ワールドビジネスサテライト,8/11,特集,"就活2016年問題"思わぬ余波:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,8/11,特集,"就活2016年問題"思わぬ余波

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,8/11,特集,"就活2016年問題"思わぬ余波

内定塾
就職活動する学生を支援するための予備校

この日は無料の体験セミナーが開かれていました
手元と資料には”2016年度 就活体験セミナー”と書かれています

集まっていたのは2016年度卒業予定の大学3年生
彼らの就職活動はすでに始まっていました

講師
「2016年卒の就職活動がどんな風に進んでいくか理解している?」

学生
「採用時期が遅れる」

今の大学3年生から就活スケジュールが大幅に変わります
それが就活2016年問題です

今まで企業が学生に対して
採用説明会を開く時期は3年生の12月〜3月ごろ
そして面接などを通して選考する期間は4年生の4月からでした

このスケジュール全体が来年から後ろ倒しとなり
選考期間は4ヵ月間短縮されるのです

なぜ就活スケジュールは変更されたのか

安倍総理
「若者については人材育成強化の観点から学業に専念し」
「採用選考活動の開始時期を4年生8月に後ろ倒しすることをお願いしたい」

経団連
安倍総理の要請を受け入れ
就活スケジュールの変更を決定

学生はこの変更をどう受け止めているのか

東京・渋谷
青山学院大学

に通う3年生 小野寺南美さん

彼女が向かったのは学内の進路・就職センターです

相談員
「インターンシップの相談で」
「7・8社受けていると聞いたが結果は?」

小野寺さん
「4社参加させてもらうことになりました」

相談員
「4社ですかすごいですね」

インターンシップ
企業が学生に就業体験を提供するもの

しかし

198社に対するアンケート
インターンの結果を選考に考慮する73%

学生にとってインターンは就活の第一歩なのです

小野寺さん
「就活の本番の時期が短くなる分」
「前段階の準備が大事になってくる」

夏のインターンに参加する学生にとっては
実質就活の長期化となっているのです

*コネやある種の天下り的な事も起こりそう

さらに
小野寺さんはある不安を抱えていました

「(就活が)どういうふうになるのか学業にどれだけ影響するか不安」

学業に専念してほしいというのが政府の狙いでしたが
大学側も学業への影響を懸念しているのです

青山学院大学 懸田豊 就職部長
「多くの大学では(採用期間が)試験期間と重なる」
「今後の検討課題」

不安なのは学生と大学だけではありません

まさにこの企業ではインターンが始まろうとしていました

東京・品川区
エクスウェア

システム開発を行う中小企業社員50人

社長の滝本さん
実は5年ぶりにインターンを再開しました

インターン募集企業数は前年比↑6割(エン・ジャパン調べ)

企業としては採用期間が短くなるため
インターンで企業の魅力をアピール

この企業は
約300万円でインターンを6回実施予定

滝本社長も自らインターンを進行
時には学生に対してアドバイスします

エクスウェア 滝本賀年 社長
「中小企業を学生がいいと思うかは結局 社長をいいと思うか」

中小企業にとって今回の変更は
大きな痛手と考えられています

採用期間が短くなることで
大企業と日程が重なるからです

インターン参加の学生
「大手企業だと親が良いって言う」
「大手の方がいいのかと思う」

エクスウェア 滝本賀年 社長
「選考期間は大手と一緒にやるしかない」
「短い選考期間で大手も中小も受ける人はほとんどいない」

政府の要請を受けて後ろ倒しを決定した経団連
はたして今の状況をどう考えているのでしょうか

経団連 労働政策本部 遠藤和夫 主幹
「今回の後ろ倒しに関しては」
「学生 大学そして企業も不安を抱えていた」
「不安の解消に向けた取り組みが残念ながら現状でも途上である」

不十分な点があったことを認めました

今後スケジュールを見直す方針はあるのでしょうか

「毎年検証を行ない」
「より良い方向に向かって対応していく」
「英断を下していく事もいずれかの時点では」
「必要になってくるのではないか」

そんな中不安を解消するために動き出している企業があります

先週7日
およそ300人の大学3年生が集まりました

学生の前で話すのは居酒屋塚田農場を展開するベンチャー企業

エーピーカンパニー 大久保伸隆 副社長
「就職活動をALL WINにするというのがツカラボの最終ゴール」
「みなさんだけでなく企業も幸せにしたい」

塚田農場キャリアラボ(ツカラボ)
エーピーカンパニーが展開する就活支援プロジェクト

この日初めて学生に対する説明会を開催しました

「就職活動する時期になると学生をアルバイトをやめる」
「就職を支援することでアルバイトの離職が防がれる」

実はここに集まっているのはアルバイトの大学3年生

ツカラボ
学業とアルバイトの両立を支援
さらに中小企業とのマッチングも行う

「内定をゴールにしがちだが大切なのはその先」
「キャリアを見据えることが正しい就活」

先行きが見えない就活の2016年問題
学生と中小企業の厳しい戦いは始まったばかりです

*どうせするなら大企業のインターンとかいっぱいすると面白そう


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。