ワールドビジネスサテライト,1/14,特集,中国で広がる"日本式":ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/14,特集,中国で広がる"日本式"

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/14,特集,中国で広がる"日本式"

中国・浙江省
安吉県

1月1日オープン
ハローキティーパーク

入場料3000円
(全面オープン後 約6000円)

オープンから10日間で5万人を超えました

ハローキティパーク
サンリオが監修した海外初の屋外型テーマパーク

中国では

今年以降のオープン予定
米 ディズニーランド(上海)
米 ユニバーサルスタジオ(北京)
韓 ロッテワールド(南京)

中国は景気が減速傾向にある一方
個人の所得は増え続けています

そして
今まさにレジャー産業に商機が訪れようとしているのです

そんな中
いま上海市内でもっとも人気のあるレジャー施設が

日本のスーパー銭湯
極楽湯 碧雲温泉館です

朝9時のオープンを待ちきれない人々

この日はなんと3時間待ちの行列
2年前上海にオープンした極楽湯

日本の施設と同じスタイルですが
広さは日本の5倍

入浴料は日本の2倍以上の約2500円
とかなり高額です

それでも
多い日は3500人が来店
→上海店は売り上げトップ

極楽湯 碧雲温泉館 田村俊和 館長
「(中国人の)所得が増え精神的な満足や清潔さについて」
「感度が高くなってきている」

管内のいたるところで目に付くのは掃除する従業員の姿です

「15分に1回は掃除しないと真っ黒になる」
「日本の普通のレベルのこの状態がお客さんに支持されている」

そして極楽湯を成功に導いた最大の秘密を
見せてもらうことに

そこに並んでいたのは浴槽のお湯をきれいにする
6台のろ過装置(日本製で約10億円)

建設費の半分を投入しました

すべてのお湯を1時間に3回ろ過することができ
他の施設の6倍のろ過能力

「中国は客が見えないところにお金をかけない」
「極楽湯は中国で一番きれいなお風呂屋さん」

さらに
中国風の個室→和室に変更

日本式の施設とサービスを追求したことが
中国の人々に受け入れられたのです

極楽湯
来月 上海市内に2号店をオープン予定

コンセプトはモアジャパン
1号店以上に日本式を打ち出す予定です

「中国に日本のお風呂文化を根付かせたい」
「それができたらほかの海外にも進出したい」

一方
日本式リゾートで新たに中国に打って出る企業も

中国・吉林省
吉林市

1月16日オープン予定
松花湖プリンスホテル

施設の核となるのがこのスキー場

松花湖プリンスホテル 田辺正幸 副総支配人
「65万平方メートル34コース」
「苗場スキー場よりも大きい」

中国では90年代から徐々にスキー人口が増え始め
今や日本の倍の

スキー人口
中国 約1000万人
日本 約480万人
(日本生産性本部レジャー白書2014)

しかも2022年の冬季五輪に立候補
スキーがブームになっています

すでに

中国のスキー場
欧米のリゾート会社が10数ヵ所展開
→西武グループは後発参入

その戦略は

「ファミリーでも誰でも楽しめるスキー場」
「日本独特プリンス独特の楽々コースをつける」
「初級者・中級車・上級者も山頂から滑ることができる」

現在の中国のスキー場はほとんどが上級者向け

西武グループ
山頂から初級者コースを設置
→幅広い層の客を取り込む

そして
まだ安全意識がまだ低いとされる中国で
インストラクターへの教育を徹底します

松花湖プリンスホテル
1部屋1泊 約2万8000円から
→日本式おもてなしを売りに

しかし

「このレベルで数日後にオープンするのは難しい」

ホテルのオープンはすでに1ヵ月以上遅れていました

本来奥にあるはずの風呂の給湯口が手前側に

「こちらから入るのに邪魔普通は向こう側」

寿司店のカウンターはオーダーよりも高いものが設置されていました
やむを得ず客席側を2センチ板で底上げする事に

さらに
ロビーの照明が一部しか点灯していません

「ホテルは五感に訴える商売」
「細かく仕上げないと」
「最高級ホテルを目指すなら五感を磨かないと勝ち残れない」

今回

西武グループ
プリンスホテルの最上級ブランド
ザ・プリンスを出店

そこには中国で成功するだけでなく
もう1つの思惑があるのです

「中国でプリンスホテルの認知度を向上させることで」
「日本のプリンスホテルへの誘客」
「インバウンド強化につなげる」
「よろこんで日本のプリンスホテルに来てもらえる流れをつくる」

中国で広がり始めた日本式のサービスやリゾート文化
今後も様々な業態が挑戦していく事になりそうです

*日本のおもてなしの基になったのって
おもてなしの源流
日本の伝統にサービスの本質を探る
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
おもてなしの源流 日本の伝統にサービスの本質を探る


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。