ワールドビジネスサテライト,7/2,特集,子どもが増える!?自治体の子宝作戦:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/2,特集,子どもが増える!?自治体の子宝作戦

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/2,特集,子どもが増える!?自治体の子宝作戦

少子化対策に成功した自治体があります
それが人口6000人ほどの

長野・下条村

下条村の合計特殊出生率(村の試算)
2013年 1.88 2003年 1.69

10年前から0.2ポイントほど上昇しました
山間部の村でなぜ子供が増えているのでしょうか

下条村
1997年~ 若者定住住宅の子育て専用の住宅を供給
2LDK(約65平方メートル)駐車場2台
家賃 3万3000円〜3万4000円(周辺相場の半額)

下条村 総務課 堀尾伸夫 課長
「若い人たちに来てもらいたく」
「子育てをできるだけ安い金額で応援する」

村営の集合住宅
10棟 124戸

およそ7割が村の外から移り住んできました

集合住宅の住人
「別の町で結婚する前まで住んでいた」
「結婚をするか子供が生まれるのが(入居条件で)」
「結婚を機に(入った)」

村営住宅はすべて村の財政で賄っています

下条村の財政改善策
職員を削減

資材支給制度
村は資材だけを提供
村民ら自ら道路などを補修

こうして村では子育て支援にお金を回してきました

子育て支援策
保育園や給食費の補助
医療費の無料化(高校生まで)

2児の母
「(子ども)1人につき毎月5000円の補助がある」
「2人目まえは5000円だが3人目からは1万円」
「大きいですもう1人産めばよかった」

3児の母
「下条村の人は多い子供(の数)が」
「いろいろ支援もあるので(子ども3人を)育てられる」

少子化対策に力を入れている自治体は

静岡県の合計特殊出生率の推移
1.37%まで下がりましたが 2013年 1.53%にまで回復していて
2017年に2.0%を目標に掲げています

静岡県 健康福祉部 宮城島好史 部長
「2.0をやるためには結婚気運の醸成から」
「妊娠 出産 子育て」
「切れ目のない支援を続けることが大切」
「高い目標を掲げた事でやる気が生まれて」
「子育てだけでなく社会全体で支援していく」

静岡県は

エンゼルパワースポット
恋愛・結婚・子宝スポットを紹介するパンフレット

を作り結婚の機運を高めてきたほか

企業子宝率
企業の合計特殊出生率をまとめたもの

も作り企業の出産サポートもしています

「子供を多く持てる企業は子育てにやさしい」
「子育てのやさしを測る尺度として企業子宝率を考えた」

その冊子に掲載されている企業

静岡・富士市
村松電機

従業員数 47人
企業子宝率 1.90

この日
昼休憩の途中で経理担当の女性が席を立ちました

村松電機 大橋麻由子さん
「子供の参観日があるので行ってきます」

向かった先は長男が通う小学校
大橋さんは会社を抜け授業参観に出席しました

参観を終わって

「いろんな残念なところも楽しそうなところも見れて良かった」

下校後
大橋さんが会社に戻ってきました

この日は2時間の休みをもらい
仕事に戻りました

村松電機の子育て支援
2時間単位で有給休暇をとれる
育児休暇を15日取れる(小学3年生まで)

村松電機 村松昌夫 社長
「昔から何人も事務員を雇い」
「みな結婚して子供ができると退社していった」
「退社をするとまた新規で採り」
「一から教えていかなければいけない」

こうした制度の導入で
女性社員が辞める事もなくなったと言います

少子化対策で成功をおさめる自治体もありますが
日本で生まれる子供の数は年々減っています

その大きな原因の1つが結婚しない人が増えた事
当然少子化が進みます

法政大学大学院 政策創造研究科 小峰隆夫 教授
「日本の場合は結婚する数が減っている」
「結婚した後の人のための政策をいくらやっても」
「なかなかうまくいかない」

生涯未婚率の推移
男性 20.14%
女性 10.61%

そこで結婚支援に力を入れている自治体があります

茨城・水戸市
茨城県三の丸庁舎

は8年前に

いばらぎ出会いサポートセンターを作り
これまでに1211組(6月29日時点)の夫婦が誕生しました

いばらぎ出会いサポートセンター 押野浩 参与
「最近では月平均14組成婚しているでの」
「その数は決して少なくない」

登録費用
1万500円(3年間有効)

何回もお見合いができます

会員は自分の事や相手の希望の情報を入力し
理想の人をiPadで検索します

年齢や居住地の他
年収や勤務条件などが合えば職員が2人を引き合わせ
30分ほどのお見合いができるのです

こうしたサポートを通じて
今年結婚した夫婦がいます

先月結婚式を挙げたばかりの
鈴木さん夫婦

夫は教師 妻は新聞社に勤めているため
お互い仕事が忙しく異性と知り合うチャンスがあまりなかったと言います

鈴木正敏さん(33歳)
「土日も部活などで忙しく外で出る機会がない」
「(出会いサポートセンターが)あるのはいい」

鈴木敬子さん(29歳)
「出会いのカタチが何であれ」
「結婚したことは私や夫にとって良かった」

値段の安さと信頼性が人気を呼び
現在の会員数は3306人(6月28日時点)

いばらぎ出会いサポートセンター 押野浩 参与
「結婚しない1つの大きな理由が出会いの場の減少」
「出会いの場を提供するのは意義がある」

地方の成功モデルを全国にどう普及させるか
国を挙げた少子化対策がこれから動き出しそうです

*普通の婚活サイトってこんなもんらしい

*また結婚相談とかも


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。