
板金加工を手掛ける

ある挑戦を始めていました
それは

浜野製作所 浜野慶一 社長
「モノづくりの大実験工房として」
「ガレージスミダという工場を作った」

ガレージスミダ
ベンチャー企業や大学からの受注を想定
施策専用の工場

「これは3Dプリンターの1つ」

今注目の3Dプリンターやレーザー加工機など
最新の機器を導入しています

この日は近所の町工場の職人たちに
ガレージスミダを紹介します

昔気質の職人にも新しい挑戦をしようと呼びかけます

ガレージスミダで取引先を開拓
地域の工場と共に仕事を請け負う

「誰かが作ったモノに乗るのではなくて」
「自分たちで企画・運営し道を切り開くことに意義がある」

ガレージスミダの取り組みを後押ししたのが
墨田区の制度です

墨田区が昨年度から始めた

新モノづくり創出拠点整備事業
新タイプの工場を開設する事業者に最大2000万円の補助金

墨田区 産業経済課 郡司剛英 課長
「区としては破格の条件」
「2000万円はなかなかない」

墨田区
新モノづくり創出拠点を3年間で10ヵ所に増やす

「地域の中小企業がやる気をだし」
「地域と融合しつながりあってほしい」

町工場が作る情報発信の場
新しいモノづくりを生み出す起爆剤になるかもしれません

*今も残っている町工場って何をしているんでしょう
経常利益率35%超を37年続ける 町工場強さの理由
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
経常利益率35%超を37年続ける 町工場強さの理由


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。