ワールドビジネスサテライト,3/11,特集,3.11選択A復興予算「1年後の期限」への焦り:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/11,特集,3.11選択A復興予算「1年後の期限」への焦り

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/11,特集,3.11選択A復興予算「1年後の期限」への焦り

復興予算26.3兆円の使われ方を確かめに
大江キャスターが向かったのは

宮城県・仙台市
野々下海岸

建設中の防潮堤
高さ9.8m

東北の海岸線
津波対策で総延長400kmの防潮堤を計画

事業費 約1兆円

こうした防潮堤の財源は
復興予算で賄われます自治体への負担なし

この復興予算を使える期間
集中復興期間 来年3月が期限

残りあと1年なのです

気仙沼市
中島海岸

ココはかつて人気の海水浴場でした
震災で海岸が200m後退

陸地にあったホテルが今は海の上です

この砂浜に巨大な防潮堤ができるのです
底辺90m 高さ14.7m

県内最大級の大きさです

この巨大防潮堤の計画に反対する人に会いました
海岸の生態系を守りたくて反対しています

小学校教諭 阿部正人さん
「ハマグリもある」
「子供のころはここでとって食べていた」

学校の教え子たちに故郷の自然を残したいのです

Q.この地域に防潮堤は必要か?

「ある意味必要である意味必要じゃない」

一体どういうことなのでしょうか

実は
被災者が高台への集団移転を決定
→海の近くには人が住んでいない

つまり
小泉地区の防潮堤が守るのは人の命ではなく
道路や農地

ある試算ではその価値は
37億6000万円

一方
中島海岸防潮堤 事業規模226億円
さらに膨らむ可能性もあります

Q.復興予算を無駄遣いと感じる人も?

「全部が無駄ではない必要なところは絶対お金が必要」
「でもよく吟味してもいいのでは」

住民や専門家とともに代替案を作成

内陸の道路をかさ上げし
防潮堤の役割を果たすというモノでした

自然を壊さず予算を抑えられる案でしたが
県が計画を変える事はありませんでした

「とにかく(防潮堤を)進めるたぶんそれが正義」

では
巨大防潮堤に賛成した人はどんな人たちなのでしょうか

小泉地区の明日を考える会
高台に集団移転する95世帯をまとめた集まり

この日は移転先の区割りを話していました

巨大防潮堤合意派 小泉地区の明日を考える会 加納保 事務局長
「(防潮堤は)住民を賛成と反対に分けてしまう」
「素早く集団移転をまとめたのに問題が起きてバラバラになったら困る」

近くで暮らすことになる住民同士に亀裂が入ることを恐れたのです
県の防潮堤計画に反対する事で移転が遅れる事を避けたい思いもありました

「県知事とけんかして私たちは(集団移転)やっていて得があるのか」
「気持では(堤防)いらないと思ってもいろいろあるんです」

集団移転を進めるために決めた防潮堤の受け入れ
集中復興期間の終了前に工事が進んでいました

1年後に迫った復興予算の期限は
思わぬ焦りを生んでいました

Q,集中復興期間の5年間でどうにかしないといけないと思うか?

巨大防潮提反対派 小学校教諭 阿部正人さん
「なりますね当然」
「それが過ぎたらお金が来ないのではという恐怖」
「その区切りは怖い」

集中復興期間が終わった後はどうなってしまうのでしょうか

安倍総理大臣は
次の5年間の復興支援の枠組みを夏までに策定する方針を示しました

安倍政権を支える自民党
今後の復興予算について大島議員を中心に提言をまとめています

すでに予算が付いた事業の見直しを必要だと言います

自民党 東日本大震災復興加速化本部 大島理森 本部長
「そこまでの建物をつくらなくてもというのも中にはある」
「きついかもしれないが党としてモノを言わないといけない」

次の5年間の復興予算あてはあるのでしょうか「

Q.復興増税は選択肢

「増税はなかなか難しいのではないか」
「これはまだ・・・」
「非常に難しいんじゃないかと漠然と考えている」
「最後にアイデアとしてあるかもしれない」

追加の復興増税に含みを持たせました

復興事業を取りまとめる復興庁

先月大臣のもとを訪れていたのは液状化の被害に遭った
10の市の代表です

関東の被災地
震災で過去に例がない液状化被害

この液状化対策工事の予算を確保するために
陳情に来ました

鹿嶋市 錦織孝一 市長
「数百億円の規模の工事は国や県のお世話にならないとできない」

陳情の先頭に立つ茨城県の錦織市長
必死の陳情にはワケがありました

「あと1年では(工事終了は)120%無理」

鹿嶋市では液状化対策の様々な実験をしてきましたが
集中復興期間後の予算見通し立たず工事ストップ

「進むも地獄 退くも地獄」
「見通しが今のところ立たないので非常に頭が痛い」

復興予算のカギを握る人物がWBSの取材に応じました

Q.地元では焦りが出てきているが?

竹下亘 復興大臣
「我々の責任で払しょくしないといけない」
「集中復興期間終わっても止まりません」
「必ず復興をやり遂げます」

Q.集中復興期間のうちに計画を立てないと何もしてくれないのでは?

「そんなことありません」

次の5年も復興予算を途切れさせることはないと言いますが
その財源は

「再増税は方法論としてはあると思うが」
「現実には厳しい(増税は)やらない方がいいと思っている」
「どんな色の金でもいいから金を集めるのが私の仕事だが」

竹下 復興大臣
国が全て負担する仕組みを改め自治体にも負担を求めるています

「特に岩手宮城については5年間でほぼ終わる」
「復興が終わる姿を考えてくれと要請をする」

*なんだか公共工事が復興工事に置き換わっただけのような気がする


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。