ワールドビジネスサテライト,2/24,外食が地方を救う!:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/24,外食が地方を救う!

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/24,外食が地方を救う!

外食産業を取材する記者が選ぶ
外食アワード2014

すかいらーく 谷真 社長
「こうした年に当社を選んでもらい」
「意義深い事だと思う」

選ばれたのはガストの商品単価を上げて再上場を果たしたした
すかいらーくの谷社長や

回転すしチェーン初の本格コーヒーで
業績を押し上げたくら寿司の社長らが受賞しました

そして注目が

ファンファンクション
地場食材にこだわり自治体の名前を
そのまま店名にしたご当地酒場を展開

合掌社長が選ばれました

ファンファンクション 合掌智宏 社長
「飲食店と自治体の新たな可能性を示せたことを」
「評価してもらえたのでは」

東京・日本橋
ご当地酒場 北海道八雲町

合掌社長が立ち上げたご当地酒場の1号店です
店の売りは八雲町から直送されてくる新鮮な魚介類

肉厚の北寄貝は甘みがあり
こりこりした食感も特徴です

他にもネギやじゃがいもなどの野菜から
牛乳まで八雲町でとれる食材をふんだんに提供

その味に八雲町を知らなかった客は

客1
「八雲町に特化しているのがいい」
「おいしいし」

客2
「全く知らなかった土地だが1回行ってみたい」

北海道・八雲町
ここが店の名前となった八雲町

人口 約1万7000人

日本海と太平洋の両方に面した
漁業と農業の町

この八雲町でホタテの養殖業を営む

水口忠行さん
「ホタテは甘くて身はやわらかめ」
「大変おいしいですよ」

以前は流通ルートがなかったため
加工品のみを販売

それが

八雲町酒場と契約
→新鮮なホタテが高値で売れる

水口さん
収入↑1割

だけでなく
東京で直接客と話したことが刺激になったと言います

「客と対話しながら漁業もやっていかないと」

水菜やネギなどを生産する佐々木さん
年間120万円分八雲町酒場に出荷しています

地元特産の軟白ネギ 1本 約800円
大きさと甘さが特徴ですが佐々木さんは八雲町酒場を通じて
こうした野菜の知名度をアップしていきたい考えです

佐々木尚志さん
「東京のどこどこのお店でうちのモノが食べられるという誇りが出てくる」

一方
町は知名度が上がっただけでなく無名だった作物のブランド化が進み
農業の税収が増えました

北海道・八雲町 岩村克詔 町長
「お金に換えられないようなPRをして」
「われわれも頑張ろうという雰囲気になっている」

東京の店には岩村町長の感謝状が飾られています
合掌社長の狙いは

ファンファンクション 合掌智宏 社長
「客が食べるだけでなく」
「町や食材ことを知ろうとすると」
「客と町の関係ができる」

合掌社長は八雲町のほかにも
佐賀県三瀬村ふもと赤鶏や青森県むつ下北半島などのご当地酒場を9店舗展開

今後も店舗を増やし地方創生につなげたい考えです

「(全国)1700の自治体で一般に広まっていない食材がたくさんある」
「それを掘り起しPRし」
「ブランディングすることが目標」

先週六本木に開店した

東京・港区
Crab SAKABA ”CARAT”

ある地方から取り寄せた
カニをメインにした料理店です

浜倉的商店製作所 総合プロデューサー 浜倉好宣さん
「羅臼から空輸で送ってもらった」
「今届いた2月24日配達の宅配便で直送」

Crab SAKABA ”CARAT”
北海道羅臼の業者と提携し
生きたままのカニを仕入れる

中には地元でしか流通していない珍しいカニも

「これがイバラガニ」
「羅臼近郊でとれるがまだ広がっていない」
「(地元食材を)発掘してブランディングしていきたい」

昆布で有名な羅臼ですが
大手の流通経路に乗って異なためカニは意外と知られていません

そのカニに目をつけ
都心から全国に広げたいと考えています

実は去年12月タラバガニの密漁密輸対策に関する
日本とロシアの協定が発表され

品薄になったことでタラバガニが高騰しています
浜倉さんは生産者から年間を通して購入する事で割安な価格で提供できると言います

本ズワイ蟹の蟹味噌甲羅焼き 1380円(税別)
タラバ蟹&サーモン&アボカドのミルフィーユ 1280円(税別)

また
今後は開発したメニューを羅臼で生産
通信販売する事で地域の雇用の安定にもつなげたいと言います

「羅臼は冬場しか忙しくないため雇用も冬がピークであとは休みになる」
「レシピを作り(製造・販売を)地域に落とし込んでいこうと思っている」

食材にこだわる外食が
地方の活性化を促すきっかけになっています

*自ら発掘したい人は


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。