ワールドビジネスサテライト,9/12,特集,車いすから「未来のクルマ」:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/12,特集,車いすから「未来のクルマ」

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/12,特集,車いすから「未来のクルマ」

茨城・つくば市

先週末
見慣れない乗り物で移動する一団が

これは電動の1人用乗り物
セグウェイで街をめぐる

セグウェイシティーツアーinつくば

つくば市
モビリティ実験特区
→パーソナルモビリティで公道を走行できる

ツアー参加者
「普通に使えるようになるとありがたい」
「普段の買い物とか」

パーソナルモビリティ
1~2人乗りの電動式の乗り物

つくばでは
トヨタ 日立なども研究開発

調査会社によると高齢化などを背景に

パーソナルモビリティの販売台数
現在5万台→2030年 280万台

爆発的に普及すると見られている
まさに未来のクルマだ

ただ
全国の公道では走らせるには省庁を越えた法整備が必要
→普及の障壁に

このパーソナルモビリティを大手に先駆け
実用化にこぎ着けたのがベンチャー企業WHILL

WHILL モデルA
量産モデル 日米同時発売
価格 95万円(非課税)

と発表した

WHILL 杉江理 CEO(32)
「世界各国 歩道を走る事が可能」
「そういう設計になっている」

WHILL モデルA
電動車いすとして公道を走る事が可能

WHILL 杉江理CEO
「今まで変わっていない」
「車いすの業界イメージがある」
「そのイメージを払しょくするスタイリッシュな製品を届けて」
「外に出る車いすの人たちを増やしたい」

WHILLはユニークなデザインだけでなく
機能面にもこだわっている

方向転換を行う際にタイヤを見ると床の上をすべるように移動している

オムニホイールというタイヤで24個の小さいタイヤから構成

スローモーションで見ると
地面に接した面の小タイヤが次々に回転して横やななめ移動を行っているのが分かる

独自開発したモノだ

さらに
四輪駆動で動くために10センチ弱の段差や坂道も走行可能

日本の公道では最高時速6キロまで出すことが可能だ

東京・日野市
の工場
エンジニアたちがWHILLの量産モデルの組み立てを始めていた
1台ずつ手作業で作っていく

WHILL
メンバーの多くは30歳前後
日産 ソニー オリンパスなど大手出身の技術者

若者に雑じり組み立て作業をする
高齢の男性がいた

オムニホイールを開発した

トヨタ自動車退職者 坂東一夫さん(67)
「パーソナルモビリティをつくりたいと20代からずっと思っていた」

小さなタイヤを組み合わせた前輪というアイデアは
トヨタの時に実用化した

トヨタ自動車
パトラフォー(電動車いす)

しかし
定年後も独自に改良を続け
WHILLの現在の形に行き着いた

「少しやり残していた感じがあったので」
「改良を続けた」
「車輪の数を買えたり直径を変えたり」
「振動の一番少ないのがこの車輪の数」

WHILLのもう1つの大きな特徴がソフトウェアだ

WHILL 福岡宗明 CTO(31)
「このようなiOSのアプリを使ってWHILLをつなぐことで」
「様々な機能を使えるようになる」

スマホで遠隔操作が可能

ソフトウェアを更新で
販売後も性能が向上可能に

「ソフトウェアは1年半年もっと早く」
「どんどん改善されていく」
「そういう楽しみを実感してほしい」

9月10日
栃木・宇都宮市

自動車の荷台から慎重にWHILLが降ろされていた
実はこの日世界で初めて個人ユーザーの元にWHILLが届けられた

第一号を予約したのは
地元で不動産業を営む大塚さん

5年前に脊髄を損傷し車いすを利用している

さっそくWHILLで外を走ってみる事に

大塚順平さん
「これはスゴイ風を感じられる」
「車いすで風を感じる事はなかなかない」

事務所近くの川沿いの道
これまでの車椅子では通る事ができなかったこの道も
難なく通る事ができた

「WHILLはかっこいい」
「乗ってみたいと思うモビリティ」
「本当に世界初で」
「障害者や高齢者が外に出やすくなる」
「希望の第一歩になる」

パーソナルモビリティは商業施設でも導入が進みつつある

9月8日
日本橋三越本店

閉店後スタッフがWHILLを囲んで集まっていた

日本橋三越本店 営業運営担当 渋谷光朗 部長
「いよいよ高齢化社会が到来」
「高齢者もハンデキャップのある方も」
「百貨店でお買い物を楽しんでいただく」

この日行われたのは
WHILLを三越店内で利用するための実証実験

売り場の狭い通路など通れるかチェックしていく

思わぬところに落とし穴も
エレベーターに乗り方向転換しようとすると

溝にタイヤがはまってしまった

日本橋三越本店
実験で出てきた課題をクリアし
WHILLを導入する意向

他にも
2種類のパーソナルモビリティの導入を検討していて
同様の実験をしていく考えだ

イギリスでは
400以上の商業施設がパーソナルモビリティ導入

施設や敷地の中を手軽に体力を使わず移動できる事から
客の滞留時間んが3倍に伸びたという調査もある(イギリス)

「新サービスとしてハンデキャップがある人だけでなく」
「1つの買い物の手段としてパーソナルモビリティはありうる」

アメリカ・サンフランシスコ

ココでもWHILLが街の中を走り始めていた

巨大市場をにらみWHILLは
拠点をココに構えた

WHILL販売目標(世界)
2014年度 250台
2015年度 2000台

世界に次世代モビリティを発信していくという

WHILL 杉江理CEO
「いま電動車いすの社会と言われるが」
「電動車いすを越えてパーソナルモビリティをつくっている意識でいる」
「3年後には電動車いすをつくっている会社と言われない会社になっていたい」

若き技術者たちの次世代モビリティへの挑戦
日本発のベンチャーが未来のクルマを作るかもしれない

*そのうち合体変形するようになったりしてw
「考えるクルマ」が世界を変える
アーバン・モビリティの革命
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
「考えるクルマ」が世界を変える―アーバン・モビリティの革命



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。