ワールドビジネスサテライト,12/16,"あえてアナログ"に商機:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,12/16,"あえてアナログ"に商機

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,12/16,"あえてアナログ"に商機

沖縄県・名護市
名桜大学

では
授業にちょっと変わったサービスを導入しています

地理の授業で波が発生する原理について説明する教授

教授の話した言葉が
即座にタブレットに表示されていきます

e-ミミ
リアルタイム文字起こしサービス

テキストデータとして残るのでさかのぼって
内容を確認できます

聴覚障害者向けのサービスです

学生 平野花奈さん
「e-ミミがない授業とあるのとでは理解が違う」
「あった方が他と比べて分かりやすい

開発したのは2008年創業のベンチャー

沖縄・うるま市
アイセックジャパン

アイセックジャパン 一瀬宗也 社長
「いろんな企業が障碍者の支援で新しい挑戦をしている」
「健康な人が使うともっと使い方がいっぱいある」

もともと障害者向けとして始めたサービスに
関心を寄せる企業や自治体が相次いでいるのです

この日
一瀬さんが向かったのは沖縄で講演会などのプロモーションする会社

目の前で会話が表示される速さに
初めて見る人は驚きを隠せません

ブレーン沖縄 安井滋雄 社長
「国際会議がこれから増えてくるがかなり難しい仕事」
「いろいろ応用できるのかなぁと」
「信じられないスピードでしかも正確どうやっているんだろう」

今回特別にその速さを見せてもらいました

そこにいたのは黙々とキーボードを打つスタッフたち
実は人力で会話をパソコンに入力していたのです

アイセックジャパン 一瀬宗也 社長
「デジタルの近代的な仕組みに見えるが」
「実際の仕事は音声を聞いて人がすごいスピードで入力している」

仕組みは簡単

e-ミミ
データ化したい会話をスマートフォンでオペレーションセンターに通信

その音声を
2人1組でテキスト入力
約10分で別の組に交代

そして
データがタブレットなどに自動で送信される

別の1人がテキストをチェック

例えば改定という文字は文脈から誤字ですが
数秒で海底と修正されました

「1分間に466文字までは打つことができる」
「それに追いつけるコンピューターソフトもまだないんじゃないか」

実は

一瀬さん
日本IBMに28年間勤務しハイテクが専門

皮肉にもソフトウェア限界を感じ
人力に頼りました

「28年間コンピューターの世界にいて先進の方をやっていたが」
「それだけではないよねと」
「人間の能力は磨けば磨くほど上がっていくと実感した」

福祉の現場でアナログな発想から開発されたモノをもう1つ

千葉・習志野市
東京湾岸リハビリテーション病院

これはマヒなどで歩行が困難な患者に装着する
歩行支援機

ACSIVE(アクシブ)
バネと振り子の動きで足の振り出しをサポート

実はコレ
モーターやバッテリーを一切使わない無動力なのです

この秋から販売が始まりました

東京湾岸リハビリテーション病院 近藤国嗣 院長
「脚を振り出すことができなくて歩けない患者にとって」
「いい訓練法が見つかっていなかった中で」
「可能性を感じる」
「電子制御がない分 壊れるリスクも少ないのでは」

アクシブを開発したメーカー訪ねました

岐阜・各務原市
今仙技術研究所

重度障碍者向け電動車椅子シェア6割
義足などの福祉機器を手掛ける

オフィスの一角でアクシブが生産されていました

ACSIVE(アクシブ)
価格18万円(税別)

その単純さに当初は戸惑いの声も

今仙技術研究所 山田博 社長
「最初に見た時は今までと違うモノなのでびっくりした」
「モノになるのかなと」

ところが

今仙技術研究所 企画開発課 鈴木光久 課長
「月に500台を生産」
「最初に比べて3倍3倍3倍になった」

この日
山田社長にファッション性を高めた試作品が提案されました

「その日の服装に合わせてカラーコーディネートする」

これをきっかけに
ネガティブな福祉機器のイメージを変えたいと言います

今仙技術研究所 山田博 社長
「逆にかっこいいモノを着けていると捉えてほしい」

名古屋市
名古屋工業大学

アクシブはこちらの佐野教授と共同開発しました
佐野教授は2足歩行ロボットの研究者

開発したコチラのロボット
モーターや動力なしで歩き続けます

最も長く歩いた受動歩行ロボットとして
ギネス世界記録に認定(09年5月当時)

機能工学専攻 佐野明人 教授
「雨 竜巻 オーロラとか目の前にある自然現象と同じモノ」

2足歩行のロボット開発を進める中で
元々自然界の中にあるものに着目しました

「テクノロジーが行き過ぎている面があった」
「特にロボットは最先端技術を象徴する」
「研究者もそういうモノを入れたくなるが」
「実際はそこまで入れなくてもバネくらいで良い」

機能をそぎ落としていった結果
バネの力のみのユニークな製品が生まれたというのです

そして今
新たなバージョンを開発中

障害者専門ではなく若者からお年寄りまで
幅広く使えるモノです

それは
歩きだけでなく走るサポートをサポートするモノ

シンプルな機能に特化する事で
より大きなマーケットを狙えると佐野教授は考えています

「原理的なモノから創り出したことで」
「結果的にみなさんに一番合ったモノになった」

あえてアナログな発想に戻したことで
誰でも使えるユニークなモノが生まれてきています

*すごいんです
ローテクの最先端は実はハイテクよりずっとスゴイんです。
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
ローテクの最先端は実はハイテクよりずっとスゴイんです。


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。