ワールドビジネスサテライト,7/15,特集,自然の力で冷える街:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/15,特集,自然の力で冷える街

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/15,特集,自然の力で冷える街

埼玉・熊谷市

2007年に記録した最高気温40.9℃

この地で国内初という
住宅街の開発が進められていました

ミサワホーム商品開発本部 石塚禎幸さん
「平均3.5℃周囲の気温から下がる街づくりを目指している」

73戸の住宅開発をするというミサワホームが始めたプロジェクト

それは
この街一帯を3.5℃下げるというモノです

実現した場合
およそ4%冷房削減につながると言います

最大のポイントは東側に設けた
緑豊かな公園です

「樹木の葉から水分が蒸発すると周りの空気から気化熱を奪う」
「樹木の周辺の空気の温度が下がり」
「そこを抜ける風の温度が下がる」

また
公園には打ち水や足水で気温を下げる

工夫は道路にも

「高反射性舗装で白くなっている」
「石灰石を多く含んでいる」

太陽光と光を反射
→道路表面の温度を下げる

温度を測定してみると
アスファルト 55℃
高反射性舗装 50℃

夏場に吹く暑い東風が公園を通過することで冷やされ
住宅地に流れていくのです

実際温度を測ってみると
公園東側 38.1℃
公園西側 36.4℃

1.7℃冷やされていました

その冷えた風が街の奥まで吹き抜けるよう
道路も放射状に配置しました

家の中の風の通りにも工夫を凝らしています

涼風制御システム
室内で熱気を感知すると自動的にファンを回し
天窓から強制排気する

駐車場には水を噴射させるシャワーを設置する予定で
打ち水効果を生み出します

暑い街熊谷だからこそ冷やす街づくりのPR効果は大きいと言います

「熊谷市で(冷やす)効果を示せれば」
「広く普及する機会になる」
「そういう事を狙って今後の街づくりをしていきたい」

風を取り入れて
室内温度を下げる取り組みは広がりを見せています

東武鉄道
500区画の住宅開発

今月にも先行発売される住宅の建設が急ピッチで進められています

ただ
その住宅の向きに違和感が

土地に対して建物が斜めに建てられていました

斜めに配棟することで
そこには空間が生まれます

ココを中庭として活用するというのです

チームネット 甲斐徹郎 代表
「この家にとってこの三角形の空間が庭」
「つなげてみると大きな庭を共有している」

2階の窓から見ると隣接する住民同士で景観を共有する
シェアガーデンに

この街並みを監修した甲斐さん
斜めにした狙いはもう1つあると言います

「風が抜けてその窓に入りさらにその窓の先に抜けていく」
「配棟と間取りができている」

整体して立つ住宅街では風は通り過ぎてしまいますが
斜めにする事で奥の住宅にも風が入る設計になっているのです

また
ウッドデッキに緑にカーテンを設け
直射日光を遮断

パッシブデザイン
建物の構造などで熱や空気の流れを制御
→快適な室内環境をつくる

「一般的な住宅はアクティブデザイン」
「窓を閉め切りエアコンなどで家の中を快適にする方法」
「パッシブデザインは外の環境を生かし」
「体感的な快適さをつくる」

実際にパッシブデザインの住宅に暮らす
お宅を訪ねました

甲斐さんが地元工務店と共に手がけた住宅はやはり風にこだわったモノ
清水さんは去年6月から家族と共にこの家に暮らしています

清水千恵子さん
「一番気に入っているのが雨戸」
「夜は風が良く入る角度にして寝ている」

ブラインドのような仕組みになっているこの雨戸が
家の中に風を呼び込みます

また
熱黙りを廃棄する天窓も設置

この家に住んでから
あまり冷房を使わなくなったと言います

「クーラーは消費電力が大きい」
「それがないから電気代は約2割減った」

東日本大震災 以降
自然の力を活用するパッシブデザインが今注目されているのです

岐阜・笠松町
ココである実験が行われていました

岐阜工業高等専門学校 建築学科 中谷岳史 講師
「古い建物を調べる事で新しい通風のデザインを抽出する」

明治25年に建てられた町屋で風船を作っているのは
中谷講師と学生たち

この風船を使って
町屋の風の流れを解明しようというのです

ポイントは木々で覆われ涼しげな中庭

その中庭側から風船を放つと
風は和室を抜け道路側に流れていくのが分かります

町屋にはこうした風の流れが生じると言います

現代の住宅とは異なる独特の現象です

なぜか
町屋の道路側は抵抗がないため強い風が吹きます
一方中庭側は建物が密集しているため風が弱くなります

この風の速度差によって
中庭側から室内に風が生じると中谷さんは説明します

今後データをまとめ来年にも
日本建築学会で結果を発表予定

「非常に密集した地域の風の流れに」
「大きなヒントが隠されている」
「集合住宅やショッピングモールなど」
「建物群を設計する上で大きなヒントになる」

暑くなる厳しい夏を快適に過ごすには
昔ながらの自然の力を生かした住まいづくりがカギとなりそうです

*ちょっとした工夫でこんなに変わるのか!
住まいの中の自然 パッシブデザインのすすめ
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
住まいの中の自然 パッシブデザインのすすめ


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。