ワールドビジネスサテライト,10/1,特集,物流を変える!"郵便ポスト改革":ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/1,特集,物流を変える!"郵便ポスト改革"

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/1,特集,物流を変える!"郵便ポスト改革"

今日

アマゾンと日本郵便が
再配達を減らす新たな取り組みを発表しました

アマゾンジャパン ジャスパーチャン社長
「大切なのは確実に商品を届ける」
「サービスを確立することです」

メール便
標準的な郵便ポストに入らず再配達の増加の要因に

そこで
メーカーと提携し新しい郵便ポストを開発しました

それを導入する住宅では
アマゾンの特別会員の年会費を期間限定で割引ます

顔をそろえたのは
アマゾンジャパンと日本郵便の社長

そして
その中心にはナスタという聞き慣れない郵便受けメーカーの社長が

ナスタ 笹川順平 社長
「モノをいくら早く運んでも」
「エントランスではじかれる現状がある」
「全国に速やかにインフラを整えていきたい」

知られざる中小企業の取り組みが
物流インフラを大きく変えようとしています

東京・中央区
ナスタ

を訪ねました

1930年創業
郵便受け 国内トップシェア40%

しかし
業界標準の規格が長く続き誰もポストを変えようという意識を持ちませんでした

「ポストのシェアが40%から50%近くまで来ている事が」
「強みだと思っていなかった」
「値段が落ちて利益が出せない」
「頭が痛いというのが本音だった」

笹川社長は
会社の経営改善のために役員から招かれて

08年 商社勤務を経てナスタ入社
13年 社長に就任

そんな矢先アマゾンから1通のメールがきました

「(アマゾンから)非常に困っている」
「あなたの力が必要だと」

そこで調べてみると
標準の郵便受けの大きさは横33センチ縦最大3センチ

しかし
書籍などを送るアマゾンのメール便は
縦3.5センチだったのです

わずか5ミリの違いで
本1冊が再配達となっていました

一方
郵便局のレターパックは
横34センチで入りません

縦にすれば入りますが盗難の危険性があります

「(ポストの受け口は)大体3センチまで」
「日本郵便も含めてそれが常識だった」
「実はオンラインで買うと3.5センチの箱で」
「入ってきていることを業界は知らなかった」

ネットで書籍を購入する人は年々増えていて
メール便は急増しています

しかし

ナスタの郵便受け
65%はメール便が入らない

東京・世田谷区
世田谷郵便局

を訪ねると
アマゾンが売りにする即日配達のメール便が
この棚で止まっていました

郵便局も再配達コストの増大が悩みの種

世田谷郵便局 細島幹夫 局長
「アマゾンの郵便は数が多いので」
「専用の棚を設けてこちらと向うに保管しています」

そこで
ナスタは1年半前にポスト改革プロジェクトチームを立ち上げました

一見単純な箱に見えますが
外側の寸法は変えずに入りやすくするにはミリ単位の調整が必要です

集合住宅用
1戸当たり1万1000円(税別・予定)

箱の寸法は変えず受け口だけ広くしました
さらに盗難防止の工夫も

自動販売機に取り出し口をヒントに
手を入れても荷物はとりだせないよう仕切り戸をつけたのです

一戸建て住宅用
4万9500円(税別)

縦に入れる事で大型郵便物もスムースに入ります

埼玉・行田市
ナスタ行田工場

実は郵便受けトップシェアを誇る工場ながら
時代の変化に対応できていない実情がありました

売り上げも右肩下がり
笹川社長は社員に意識改革を迫りました

笹川社長は2015年度売上100億円の目標を掲げました
今回のプロジェクトはまたとないチャンス

すると若手を中心に
自主的に改善策が挙がるようになったのです

9月25日
笹川社長は住宅メーカーを訪ねました

大和リビング
賃貸マンションの管理業務を行う

新たに開発したポストを社長に提案します

ナスタ 笹川順平 社長
「なんとか箱の寸法は変えずにできました」

大和リビング 明石昌 社長
「入居者も喜ぶね」
「積極的にチェンジしていきたい」

大和リビング
来春竣工の約500戸の賃貸マンションに導入が決定

ところが雑談をしていたところ何かに気づきました

「これもうちょっと薄くして下に落ちないの」
「そうすれば2段入るでしょ」

ナスタ 笹川順平 社長
「まだ間に合うと思う」
「ちょっとやってみます」

金具をずらせばメール便が2つ入ると言うのです

すぐ車内に戻って検討会議を開きました
新製品発表直前の設計変更

しかし
ユーザー視点を重視する姿勢が社内にも芽生えていました

「自分たちの強みをもう1回」
「経営者が明確にして引き立てて」
「価値を客に提供するようなコミュニケーションを図っていけば」
「私はまだまだ国内の工場は生かせると思います」

小さな会社の意識改革が
物流を変え私たちの暮らしを大きく変えるかもしれません

*アマゾン側のメール便の箱が大きすぎると言う説もw



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。