ワールドビジネスサテライト,2/2,問われる日本の"危機管理力":ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/2,問われる日本の"危機管理力"

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/2,問われる日本の"危機管理力"

”イスラム国”の声明
安倍(総理)よお前の国民を場所を問わず殺戮する
日本にとっての悪夢が始まるのだ

後藤さんを殺害したとする映像の中で
”イスラム国”が日本政府に発した警告

安倍総理は今日の国会で政府一丸となってテロを未然に防ぐと述べました

安倍総理
「政府一丸となってテロの未然防止に万全を期す」
「あす官房長官を長とする国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部会合を行い」
「今後のテロ対策について協議を行う」

さらに
安倍総理は今朝官邸閣僚に対し
外国にいる日本人の保護に全力を挙げるよう指示しました

こうした中
与党内からはこれまでにない対策を打つべきとの声も

自民党 谷垣 幹事長
「(海外危険地域に対し)渡航規制」
「渡航を遠慮してもらうことを働きかける」

このような声に対し

外務省幹部
渡航規制などを”検討しないといけない”

今回の事件が私たちの海外渡航の在り方にも
影響を与える可能性が出てきました

海外での危機管理の動きを強めています
中東でエネルギーや電力事業に取り組む大手商社の

丸紅
社員の4人に1人(約900人)海外駐在
64ヵ国に拠点があります

今回の人質事件を受けて
全社員に向けて注意喚起のメールを送りました

丸紅 伊佐範明 執行役員
「生命に対する脅威が非常に高まっている」
「危険地域でも日常的にいると危険を忘れがち」
「危機意識をブラッシュアップする」

中東ビジネス
丸紅の海外収益の約2割を稼ぐ

中東は重要な収益基盤の1つ
危険地域の情報収集を徹底し今後もビジネスを続けていく方針です

「今回の事件でビジネスをやらないということにはならない」
「いろいろな脅威があると認識し情報をアップデートしていく」

2年前アルジェリアでのイスラム過激派による人質事件で
17人の犠牲者を出したプラント建設大手の

日揮
事件後海外安全対策の外国人専門家を雇う
→テロ・誘拐対策強化

損保ジャパン日本興亜
中東含め32ヵ国に拠点

安全管理の専門スタッフをあえて日本から派遣し
リスク把握に努める

損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント 竹腰宏 上級コンサルタント
「オフィスや駐在員の自宅や通勤・通学ルートの安全調査を行い」
「しっかり海外リスクを把握しどう具体的な対策ができるか」
「グループ全体で見ている」

また
企業の海外展開の危機管理をサポートする事業では
アルジェリアの人質事件後問い合わせがおよそ2倍に増えたと言います

「日本人が事件に巻き込まれると企業の意識は高まるが」
「そうではないときは下がる」

専門家は日本企業が世界中でビジネスを展開する以上
脅威からは逃れられないと指摘します

キヤノングローバル戦略研究所 宮家邦彦 研究主幹
「残念ながらリスクのあるところにビジネスチャンスはある」
「危険を恐れて行かなかったらビジネスチャンスを失う」

危機を回避するにはコストがかかっています
対策にどこまで費用をかけるかすべては経営者の判断にかかっていると言うのです

「とてつもない相手がとてつもないやり方で」
「日本人を含む世界中の市民を巻き込む」
「タダで危機管理をすることはできない必ずコストがかかる
「武装した関係者で警備を強化し情報収集を強化するにはコストがかかる」

では
ヨーロッパやアメリカでは企業のテロ対策はどうなっているのでしょうか

アメリカにはテロ情報の収集や分析をして
政府やグローバル企業に提供する専門の民間会社が数多くあります

例えばワシントンポスト紙がまとめた5年前の調査報告報道によりますと
アメリカ国内ではテロの諜報活動などにかかわる政府機関が1200以上

そして
民間企業は1900社もあります

その1つのインテルセンターがまとめた最新のデータ

イスラム国支持の過激派がいる15ヵ国
アルジェリア・チュニジア・リビア・レバノン・エジプト・スーダン
シリア・イラク・サウジアラビア・イエメン・アフガニスタン
パキスタン・インド・インドネシア・フィリピン

29組織に広がっていると指摘しています
日本企業の活動も多いインドですとかインドネシア・フィリピンなどにも存在し
テロが拡散する危険性が高まっています

ダボス会議では
企業がテロとどう向き合うかが焦点でした

フランス オランド大統領
”デジタル企業はテロリストのコンテンツに”
”アクセスできないように協力してほしい”と強調

どのようにして企業がテロの脅威と向き合っていくのか
企業活動が一段とグローバル化する中で避けては通れない課題となっています

*まぁ普通の人は行かない事ですよ
リスクの世界地図: テロ、誘拐から身を守る
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
リスクの世界地図: テロ、誘拐から身を守る


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。