ワールドビジネスサテライト,9/11,黒田総裁を直撃:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/11,黒田総裁を直撃

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/11,黒田総裁を直撃

市場の度肝を抜いた
異次元の金融緩和

大胆に打ち出したのは
日銀第31代総裁 黒田東彦 氏

黒田総裁の言動は文字通りマーケットを動かす
異次元緩和を決めた日は長期金利が史上最低に

成長基盤融資を拡充した日は
日経平均は今年最大の上げ幅だった

先週の円安ドル高容認する発言は
円安が進むきっかけとなった

今夜のWBSでついに初めてのテレビ生出演
黒田総裁は何を語るのか

※インタビューは一部要約して書いています

Q.生で出演する気になったのはなぜでしょう

日銀 黒田 総裁
「直接的に市場の方々といろんな方と」
「コミュニケートするという事はいいことだと思います」

Q.最近は会見も生中継なさっていますね

「そうですはい」

黒田総裁は今日のマーケットを動かしています

黒田総裁と安倍総理の会談を切欠に金融市場では今日
円安と株高の流れが強まりました

円 6年ぶりに107円台

正午すぎ
総理官邸


黒田総裁と安倍総理はおよそ1時間に渡って
経済や物価情勢について幅広く意見交換

会談直後の黒田総裁の発言をきっかけに
円安と株高の流れが加速しました

日銀 黒田 総裁
「躊躇なく追加緩和であろうと何であろうと」
「金融政策の調整を行う用意はある」

黒田総裁
2%の物価目標が達成困難となった場合
→追加緩和に踏み切る考えを強調

この発言を受け市場では円を売ってドルを買う動きが加速し
発言のあと1ドル=107円台まで円安ドル高が進みました

こうした円安を追い風に
株式市場では輸出関連銘柄を中心に買い注文が広がり

日経平均は15909.20円台と節目の1万6000円目前まで
値上がりしました

Q.現在の円安水準はどう見る

「私から為替水準について具体的な申し上げるのは避けたい思いますけど」
「市場では金融政策の違いというモノに注目が集まっているようでして」
「日本は大幅な金融緩和を続けておりますし」
「ECBは最近ディスインフレの傾向にそくして追加緩和を発表したと」
「いう中で米国経済は順調に回復していまして」
「米国のテーパリングももうすぐ終わろうかとぐらいになっていますし」
「今後の米国の金融緩和に注目が集まっていると」
「金融政策の違いにマーケットの注目が集まっているのかなぁと思います」

Q.会見後の円安の流れは想定していた

「金融政策だけを取るとある程度予想ができるんでしょうけど」
「実際の為替レートの動きはいろんな状況で変わりますので」
「何か予想してしゃべったという事はありません」

Q.円安がこれ以上進むと日本経済に打撃もという指摘も出ていますがこの点については

「円安でも円高でも経済の実態とそくしていれば好ましいし」
「経済の実態と反する方に動くと困るという事だと思います」
「今の実態を見ると米国経済は順調に成長を加速していますし」
「一方で日本経済は回復はしていますけど」
「米国と違ってまだ大幅な金融緩和は続くという状況」
「そういう元でどういった為替レートが市場で成立するか」
「見ていかないと」
「今の円安が日本経済にマイナスになるという事はないと思います」

Q.実態にそくしていると

「はい はい はい」
「ただ為替レートは円安になればなるだけいいとか」
「円高になればなるだけいいというのではなく」
「あくまでも経済のファンダメンタルズに合わせて」
「相対的な話ですけど動いていくのが好ましい」

4-6月期 実質GDP成長率
-7.1%(前期比 年率)
リーマンショック直後以来の落ち込み

Q.この数字をどうご覧になりますか

「その前の2-3月期の実質GDP成長率が駆け込みで6%」
「という高い成長をしたんですね」
「その反動で4-6月期に大きくマイナスになっている」
「駆け込みとその反動というのは消費税のような間接税の増税がある時に」
「ある程度想定しうることだと思います」

「今後の見通しが重要だと思いますので」
「7-9月期がどうなっていくのか」
「あるいは日本経済が成長の経路をたどっていくか」
「という事が一番重要だと思っています」

日銀の成長率見通し(2014年実質)
2013年 10月 1.5%
2014年 1月 1.4%
       4月1.1%
       7月1.0%
      10月

