ワールドビジネスサテライト,9/12,iPS世界初の移植手術:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/12,iPS世界初の移植手術

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/12,iPS世界初の移植手術

iPS細胞を用いた臨床研究を進めている
理化学研究所などの研究チーム

今日神戸市内の病院で世界で初めてiPS細胞を使った
網膜細胞の移植手術を行われました

理化学研究所 網膜再生医療研究開発プロジェクト 高橋政代 プロジェクトリーダー
「これは臨床研究の第一次大きな一歩と思いたいが」
「今後も治療にするためにはどんどん進まないといけない」

iPS細胞
2007年 山中伸弥 教授らにより開発
ヒトの組織から様々な細胞に成長

移植を受けたのは70代女性
滲出型加齢黄斑変性という重い目の病気を患っています

深作眼科 深作秀春 理事長
「最終的に失明に至る病気」
「先進国で失明の第一原因」

見たモノを感じ取り
視覚情報に変える役割を持つ網膜

今回の病気はその網膜に栄養を送る
色素上皮に異常な血管が生える事で視力が急激に低下してしまうのです

滲出型加齢黄斑変性
高齢化と共に患者数が急増
→日本に推計70万人の患者

今年この病気にかかった66歳の女性

初期症状段階で別の治療をしているため
改善に向かっているものの完治は難しいと言います

患者(66)
「障子がゆだんで見えた運転していても標識が見えない」

今回の手術では異常な血管と傷んだ色素上皮を取り除き
そこにiPS細胞で作ったシートを患者に移植するというモノです

このiPS細胞は患者の腕の細胞から作られています

今回移植受けた患者は視力の維持に必要な
細胞の多くが死んでしまっているためわずかな視力の回復しか期待できない

という事です

ただ

今日の手術は
移植が完全に行えるかどうかどうかを確認する事が第一の目的です

世界初となるiPS細胞を使った移植実験
生みの親である中山教授は

京都大学 山中伸弥 教授
「iPS細胞ができて7年という短い期間で」
「臨床研究という非常に大きな第一歩を踏み出した」
「これからが本番 移植した細胞の安全性を長期にわたって」
「慎重に経緯を見届ける必要がある」

*iPS細胞って何なのという人は


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。