ワールドビジネスサテライト,10/23,特集,値下がり続くコメ ブランド化に"光明":ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/23,特集,値下がり続くコメ ブランド化に"光明"

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/23,特集,値下がり続くコメ ブランド化に"光明"

山梨・南アルプス市
にある精米工場

精米のシーズンを迎え
作業が佳境を迎えていました

その一画では

cocome 鎌田浩規 事業統括部長
「cocomeを包装する工程」

次々と流れていく米
最大の特徴は

「使い切り2合なので精米したてのコメを味わえる」

cocome
208~228円(税別)

銘柄は全部で10種類
11月中に2種類追加

パッケージにはそれぞれの特徴が書かれています

例えば

北海道産の空知ゆめぴりか
やわらかくもっちりして甘いのが特徴です

山形鳥海山麓 つや姫
際立った白さが特徴で老舗料亭でも使われています

この工場では2年前倉庫を改造して
cocome専用のラインを整備

今出荷量が急増しています

「(初年度は)月5トンの出荷だったが」
「今は6倍の月30トン」
「さらに増加の見込み」

cocomeを扱う都内のスーパー

東京・北区
マルエツプチ馬込中里一丁目店

「かわいらしいと感じた」
「たくさんの銘柄があり手軽に買える」

その店に1人の女性がやって来ました

三菱商事 食品流通部 五十嵐みゆきマネージャー
「cocomeの売れ行きはどうですか」

マルエツ商品本部 吉田友弘さん
「順調に伸長している」

実はcocomeを開発した担当者
狙いはコメ売り場の活性化だと言います

三菱商事 食品流通部 五十嵐みゆきマネージャー
「カレーだからつや姫を買おうとか」
「和食だからゆめぴりかにしようとか」
「コメの違いを楽しめる新しい食のスタイルを提案したい」

実際にこのスーパーでは
客の潜在ニーズを掘り起こせたと言います

マルエツ商品本部 吉田友弘さん
「品種・銘柄や鮮度が重視される」
「新商品が新しくユーザーを掘り起し」
「活性化に繋がっている」

一方
百貨店のコメ売り場

東京・中央区
三越銀座店

高級米が並ぶ一角に漢数字が書かれたコメが並んでいます
八十五に九十三いったい何の数字でしょうか

あっぷふぁーむソリューションズ 橋隆造CEO
「数字は日本で一番大きいコメのコンクールで使う食味値」

食味値
タンパク質・アミロースなど4成分を分析
→コメのおいしさを数値化

日本一のコメを決める
米・食味値分析艦艇コンクール国際大会の審査基準の1つ

去年はおよそ4000件もの出品がありました

「生産者が食味値を上げるため頑張っている」
「それをいかに客に分かりやすく見せるか」
「チャレンジしているブランド」

ブランド名は
米風土(まいふうど)

高い評価のコメだけを選びました

価格は点数によって変わり
2kg 1650円~(税別)

5年連続入賞などの条件を満たした

ダイヤモンド褒賞のコメ
最高3500円(税別)

企画したのは農業ベンチャーの

東京・渋谷区
あっぷふぁーむソリューションズ

です

コンクールを主催する協会から許可を得て
あっぷふぁーむが生産者からコメを買い取り小売店に販売するビジネスモデルです

橋さんお勧めの85点を試食させてもらいました

安藤淳キャスター
「甘さや香りが強い印象」

あっぷふぁーむソリューションズ 橋隆造CEO
「おかずと戦うくらい主張してくる」
「一度は食べてほしい」

16日
岐阜・高山市

橋さんが
そのいのちのいちの生産者を訪ねました

「この前の台風は」

まんま農場 小林達樹 社長
「意外と影響なかった」
「風は怖い場所なんですが」

天候不順が続いた今年
新米の出来が心配でしたがしっかり実っていました

「去年と比べると本当に出来はいい」

Q.今年のコンクールは
「出品はする」
「予選通過するのが至難の業」

およそ40ヘクタールで米を作る小林さん
米風土の仕組みにはやりがいを感じると言います

「できたコメの付加価値を認めてもらい」
「頑張った分だけ見返りがあるコメ作りができる」
「農家としては熱いモノを感じる」

農家の支援にもつながるビジネスモデル
実は高橋さん自身の農業経験から生まれました

橋さん
2003年~ アクセサリー店を経営

体調を崩し事業の継続を断念しました

療養を兼ね
2009年 鳥取県で新規就農

あっぷふぁーむソリューションズ 橋隆造CEO
「最初のころに言われたのが」
「”農業はえぬが利益”」
「時給計算したらマイナス280円」

そんな時に知ったのがコメの食味値の存在でした

「食味値は1つの可能性になる」
「この言葉にすがって日本の農業を盛り上げていけたら面白い」

販路拡大に力を入れる高橋さん
訪れたのは

東京・新宿区
小田急百貨店です

すでに納入は決まっていましたが
改めてセールスポイントを説明

すると

小田急百貨店 食品部 軽部利昭 統括マネージャー
「リビングフロアのメーン通路沿いで」
「和食器と米を並べて客に訴求したい」

店側から食品フロア以外でも展開したいと逆提案されました

「バリエーションがあると客のリピートに繋がりやすい」

橋さんまた一歩前進しました

あっぷふぁーむソリューションズ 橋隆造CEO
「我々の思いを受け止めてくれた」
「生産者の希望になるプラットホームの成長を目指したい」

米の新たなブランド作りが
農業の苦境を救う光となるかもしれません

*白い飯をさらにうまくする


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。