ワールドビジネスサテライト,2/24,特集,隠れた才能を見つけ出せ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/24,特集,隠れた才能を見つけ出せ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/24,特集,隠れた才能を見つけ出せ

東京・板橋区
山城野球クラブ

厳しいノックを受ける小学生たち
その中に1人女の子の姿が

熊岡亜弥さん(小6)
小学3年生から野球を始める

板橋区の選抜チームでキャプテンを務め
都大会で準優勝に導く

ところが

Q.野球辞めちゃうんですか?

熊岡亜弥さん
「そうでうね」
「スポーツテストでバレーボールが1番だった」

今月で野球を辞め
バレーボールに転向するというのです

その理由は去年12月に受けたスポーツテスト
最も向いているスポーツはバレーボールで野球ではありませんでした

この結果をうけ熊岡さんは
選考を決意したのです

母 亜矢子さん
「可能性はいろいろあるのでいま野球と決めるのはもったいない」
「もしかしたら他に活躍できるスポーツがあるかもしれない」

15日
佐賀・白石町

野球少女の運命を変えたスポーツテストが
ココもで開かれていました

測定の1つが10mスプリント
その足元には見慣れない機材がありました

この間を走ると
パソコンにグラフが表示されます

これは1歩ごとのスピードを表しています

この子供の場合
初速 3.89m/秒 最高速 5.70m/秒なのが分かります

最新の危機を駆使し

単に早いか遅いかではなく
スタートスピードとトップスピードが分かるのです

こちらはジャンプ力の測定
加速度センサーが棒につけられています

連続ジャンプでバネ力も測ります

他にも敏捷性やボールスピード
見たモノに反応する反応力も測ります

こうしてテストは8つの項目で評価
子供の武器が何なのか見つけ出します

さらに
69の種目から向いているスポーツを算出

その中には
オリンピック競技でありながら競技人口の少ないスポーツも含まれています

サッカーに向いている人は
スタートスピードや敏捷性が重要です

バスケットボールは
ジャンプ力や反応力

フェンシングだと
反応力とバネ力といった形です

測定から結果まで約40分

子供の潜在能力がすぐにわかるとあって
結果を聞く親の顔も真剣そのもの

「不向きな種目をやっても意味がないので助かる」

このスポーツテストは本人も気づいていない
隠れた能力を見つけ出すことができます

過去にはオリンピックを目指せる金の卵を発掘したことも

佐賀県白石町 杉原忍 副町長
「もう少ししたら東京オリンピックがある」
「町からメダリストがでたら誇りに思う」

ところがこの測定の仕掛け人でもある
大島さんは

一般社団法人 スポーツ能力発見協会 大島伸矢 理事長
「オリンピック選手が出てくれたらうれしいは1つの通過点」
「多くの子供たちの潜在能力を見つけ」
「それを伸ばす環境に導くことが目的」

東京オリンピックは通過点
大島さんはスポーツの熱を2020年で終わらせてはいけないと考えています

それを可能にさせる戦略が
大島さんのパソコンにありました

「(スポーツが)優秀な人はご飯を食べているのか」
「パンを食べているのか」
「今の段階ではパンを食べている人が能力の高い人が多い」

大島さんはスポーツテストの際アンケートを取っています

朝ごはんは何を食べているか
坂道や階段を使っているか

こうした生活に関するデータも集め
スポーツ能力との関わり合いも調べているのです

これまで集めたデータによると

スポーツ能力が高い子供
次男・次女
朝食はパン
夜10時までに就寝
勉強の成績が良い

といった特徴があります

また
過去の習い事も重要な要素です

例えば

プロ野球選手 松坂選手
過去に剣道を経験

トップアスリートになれるスポーツ遍歴を調査
これも導き出そうとしています

「データと運動能力が高い人の相関を取り」
「どうすれば運動能力が高くなるのかを調べれば」
「子供に何をすればどの能力が上がるのかを提案できる」

精度を上げるためには継続的に測定会をしなければなりません

しかし

スポーツテストの費用
1回あたり 最大300万円程度

負担する自治体はなかなか手を上げづらいのが実情です
どうすれば多くの子供たちが参加できる環境を作れるか

この日
大島さんが向かったのはPR会社の

サニーサイドアップ
スポーツ選手・スポーツイベントを支援

集めているデータを企業に提供し
スポーツテストへの協賛を募る

会議では朝食にパンを食べる子供は
運動能力が高いというデータに関心が集まりました

サニーサイドアップ スポーツプロモーション部 山田健太郎 部長
「食品メーカーにとって食生活がどう運動能力の向上につながるかは」
「取れれば企業にとって面白いデータになっていくと思う」

食品メーカーのほかに住宅メーカーも
今までにないデータに関心を寄せていると言います

一般社団法人 スポーツ能力発見協会 大島伸矢 理事長
「企業によっては非常に価値の高いデータ」
「データに価値を見出す企業と一緒にイベントをやっていきたい」

子供たちの隠れた才能をいかに見つけどう育てるか
オリンピック後を見据えた挑戦が始まっています

*体力測定が進化してた感じか
中・高・大学生スポーツテストの30年の変遷―1964年~1993年
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
中・高・大学生スポーツテストの30年の変遷―1964年~1993年



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。