ワールドビジネスサテライト,11/10,3年ぶり日中首脳会談・・・関係改善は?:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,11/10,3年ぶり日中首脳会談・・・関係改善は?

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,11/10,3年ぶり日中首脳会談・・・関係改善は?

安倍総理は今回の会談を
関係改善の第一歩と位置付けました

安倍総理
「アジアの国々だけではなく多くの国々が」
「日中両国の首脳間対話を期待していた」
「関係を改善させていく第一歩となった」

安倍総理は初めてとなる
習主席との会談は約25分間

冒頭安倍総理は握手をもとめ習主席は応じましたが
カメラの前では両者とも硬い表情は崩しませんでした

会談で

安倍総理
国民間の相互理解の推進 経済関係のさらなる深化
東シナ海における協力 東アジア安全保障環境の安定

4つの項目を挙げ
両国の協力が重要との考えを示しました

その上で
個別の問題もあるが全般的関係を損なうことは避けるべき

と日中関係の改善を求めました

また
日本が世界の平和と安定に貢献していく
積極的平和主義を強調

習主席
”引き続き平和国家の道を歩んでほしい”と応じました

安倍総理の靖国参拝や
尖閣諸島の領有権は直接触れず

でしたが

習主席
歴史認識=”13億人の国民感情の問題”との考えを示しました

会談はどうしてこのタイミングだったのか

安倍総理は常に対話のドアはオープンとしながらも
今回中国がホスト国を勤めるAPEC会議の

この機会を目指して折衝を続けてきました

中国側からも国際社会から注目される会議で
ホスト役として会わないわけにも行かない事情もあり

国内に対する理由づけにしても
この機会をうまく使うことで体裁を保った形です

3年にわたり冷え切った関係を続けてきた両国ですが

問題は横に置きつつ両国に利益になることを追求する
戦略的互恵関係の再構築で一致した事で世界第2位第3位の経済大国として

世界経済にいい影響を作り出せるか今後の対話継続にその真価が問われます




Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。