ワールドビジネスサテライト,9/10,アップル新製品で攻勢:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/10,アップル新製品で攻勢

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/10,アップル新製品で攻勢

アメリカ
カルフォニア州クパチーノ

フリントセンターでアップルの新製品発表会が開催されます

ココではアップルの創業者のスティーブジョブズ氏が
パソコンの初代マッキントッシュを発表

アップルにとって歴史的な場所なのです

アップル ティムクックCEO
「ここフリントセンターに戻ってこられて光栄」
「アップルウォッチは今まで手掛けた中で」
「もっとも個人に適した端末だ」

発表されたのは腕時計型の端末
アップルウォッチ
iPhoneと連携してメッセージのやり取りなどが可能

アップルとして初めてのウエアラブル端末での参入です

右側のダイヤルで
画面の拡大縮小が可能

ナビゲーションや健康管理にも活用できると言います
デザインは3種類で来年初めに

349ドル(約3万7000円)
で発売の予定です

発表化に参加した

kDDI 田中孝司 社長
「アップルウォッチびっくりした」
「日本ではiPhoneを使っている人が多く」
「ユーザーにとってはいい商品」

さらに

クックCEOが発表したのは新型iPhoneでした

アップル ティムクックCEO
「これが新型のiPhone6とiPhone6Plus」
「我々が作った製品の中で最高のモノだと自負している」

iPhone6 4.7インチ 価格199ドル(約2万1100円)
iPhone6Plus 5.5インチ 価格299ドル(約3万1700円)

その使い勝手は
アップルウォッチと共に今回

アップルペイ
電子決済サービスを初採用

日本では通信キャリア3社
iPhone6・6Plus 19日発売(12日〜予約開始)

*どんな感じか瀬戸さんの解説を見てみましょう

同じ日
シリコンバレーではiPhone6の発表で忙しく動き回る人たちがいました

社員10人のベンチャー企業が
手掛けるのはスマホ用ケース

3Dプリンターを使い早くもiPhone6向けの商品を作り始めました

ポップスレート ヤシャールビザーディ社長
「日本からもたくさん注文がきている」
「アップルはデザインや使い勝手などがよく」
「人々の心を掴んでいる」

スマートフォン出荷台数(2014年第2四半期) ICCD JAPAN調べ
アップル43.6%
ソニー18.3%
シャープ14.3%
サムスン10.2%
京セラ6.1%
その他 

日本ではアップル製品は4割以上のシェアを誇り
以前人気が高いですが

世界では

アップルの世界シェア推移
2011年 18.8%
2012年 18.7%
2013年 15.2%

2割ほどあったシェアが
今は15%ほどに下がっています

わずか1日のイベントで
次々と新商品や新サービスを打ち出したアップル

専門家たちの評価は

専門家1
「アップルウォッチは多くの人の興味をひくが」
「いま買う決め手に欠ける」

専門家2
「シェアを取るのは簡単ではないが良いスタートだ」
「アップルには成長が必要で新商品を次々投入しなくてはならない」

アップルの新製品発表に期待を寄せるのが
日本の半導体メーカーです

スマートフォンの出荷台数は年々拡大傾向にあり
去年10億台を突破しましたが

2018年には18億台を超すとの予測も出ています

スマホなどの市場が拡大する中
部品メーカーも増産体制を敷いています

スマホの部品の1つ写真や動画を保存する
半導体メモリーを製造する東芝は

三重・四日石市市
東芝 四日市工場

第5クリーンルーム棟完成
半導体メモリーの最新工場が完成

同時に2016年完成予定の新工場建設開始

さらに追い風も

東芝 田中久雄 社長
「東芝グループ全体で円安はプラスのインパクト」

ライバルの韓国サムスン電子がウォン高で苦しむ中
円安を受けて販売を加速させています

*テレビは韓国を必ずライバルと言いますねw

「今後もグローバルでの競争に勝つには」
「最先端の技術開発と設備投資が必要」
「毎年2000億円規模の設備投資を継続的に行う」

半導体メーカーの旺盛な設備投資の恩恵を受けている企業もあります
半導体の製造装置メーカー

東京・大田区
DISCO

です

ディスコ 吉永晃 営業本部長
「前年に比べて出荷台数が大幅に上回っている」
「GWもお盆休みも返上で工場は増産にあたっている」

去年過去最高益を記録し
今年はそれを上回る見通しだと言います

利益を生み出しているのは世界シェア7割を誇る
コチラの装置です

精密加工装置
装置に取り付けた砥石で
半導体を小さく精密に切断

その特徴は切断部分に0.003mm以内の誤差で
砥石を当てて削る正確さです

ディスコはさらに円安をきっかけに
シェア拡大を狙います

「日本の半導体メーカーにとっては」
「(円安が)国際競争力を上げる要因になっている」
「弊社もその影響で国際競争力が上がっていくことは間違いない」

拡大する情報端末市場

円安で競争力を上がった日本の部品や製造メーカーにも
ビジネスチャンスが広がっています

*一時酷かったもんねぇ


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。