ワールドビジネスサテライト,3/6,特集,治る最前線,第44回,ひざの痛みの最新治療:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/6,特集,治る最前線,第44回,ひざの痛みの最新治療

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/6,特集,治る最前線,第44回,ひざの痛みの最新治療

神奈川・横須賀市
横須賀市立市民病院

この日
治療を受ける70代の女性

医師
「今回手術するのは右のひざ」
「ひざの内側の隙間が狭くなっている」

この患者の膝の内側は骨と骨の間が
外川に比べて狭くなってしまっている

この患者が患っている病それは

変形性ひざ関節症
ひざ関節でクッションの役目をしている軟骨などがすり減り
痛みを引き起こす

主な原因
加齢や肥満など

さらに
もう1つ大きな原因がある

それはO脚
多くの人が加齢で筋力が落ちたり
骨がもろくなりO脚になる

O脚
ひざの内側に負担が大きくかかり
軟骨がすり減る

重症になるとひざの関節を
人工関節に取り換えなければならなくなる

変形性ひざ関節症の患者数
約2530万人 ※東大病院 22世紀医療センター吉村典子調べ

東千葉メディカルセンター 整形外科 渡辺敦也 副部長
「重度の変形性ひざ関節症になると」
「いわゆる寝たきりになってしまうので」
「それを防ぐのが重要」

いかに早く病を治し回復させるのか
変形性ひざ関節症治療の最前線を追った

先ほどの患者の治療が始まる
まずは治療を行う右脚の消毒

今回はO脚を矯正し病の進行を防ぐ手術を行う

行われるのは骨切り術と呼ばれる治療
しかも今回はその最新の手術だ

これまでの手術は膝の下側の太い骨の一部を切断し
さらに長さをそろえるために細い骨も切断

骨の外側を短くしてO脚を矯正していた
骨を2か所切断していたため体への負担が大きかった

しかし
最新の手術では一か所だけの治療で済む

まずはメスを使って膝の下の部分の皮膚を約5cm切り開く
続いて医療用のノミを使って骨に切れ込みを入れていく

最新の骨切り術は
ひざの内側から1か所切れ込みを入れる

そして
切れ込みを広げ人口の骨を入れる

骨の内側を長くしてO脚を矯正

オープナーと呼ばれる治療器具を使って
骨の切れ込みを慎重に広げていく

レントゲンで患部を確認すると
しっかりと骨の切れ込み部分が広がったのが分かる

そして
続いて使うのが

人工骨
リン酸カルシウムでできていて
3年ほどで本物の骨に置き換わる

この人工骨のおかげで負担の少ない手術が行えるのだ

人工骨を骨の切れ込みに挿入した

治療は1時間半で無事終了した

治療前の画像と治療後の画像で
O脚を矯正されているのが分かる

これで膝の痛みをなくし
病の進行を防ぐ事ができるため多くの場合人工関節を免れる

この病院での治療費(3割負担)
入院・リハビリ含み 約33万円

手術から1週間後
患者はすでに歩くリハビリを始めていた

これまでの手術はリハビリ開始まで約2ヵ月

横須賀市立市民病院 関節外科センター 竹内良平センター長
「特に高齢の患者が多いのでリハビリを早く始めると」
「患者の体力を維持させることができる」
「体力が落ちないので治療後の回復も早い」

中高年の患者にとって早い回復が見込める今回の治療はメリットが大きい

一方
早期発見につながる最新の検査も登場している

千葉・東金市
東千葉メディカルセンター

MRIで撮影された画像
今回はこの撮影されたMRI画像を最新のソフトウェアを使い解析していく

すると
白黒だったMRI画像の一部が着色されて映し出された

「色がついている部分が軟骨」
「正常は青から薄い緑」

これは
MRIマッピングと呼ばれる最新の検査

実は膝の軟骨の約20%はコラーゲン
軟骨はすり減ってしまう前にコラーゲンが劣化

MRIマッピングで見ると
コラーゲンの劣化が分かる

正常な場合は青色で劣化が始まっていると赤く表示される

MRIマッピングではごく早期の段階で病を発見できるのだ

検査費用(3割負担)
約4000~4600円

早期発見できれば
適切な運動や減量などで回復が望める

東千葉メディカルセンター 整形外科 渡辺敦也 副部長
「より早期に軟骨の変化を見つける事で早期に対応が可能になる」
「結果として変形性ひざ関節症の進行を防ぐ」
「大きな手術をしなくてすむのが最大のメリット」

早期に治療や診断が行える技術の登場で
日常を取り戻せる患者は確実に増えている

*いろいろ対応できる本見つけた
誰でもスグできる! 腰痛・O脚・X脚! 下半身の歪みを解消して
100歳まで歩ける身体をつくる! 200%の基本ワザ
アマゾンで見る
ヤフーショッピングで検索
楽天で検索
誰でもスグできる! 腰痛・O脚・X脚! 下半身の歪みを解消して100歳まで歩ける身体をつくる! 200%の基本ワザ


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。