ワールドビジネスサテライト,5/23,特集,独自ここまで来た自動運転:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/23,特集,独自ここまで来た自動運転

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/23,特集,独自ここまで来た自動運転

スェーデンの自動車メーカーボルボが制作したこの映像

ある女性が通勤時間を利用してスケッチをしています
その絵をスマートフォンで撮影し電車に乗る男性に送ります

実は彼女がいた場所は自動運転車の運転席
ボルボが2020年に実現を目指す自動運転のイメージです

スウェーデン・イエールテボリ市
ボルボ・カー本社

その1階に展示されていたのは事故車
この展示にボルボというブランドの価値が体現されていると言います

ボルボカー安全説明員 ヨーナスベプセレーネンさん
「ボルボは1970年から交通事故の調査を始めました」

イエーテボリ市やその近郊でボルボの車が事故に巻き込まれるた時
ボルボの事故調査班は現場に赴き事故の状況を調べているのです

ボルボ・カー
2020年までにボルボの新車で
死亡・重傷事故ゼロを目指す

その安全性で今重要なテーマとなっているのが自動運転だと言います

ボルボ・カー ホカーカンサムエルソン社長
「世界に先駆けて自動運転の大規模な実証実験を行う」
「2017年に顧客100人が自動運転を使用する」
「我々には開発競争の中でリーダーとなる野心がある」

ボルボはスウェーデンの政府当局などと協力して
イエーテボリ市の高速道路約50kmのコースで自動運転の実験を行う予定

「毎朝の通勤時間の渋滞などは自動運転を取り入れるべき」
「運転しながらメールを見たり」
「電話したり注意散漫で危険だから」

安全性を追求するための自動運転
今回そのプロトタイプの取材が許可されました

日本のテレビが撮影するのはこれが初めてです

その実力は
駐車場ででスマートフォンのパークナウのボタンを押すと
ゆっくり駐車場を一周し空いているスペースを見つけるとバックで駐車し始めました

そして
今回2017年に公道実験コースで自動運転を体験できる事になりました

コースに到着しました

ボルボカー自動運転技術エンジニア ミカエルトールさん
「今ボタンを押して自動運転システムを起動した」
「車線や周囲の車の状況をデジタル地図の情報と照合し」
「車の位置を決めている」

ハンドルが小刻みに動きます

前に車が割り込んできました
時速70キロメートル以上で走っていましたが

Q.減速しましたね

「周囲の環境に合わせて速度を自動で変える」

一方
不安を感じるところも

大きなカーブではハンドルが小刻みに揺れながら
カーブをキープはみ出しそうに

また今回のプロトタイプでは

横や後ろの車は制御の対象外
→自動で車線変更できない

2017年の実証実験
全方位を検知できるセンサーを搭載
→車線変更も自動に

自動運転の公道実験を進めるのはボルボだけではありません

メルセデスベンツ
去年 市街地含む約100kmのルートを自動運転で走破
路上駐車しているトラックも自動で回避

ルート上に18ヵ所あった円形交差点も
無事通過しました

信号も認識します

複雑な自動運転を実現できたカギは

3Dデジタルマップで
車の位置や障害物を特定

メルセデスベンツはまずは高速道路での自動運転を
2020年ごろに実現したいとしています

自動運転の技術を着々と進化させるヨーロッパ勢に対し
日本メーカーは

栃木・佐野市
スバル研究実験センター

ぶつからない安全技術
アイサイトの新バージョンを開発しています

これは自動ブレーキのテスト

富士重工業 先進安全プロジェクトゼネラルマネージャー 岩瀬勉さん
「きちんと止まれている」

来月発売される

レヴォーグ
新型アイサイトを搭載
ハンドルの自動操作が可能

新型アイサイト
車線からの逸脱防止機能

車が白線の外にはみ出しそうになると
ハンドルを自動で操作し車線の中に車を戻します

しかし
ハンドルを自動できる角度はボルボの自動運転に比べて
気が付かないほど小さな動きです

Q.ハンドルの動きは技術の違いか

「ドライバーが曲がりたい時に」
「その意思を阻害しないため」
「操舵技術を支えていく」

スバルは未来の自動運転よりも
今使える安全技術を普及させることに集中していました

「量販メーカーで最も安全なモノを提供していきたい」
「手放しで運転のための車づくりを今はしていない」

今回能力が大幅に向上した新型のアイサイトは量産体制の構築が追い付かず
車の発売が1ヵ月遅れる事態になりました

「万全の体制で客に届けるために」
「時間をいただいた」

スバルは失敗を許されない商品を出し続ける事で技術を磨く考えです

そして

2020年までの中期経営計画に
スバルらしい自動運転の実現を掲げました

富士重工業 吉永秦之 社長
「スバルの場合 車の運転は是とする」
「運転を楽しみ安全に移動する」
「スバルが考えている運転の主体は人」

2020年をターゲットに自動運転の実用化を目指すメーカー各社は
いま変革の時を迎えています

*その先2030年にはどんな世界になってるんでしょう?
2030年 世界はこう変わる
アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。