ワールドビジネスサテライト,10/7,和食「給食」で反転攻勢:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/7,和食「給食」で反転攻勢

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/7,和食「給食」で反転攻勢

今日開かれたのは

和食給食応援団というプロジェクトの発足式

ミシュラン星付き和食料理店の和食料理人が
給食の献立を開発したり

食育の講座などを開きます

京料理たか木 高木一雄さん
「子どもたちに”和食はこんなにおいしいんだ””だしはこんなにおいしいんだ”と」
「誇れる日本文化があるということをしってもらいたい」

大手食品メーカーや農水省と官民一体となって
給食を通じ和食を広める試みです

にんべん 高津克幸 社長
「海外では和食店が増えているが国内を見ると」
「残念ながら米を食べる人も減っているし」
「和食を作る機会も減っている厳しい状況」

同時に行われた

調理講習会
約100人の栄養士が参加

日本料理 賛否両論 笠原将弘さん
「自分の国の料理を海外の人に説明できないのは」
「日本人くらいだと思う」

有名和食料理人が主菜副菜しるモノのメニューをつくり
栄養士たちに振舞いました

鮭の竜田揚げ
煮大豆と小松菜あんかけ

参加した栄養士たちに子供の食事情について聞くと

墨田区の栄養士
「好き嫌いが多くてフライドポテトなどを」
「家庭でお母さん方が食べさせてしまうので」

練馬区の栄養士
「カレーとか揚げ物とかが人気になってくる」

家庭での手料理が減った一方で
中食や外食が増え食品メーカーは危機感を持っています

にんべん 高津克幸 社長
「今後の日本全体の食を考えたとき」
「小さいころから日本の本当の味」
「だしの味を知ってもらうのは」
「ビジネスチャンスというよりもこの国自体に大切」

東京・新宿区
落合台に小学校

今年2月
和食給食応援団が試験的に給食をふるまう

この日の献立も
塩肉じゃがおかずとした和食メニュー

2月の和食給食が好評だったことを受け
和食を出す頻度を週3回ほどに増やしました

落合第二小学校 中戸知世子 栄養士
「独自のメニューを作っている」
「味のバランスを考えたメニューで食べ残しがなくなった」

実は学校が独自の和食メニューに取り組めるようになった背景には
供給体制の変化があります

「油などは学校給食のモノを使っていた」
「近くの乾物屋がすぐ対応してくれるので今は使っていない」

主食のパンと米をはじめとする給食の食材は
戦後の食糧難の時期に全国で作られた学校給食会が独占的に供給してきました

しかし
ここ数年食育など機運の高まりもあって
学校が独自に様々な業者から食材を仕入れる

給食市場が開かれる事によって
企業も販路を拡大しやすくなると期待します

和食給食応援団にも参加する

兵庫・加東市
小倉屋柳本社交場

煮豆業界2位

これまでに
昆布と炊き合わせた大豆など学校給食用に提供

しかし

小倉屋柳本 柳本勇治 副社長
「大豆の献立が出ると子供が大豆だけよけて食べない」

豆を使った献立
子どもたちに人気が低く残飯が出やすい

そこで
最近給食ように導入を進めているのが蒸し大豆です

小倉屋柳本 社工場 小林隆之 工場長
「蒸し大豆は豆に水が染み込んだ状態で蒸す」
「豆のおいしさを残すには蒸すことに効果がある」

これまで大豆は水からゆでる水煮大豆が一般的でした

しかし

小倉屋柳本
独自技術で風味などを保つ
大豆製品を開発

また
蒸すとゆでた時より栄養を残せると言います

小倉屋柳本はこの蒸し大豆を使って
自由化が進む学校給食の市場を開拓していく狙いです

小倉屋柳本 柳本勇治 副社長
「蒸し大豆は大豆の価値を損なわない製品」
「大豆マーケットの成長につながる」

和食に欠かせないコメで
給食市場を狙う動きも

東京・中央区
アルファー食品東京支社

非常食を取り扱うこちらの会社は
水で戻せばそのまま食べられるアルファ米が主力商品です

価格は通常のコメの2倍と割高ですが

アルファー食品 営業本部 真野登志夫さん
「労務費を考えると時間を短縮できるのでメリットがある」
「いま年間で6億円ぐらいの売り上げ」
「5年以内には15億円にしたい」

玄米や赤飯は長時間水に浸すなど
調理に手間がかかり給食ではなかなか出せない

そのため簡単に調理できる
アルファ化米に売り上げを伸ばすカギがあると言います

「(給食の)自由化について」
「安心・安全をきちんとすれば」
「ビジネスチャンスが広がる」

開かれた学校給食
和食が新たな市場を開きます

*足立区の給食はスゴイらしい
日本一おいしい給食を目指している 東京・足立区の給食室
毎日食べたい12栄養素バランスごはん
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
日本一おいしい給食を目指している 東京・足立区の給食室 毎日食べたい12栄養素バランスごはん


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。