ワールドビジネスサテライト,11/27,日本発"未来の街"の可能性:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,11/27,日本発"未来の街"の可能性

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,11/27,日本発"未来の街"の可能性

神奈川県・藤沢市
でパナソニックがきょうお披露目したのは

スマートシティと呼ばれる再生エネルギーを利用し環境に配慮した
次世代型の街です

実証実験を経ていよいよ住民が住む段階になりました

パナソニック ビジネスソリューション 井戸正弘 本部長
「3世代100年にわたって生き続ける街づくり」
「持続可能な街づくりをパナソニックが主導していく」

発表会には多くの海外メディアも来場
関心の高さが窺えます

神奈川県 黒岩 知事
「これこそがわが神奈川モデルなんだ」
「これこそが日本モデルなんだと」
「世界に発信できるモデルを私たちも一緒に作っていきたい」

Fujisaawaサスティナブルスマートタウン
広さ 約6万坪 東京ドーム4個分
2018年までに1000戸

町野外周には太陽光パネルがズラリ
その数414枚です

パナソニック 竹村英樹さん
「こちら平常時は売電している」
「非常時は地域の人に電源を開放して」
「何かあった時には携帯電話やノートパソコンの」
「充電などに使えるようになっている」

さらに警備面も重視し街の中には
47台もの防犯カメラを設置

夜になると人の動きに応じてカメラの角度を変えるなど
最新鋭の防犯体制をとっています

該当にも太陽光パネル月のモノを採用
電気が途絶えても暗闇を照らし続ける事ができます

Fujisaawa SSTマネジメント 亀田隆マネージャー
「3.11の教訓を生かして街全体が暗くならないように」
「約3日間照射できるようになっている」

各家の屋根に設置されている太陽光パネルが
このスマートシティの最大の特徴

そのうちの一軒を訪ねてみました

案内されたのはテレビの前
テレビで太陽光パネルの発電量を確認可能

亀井奈緒子さん
「いま雨が降っているので発電していないが」
「太陽光パネルの発電量が通常は出る」

晴れている時はこのように太陽光発電の発電量が表示されます
家で使う昼間の電力は太陽光発電で基本的に賄う

いわば

電気の自産自消
→余った電力は電力会社に売る

夜間や天候の悪い日は
通常のように電気を買う

「使った電気料金が9845円で」
「電気を買った額が1万6188円」
「引っ越してきてから全て電気を売る額の方が大幅に大きい」

しかし
電気の使用量には敏感だと言います

というのも月1回家電製品別の電力使用量のリポートが届く

「月の使用量でトップだったのが冷蔵庫」
「冷蔵庫がこんなに電力がかかってしまうのを」
「リポートを見て初めて知った」

すると日々の生活に変化が

「(氷の有無を調べる)センサーがココにあるので」
「氷が作られる(氷をあまり)使わない時には」
「後ろに集めてセンサーが働かないようにする」

また
冬場は冷蔵庫の冷却を弱めにするなど
設定をこまめに切り替えるように

「自然と日々考えが変わってきている」

ただこのスマートシティ
一戸建ての価格 5000万円~6000万円台
→周囲より割高

それでも購入した理由は

「東日本大震災を経験して電気の大切さをすごく感じて」
「ここのコンセプトに共感した」

スマートシティは世界でも注目されています
特に成長著しい新興国の関心は高く

いま急激に計画は増加
世界で600を超えるとも言われています

このうち世界で最も数多くの計画を持っているのが中国です

中国・天津
では

世界屈指の巨大スマートシティの計画が進んでいます
2008年から建設が始まった

中新天津生態城
中国とシンガポール政府が共同で開発

面積は30平方キロメートル
東京ドーム約640個分です

現在2万人が住んでいますが
将来は35万人が住む大都市になる計画です

スマートシティの住民1
「全体的に見ると空気がきれいで環境もいい」

*2万人ですでに遠くが霞んでますが・・・

スマートシティの住民2
「他の所より環境がいい緑も豊富で衛生的だ」

街中の幹線道路には
ソーラーパネルと小型の風車を付けた
街灯がズラリと並びます

ところがモデルルームで話を聞いてみると

モデルルームの販売員
「マンションで使っているのは普通に発電所から送られてくる電気だ」
「でも街灯だけは自然エネルギーで発電している」

まだまだ
日本のスマートシティのようには行かないようです

こちらの
ゴミ箱にはソーラーパネルが設置されていますが

文字を光らせるためだけでした

しかし
日本企業はだからこそビジネスチャンスだと言います

パナソニック ビジネスソリューション 井戸正弘 本部長
「海外を視野に入れたスマートシティ戦略の展開は必須」
「いろんな場面でこの藤沢で蓄積したノウハウを提供できれば」
「1つのビジネスになるのではないかと思っている」

日本企業の持つ環境技術で
中国の空が晴れ渡る日が来るのかもしれません

*日本のも5000万もしてたら
*2000万円台の家をスマートハウスにするだけで良さそうだが?
図解 スマートシティ・環境未来都市 早わかり (1時間でわかる)
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
図解 スマートシティ・環境未来都市 早わかり (1時間でわかる)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。