ワールドビジネスサテライト,5/19,特集,デジタル印刷で需要掘り起こし:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/19,特集,デジタル印刷で需要掘り起こし

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/19,特集,デジタル印刷で需要掘り起こし

東京・中央区
白橋

創業80年を超える印刷会社

チラシや会社案内などを印刷しています
向上の中では年季の入った印刷機が動いています

いま
こうした昔ながらの印刷会社に変化が起きています

その変化とは

白橋 白橋明夫 社長
「アナログ印刷だけでは差別化できなくなった」

アナログ印刷とは長年日本の印刷業の主流だった方法

アナログ印刷
アルミの板などに図案を焼き付け版を作成
その上からインクを吹き付け印刷

大量印刷できるが時間とコストがかかる
→需要減少

そこで導入したのが

「これがデジタル印刷機になります」
「コンピューターからそのまま紙に印刷できる」

5兆円を超える印刷市場全体のうち
デジタル印刷はまだ5%程度2700億円

市場全体は縮小する中でも
デジタル印刷は伸びが期待されています

この日
白橋に来客がありました取引先のラクスルの松本社長

名刺の注文をしていると言います

ちょうど印刷が終わった名刺
しかしそこには松本社長の名前でなく全く別の会社の名詞が並びます

どういう事でしょうか

実は
ラクスルは印刷の仲介をする会社

ラクスル
主に少量の印刷をネットで受注
→約1700の中小印刷会社に発注

今回の名詞もラクスル経由で
白橋が印刷を請け負いました

この仕事でカギとなるのは

白橋 白橋明夫 社長
「ラクスルの仕事は全部デジタル印刷」

ラクスルは名刺なら最小で
100枚500円から受け付けるため

低コストで少量の印刷に対応できるデジタル印刷機が不可欠です
またラクスルとの提携は業務の効率化にも繋がっていると言います

「ラクスルの仕事は我々の稼働率アップに寄与している」

中小の印刷会社の稼働率 約40%

ラクスルはそこに着目
稼働していない空き時間を活用し低価格を実現

工場側も印刷機を無駄に眠らせるのを避けられるのです

東京・港区
ラクスル

売り上げは毎月2割伸びているそうです
松本社長は今が印刷業界の転機だと話します

ラクスル 松本恭囁 社長
「(印刷業界は)斜陽産業である一方で」
「6兆円という非常に大きい市場」
「小ロット 短納期を追及する事で新たな需要を見出せる」

デジタル印刷機を活用して
まったく新しい印刷業に乗り出す企業もあります

大阪市中央区
アピックス

一見普通の印刷会社に見えますが
社長に聞くとあるモノの販売を始めたと言います

それは
酒です

アピックス
ワインや日本酒をネット販売

しかし
ただの酒ではありません

オリジナルのラベルを付けられるのが売りで
1本から注文OK

ラベルの印刷という
本業に繋がる仕事を生み出すのが狙いです

アピックス 河村武敏 社長
「デジタル印刷が高性能化して」
「カスタマイズ印刷という1人1人の印刷ができる時代になった」

様々なラベルを1枚から受けるこのビジネスができるのも
デジタル印刷機があるからこそだと言います

アピックス
約2億円を投じすべてデジタル印刷機に

さらに

「デザインの威力は商品価値の半分以上を占めると気づいた」
「デザインは我々の命」

ラベルを印刷するだけでなく
デザインも自社で手掛けています

デザインを担当しているのは
田中さんです

アピックス デザイナー 田中由紀美さん
「手書き風のラベルをつるくのが」
「温かさ味と手作り感があるので好き」

いま取り組むのは
父の日のギフト需要を狙ったラベルです

多くの候補の中から今回は
8つのデザインが父の日用として採用されました

「来週からウェブの作業に入って」
「22日から販売予定」

オリジナルラベルの酒のネット販売
今では会社全体の売り上げの約1割にまで成長

さらに

オリジナルラベルの企画力が評判を呼び
企業からの引き合いも増えたそうです

アピックス 河村武敏 社長
「年間で2桁くらい新しい客から声がけがある」
「インターネットを通じた企画でプロモーションをする事で」
「新しいマーケティング戦略として成長するとうれしい」

こうした中小の印刷会社のニーズに対し
メーカーも動き出しています

富士ゼロックスが発表したのは
デジタル印刷機の新商品

Versant2100Press 1980万円 7月1日発売

中小の印刷会社を意識し
機能を絞った2000万を切るモデルです

富士ゼロックス 麻生修司 執行役員
「印刷業界が変革を推進していく中で」
「これまで以上に大きく印刷業の市場に」
「受け入れられる商品だと考えている」

記者発表の後には中小企業など50社を招いて
使い方の説明会が開かれました

説明を聞く顔は真剣そのものです

参加者1
「(デジタル印刷が)伸びることを考えると」
「導入を考えなければいけない」

参加者2
「今までできていないことが」
「来年できる可能性がある」
「そういう使い方に期待」

内需縮小といわれる中でも
デジタル印刷機は期待できる市場だと富士ゼロックスは見ています

富士ゼロックス 麻生修司 執行役員
「デジタル印刷は2桁の成長をすると考えている」
「間違いなく伸びる」

デジタル印刷機を使った新たな需要の掘り起こし
それが中小の印刷会社にとって生き残りのカギの1つとなりそうです

*まぁでっかいカラーコピー機です
デジタル印刷レポート2014
アマゾンで見る
楽天で検索
デジタル印刷レポート2014


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。