と前回よりも見通しを下方修正してきたんですよね

Q.見通しは今より下がってしまうのか

「この点は先ほど申し上げたように」
「4-6月に反動減が相当あって反動減の回復が」
「自動車など耐久消費財でやや遅れ気味ではある」
「それに加えて7-8月と天候不順が続いたこともあって」
「やや弱めの指標が出ていることは事実ですが」
「2つしっかりした指標がありまして」
「1つは雇用所得情勢が引き続き改善している」
「これは消費を下支えする力たあると思います」
「2番目には企業の収益状況もずっと改善が続いていると」
「いう事で企業の設備投資計画もしっかりしていると」

「反動減の影響も今後薄らいでいくと思いますし」
「7-9月はおそらくプラス成長に戻ると思っています」

Q.という事は1.0%を割る事はない

「そこは次の見通しを出すのは10月末ですので」
「それまでにいろいろデータが出てくると思います」
「それらを踏まえて製作委員がそれぞれ自分の考えを述べていくと」

Q.ただ回復はしてくるだろうと考えてはいらっしゃる

「はい はい」

9月4日
日銀本店

黒田総裁
「消費税増税を行った場合のリスクには対応できるが」
「行わなかった場合のリスクが顕現化した場合には」
「日銀として対応のしようがない」

消費税を増税しない場合のリスクには対応のしようがない
と語り政府に増税の実行を迫ったのだ

安倍総理のブレーンはこの発言に苦言を呈す

内閣官房参与 本田悦朗 静岡県立大教授
「総裁の気持ちは分かるが日銀が何をすべきか」
「政府が何をすべきか区別からその範囲を超えている」

本田氏は消費税引き上げの1年半先送りを訴える慎重派

増税を促す総裁の発言を踏み込みすぎとする一方で
自身は日銀の金融緩和の必要性に触れた

「実体経済やインフレ率を見ると」
「一層の金融緩和を必要とする状況が近づいてきている」

金融緩和
世の中のお金の量を増やし
景気浮揚や物価上昇を促す政策

閣僚の間でもさらなる緩和を期待する声がある

甘利 経済再生担当大臣
「政府(の増税判断)と呼応して」
「日銀はしっかりした対処をとってもらえると思う」

麻生 財務大臣
「もしもの時にできるように(日銀は)準備しておかなければならない」
「その時に慌てないようにしないと」

Q.増税しない場合のリスクとは

日銀 黒田 総裁
「会見の時に聞かれたのでお答えしましたけど」
「増税して予想よりも景気が落ち込んだとかであれば対応は可能」
「仮に財政再建にマーケットから疑念を持たれてしまうと」
「国債価格が大きく下がったりしてしまうとなると対応は難しくなる」

政府・日銀共同声明
日銀 2%の物価上昇を早期に実現
政府 財政健全化や成長戦略を進める

Q.政府は財政再建に向けて取り組んでいる

「この点は中期財政計画を出されている」
「2015年度までに基礎的財政赤字を半減させると」
『2020年度までに基礎的財政赤字をすべてなくすと」
「という目的を立てられてこれまでのところ順調に来ていますし」
「財政面で景気刺激しつつ中長期的には財政再建を進めていくと」
「政府の方針というのはこれまでのところしっかり守られてきていると思います」

Q.視聴者からの質問で来年度予算の概算要求が100兆円を超えたけど大丈夫かと来ました

「これはまさに政府の財政運営ですので」
「私からコメントする事はありませんですけど」
「あくまで概算要求の段階ですので当然年末にかけて政府は」
「中長期的な財政再建の方向と足元の景気を支えるような方向」
「両立するような予算にして行かれるんだと思います」

現在の金融緩和
世の中に出回るお金を138兆円→270兆円
長期国債 年間50兆円
株式 連動の金融商品 年間1兆円
不動産連動の金融商品 年間300億円

Q.これだけいろいろやっているとこれ以上の策はある

「追加的な措置の限界があるとか」
「もうやれる事はないとか」
「そういう事はないと思います」
「いろいろな可能性はあると思いますけど」
「ここで具体的に申し上げませんけど」
「問題は2%の物価安定目標に向けて順調に進んでいるかどうか」
「進まないという事になれば当然私どもは追加緩和を含めて」
「その時点で適切な調整をするという事になると思います」

追加緩和
景気回復を加速さるためさらなる金融緩和を行う事

*はじけないバブルか?
異次元緩和の先にあるとてつもない日本
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索

異次元緩和の先にあるとてつもない日本


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。