ワールドビジネスサテライト,2/12,大手が共同開発する秘密:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/12,大手が共同開発する秘密

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/12,大手が共同開発する秘密

東京・江東区
多くのマンション開発が進む東京の湾岸エリア

その中の豊洲ふ頭に完成した超高層分譲マンションが
きょう公開されました

三井不動産レジデンシャル 都市開発二部 加藤仁朗 営業室長
「44階建て超高層マンション」
「スカイズタワー&ガーデン」

スクリーンには大手デベロッパー6社の名前
三井不動産
東京建物
三菱地所
東急不動産
住友不動産
野村不動産

「総合デベロッパー6社が初めて総力を結集した大規模プロジェクト」

スカイズタワー&ガーデン
約1100戸 平均6100万円

この地域では平均的な間取りですが
発売後半年で売り切れたと言います

その秘密は屋上に

「ほぼ一面一周できる360度見える」

住人が利用できる広さ800uの屋上
東京オリンピックの選手村の開発予定地が目と鼻の先に

屋上にはさらになんと天文台が

設備投資は数千万円をかけました

「1000戸以上の規模だとこういったモノの維持が可能になる」

屋上だけでなく他の共用スペースも
すべて広く作られています

これは開発した東京建物のアイデアが生かされています

「違った視点で6社アイデアを持ち寄るとうメリットがある」

このマンションの開発費用 数百億円
デベロッパー1社ではなかなか負担できませんが

6社共同の開発なら思い切った投資が可能になると言います

ただ
各社が共同開発に踏み切ったワケは
湾岸エリアという地域にも理由があります

マンション需要の見込みは2020年まで
→ライバル社と手を組み開発急ぐ

「次の事業機会の獲得を図る」
「事業機会を模索する中で共同開発を採用するかという検討は常にある」

*2020年までまだまだ変わりそうです


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。