ワールドビジネスサテライト,12/17,特集,"ドローン"は安全か?:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,12/17,特集,"ドローン"は安全か?

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,12/17,特集,"ドローン"は安全か?

和歌山・田辺市
公園に3人の男性が集まっていました

そこにあったのは
小型の無人飛行機ドローン

独自に改良を加えたモノで
小さなカメラも取り付けられています

そこから手元のモニターに映像が送られてきます
この日は水難事故で使う救命胴着を取り付けました

男性たちは田辺市消防本部の隊員ら
早速トレーニングが始まりました

この日の訓練はドローンを使って
70m離れた場所に救命胴着を運ぶというモノ

本番では遭難者の命を救う
重要な作業になります

無事成功です

中本貴文 救助隊員
「川が増水した時に人が取り残されたりする」
「事例も何例かある役に立つ」

田辺市2011年夏
台風12号で9人死亡

以来
いかに早く現場の状況を把握するか
という課題に取り組んできました

ドローンの拡声器から遭難者に指示したり
災害現場の状況をリアルタイムで撮影

などが期待されています

田辺市消防本部
来年から全国初ドローンの運用開始

田辺市消防本部 小山裕史 消防長
「過去の災害の教訓で状況が分からないのが一番危険」
「非常に大きな期待をしている」

ドローンとは無人飛行機の総称
英語のオスのミツバチから名づけたモノです

技術の進化と低価格化が進み
映像業界や建設現場の撮影など

この1年で日本でも一気に普及しました

一方
今年のクリスマス商戦では

陸を走り空を飛び水の上を進むという
ドローンや

直径わずか7cmという
京商エッグ QuatroX - クアトロックス - レッド 54050RD
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
京商エッグ QuatroX - クアトロックス - レッド 54050RD
が目玉商品となっています

先週都内で開かれたイベント

ドローンの体験を目当てに
企業から一般の人まで100人を超える人が集まりました

主催したのは

中国DJI社
ドローン最大手 世界シェア7割

の販売代理店

DJI販売代理店 セキド 大下貴之さん
「実際に飛んでいるところを見てもらい」
「安全性の必要性を知ってもらうため講習会を開いた」

主力商品
DJI Phantom 2 Vision+
(3軸フルHDカメラ付属) P2V+
アマゾンで見る
DJI Phantom 2 Vision+(3軸フルHDカメラ付属) P2V+
の値段は1機15万円程度
アマゾンのネット通販で買える手軽さで
1ヵ月に3万機が世界で売れています

しかし今
普及が進むにつれて新たな問題が浮上しています

それは

参加者1
「安全面」
「コントロールが不能になった」

参加者2
「(機体が)行方不明になりかけた」

参加者が口にする安全への懸念
実は墜落事故が増えているのです

愛知・名古屋市

今年4月9日
テレビ塔周辺で飛んでいたドローンが操縦不能になり
繁華街 錦の駐車場に墜落

無許可で150メートルを超えて飛行
ドローンの操縦者は航空法違反容疑で書類送検

さらに

11月3日 湘南国際マラソン
映像撮影用のドローンが墜落
→女性スタッフが顔面を負傷

日本に先行してドローンが普及している

アメリカ
ドローンの運航に厳しい法規則

アマゾン2013年12月
ドローンを使った配達実験を表面
→現在も許可下りず

ところが
日本国内のドローンの飛行には法律の規制がないのが実情です
個人でもビジネスでも自由となっています

国の見解は

国交省 航空局安全部 松本大樹 課長
「ドローンは航空法上の航空機には当たらない」
「どういう実態になっていくのか勉強させていただきたい」

一方
日本でのドローンの活用を進める団体は

一般社団法人 日本UAS産業更新教会 鈴木真二 理事長
「新しいモノに対して規則を作るのが」
「日本は後追いになる事が多い」
「広く使われる状況を作っておかないと産業自体も育たない」

そんな中

独自のルールを作って
本格的なビジネスに乗り出そうとする企業も増えています

東京・三鷹市
セコムSCセンター

が開発を進めてきたのは

セコム 小型飛行監視ロボット

不審者が現れると

セコムIS研究所 小松崎常夫 所長
「あのドアにはセンサーがついている」
「ドアから侵入すると信号が無線でロボットに送られる」

商業施設や一般家庭などで不審者を発見すると
ドローンが自動で追尾します

リアルタイムの映像も送信します

セコムは自主ルールを作り
1.追尾の際他人の所有地に入らない
2.機体が奪われてもデータが残らない

「客の安全を守るための技術」
「安全を損なうことがないよう様々な面で」
「厳格な基準を作っている」

セコムは来年はるのビジネス開始を目指しています
今後ますます普及する事が予想されるドローン

先端技術にあった制度作りが
日本の技術開発と安全な運用のカギになりそうです

*一般人が誤って墜落させて破壊しちゃったら笑えないね
鳥が見た沖縄の世界遺産
~ マルチコプター による空撮写真集 ~
アマゾンで見る
楽天で検索
鳥が見た沖縄の世界遺産 ~ マルチコプター による空撮写真集 ~ (誰も見たことがない文化遺産シリーズ)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。