ワールドビジネスサテライト,10/29,特集,「BRT」は地方を救うか!?:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/29,特集,「BRT」は地方を救うか!?

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/29,特集,「BRT」は地方を救うか!?

茨城・日立市
大甕駅

駅前のロータリーに1台のバスが停まりました
見た目は普通の路線バスと同じですが

車体には”ひたちBRT”の文字

BRT
Bus Rapid Transit=バス高速輸送システム

この

ひたちBRT
2013年3月開業

JR常磐線 大甕駅と郊外の道の駅”日立おさかなセンター”
およそ3.2kmを結びます

路線バスとはいったい何が違うのでしょうか

区間の途中に
一般車両が入れない道路がありました

日立市 都市建設部 石川昭 次長
「ここまで1.3キロがBRT専用道路」
「電鉄の跡地を利用してバス専用にした」
「路面下の電磁コイルとバスのICタグが通信して開く」

BRT専用道路
交差点や信号がなく時速20キロで走行

この道路
2005年まで日立電鉄の軌道
電車が走っていました

しかし
赤字と施設の老朽化で9年前に廃線に

その後

日立市が軌道部分を譲り受ける
→路線をBRTとして復活させる

開業からおよそ1年半
滑り出しは順調だと言います

「(1日の利用者を)470人と想定していたが」
「10%多い約500人に利用されている」
「鉄道のような定時性が専用道路で確保できた」

日立市を南北に縦断する

国道6号線
朝夕ラッシュ時に渋滞

バスが10分15分遅れる事も珍しくありませんでした

しかし
専用道路を使う事で鉄道に近い定時性を確保でき
利用者の利便性が高まったのです

整備コスト(1キロあたり)
BRT 5億円
路面電車など数十億円

現在

ひたちBRT
2020年度を目標に
JR日立駅まで延伸・接続予定

「BRTは拠点間をつなぐ非常に重要な要素」
「街づくりとBRTが一緒になって地域のためにうまく活用できれば」

日立市で成功を見せたBRTは広がりを見せています

新潟・中央区

1日およそ2000便のバスが発着する

新潟市 都市政策部 池田博俊 部長
「新潟駅はBRT路線の始終点」
「雨の日や冬はもっと人があふれる」
「BRTで2〜3分おきにピストン輸送する」

新潟市
2015年夏の開業を目指す
連接バスを導入予定

BRT導入の理由それは
マイカー利用率の高さです

新潟市民の7割がマイカーを利用
バス利用者が20年で1/3に減少

それに伴い
10年間でバスの便数20%減少

そこで
BRTを導入して重複する路線を廃止し効率化

また
高速化と共に朝夕の渋滞を解消する狙いです

しかし市民からは

新潟市民1
「乗り継ぎが変わるらしいので利便性に不安がある」

新潟市民2
「(バス以外の)普通の車が混雑するのでは」

計画ではこれまで新潟駅直行だった路線の一部で
乗り換えが必要になります

また
一般道を利用するのでかえって渋滞になると懸念する声も

それでも
担当者はBRTの必要性を訴えます

新潟市 都市政策部 池田博俊 部長
「みなさんがお年寄りになって車が運転できなくなった時に」
「バスが走っていないどこにも行けない」
「そんな社会にしてはいけない」
「公共交通で街中を移動できるようにする」

現在BRTは全国16か所で運行していて
さらに4ヵ所で計画中です

今後BRTは新たな交通インフラとして広がるのでしょうか

東京大学 大学院工学系研究科 家田仁 教授
「鉄道に比べるとBRTはアイデンティティーが欠けている」

BRTは鉄道に代わる交通インフラとして認知されていないと指摘
さらにBRTが定着するには自前の車両やシステム開発が重要だと言います

「日本のバス製造は世界で一流ではない」
「国民が目を向けることで供給側のマーケットが広がる余地はある」

日本のメーカーがBRTで後れを取る中
海外のメーカーは日本で攻勢を強めています

一昨日ドイツから到着した1人の外国人
BRT車両を製造するダイムラーの担当者です

やって来たのは

神奈川・厚木市
神奈川中央交通

ココではメルセデスベンツの連接バスを4台導入しています

さっそく常務員に聞き取りを開始しました

ダイムラーバス開発本部 グスタフトゥッシェン本部長
「乗っていて感じる事はありますか」

常務員
「フラットで乗り心地も良くて中も広い」
「客もゆったりと乗せる事ができる」

今回来日したのは自社製品についての聞き取り調査の他
BRTに関心をもつ自治体とバス事業社30団体を集め売り込みをかける事が目的です

ダイムラーバス
世界33ヵ国でBRT車両を販売
→4万台が運行

日本向けには車両と信号機の制御システムなど
BRTの運航システムをパッケージで輸出したい考えです

ダイムラーバス開発本部 グスタフトゥッシェン本部長
「資金調達面のサポートや経営のコンサルティングが可能」
「交通計画を一緒に作成するなど包括的なサービスを提供できる」

かくして動き始めたBRTの取り組み
今後疲弊した地方の公共交通を救うかもしれません

*東京でも計画があるようです


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。