ワールドビジネスサテライト,4/13,ロボットの普及への課題:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,4/13,ロボットの普及への課題

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,4/13,ロボットの普及への課題

今日行われた発表会

大和ハウス工業 田村哲哉 執行役員
「ロボットスーツHAL福祉用の機能を向上させた」
「自立支援用の下肢タイプの販売を始める」

つくば初のベンチャー企業サイバーダインが開発した

HAL
けがや筋力の低下で体を自由に動かせない人を
サポートするロボットスーツ

大和ハウス工業
5月から自立支援用をレンタル

いったいどんな仕組みでサポートするのか
大浜キャスターが体験しました

サイバーダイン営業部門 小山秦さん
「ケーブルを介して動かそうとするとき」
「脳から伝わる信号が機器に伝わる」

肌に電極→ケーブルで機器と接続

HAL福祉用
全国 約160の病院や介護施設に導入

1月23日

安倍総理
「今年はロボット革命元年となる」

政府
今年5年で1000億円を投じる
ロボット革命の戦略案を公表

しかし
さらなる普及のためにはある課題があると言います

サイバーダイン 小山秦さん
「国内だとまだ医療機器の認証を受けていない」

HAL
レンタル料は月10万円~20万円程度
→保険適用されず

そのため混合診療を避けるため
病院側が費用を全額負担しているのが現状なのです

先月25日国内で医療機器の認証申請
→承認は年末か

一方

介護の現場はどうなっているのか

茨城・ひたちなか市
介護老人保健施設 プロスペクトガーデンひたちなか

を訪ねました

ここでは
4年前からHALを導入25人がリハビリに利用

1年ほど前脳梗塞のため体の右半分がマヒ状態になり
リハビリを始めて7ヵ月 1日1回40~50分行っている

石井明正さん(76)
「足が上がるようになり希望が持てた」

利用者に好評なHAL
費用の負担はどのようになっているのでしょうか

プロスペクトガーデンひたちなか 森田隆 施設長
「全額施設で出している」
「利用者に負担してもらっているのは電極だけ」

利用者の負担
電極代のみ(片足1回500円)

その他は施設が全額負担しています
この施設では3台のHALを60ヵ月のリース契約

その費用は月40万円以上になります

現在の介護保険法では福祉用具に対する保険は
在宅での介護にしか適用されず

「介護はこれをすればいいという事がない」
「高度な技術のモノを使ってその人が良くなると」
「介護職員にとっても大きな喜びになる」

病院だけでなく介護施設でも
保険適用がネックになっていました

一方

EU
2013年にHALを医療機器として承認

ドイツ
労災保険でHALの利用料(60日間)
3万ユーロ(約400万円)を免除

サイバーダイン 営業部門 小山秦さん
「(国内でも)医療機器となって保険適用が進めば」
「もっと導入しやすくなる」

海外で実用化を馬頭す動きはここにも

鳥取・米子市

電動車いす型ロボットロデムを開発している

テムザック技術研究所 檜山康明 社長
「ベットと座面を同じ高さに合わせる」
「ずっと乗り込んで移動」

ロデム
背もたれがなく前向きに乗る
介助が容易

コンセプトモデルは2009年に発表
2~3年で実用化を目指していたが・・・

「病院で患者を乗せようとすると」
「倫理委員会などを通すのに時間がかかる」

実験に取り掛かれない状況
そこで目を向けたのが海外です

デンマークの実証実験
CEマークの適合正面をうけ欧州での製品化目指す

さらに

国内の製品化のために
テムザックと共同で実験を始めたのが

鳥取・米子市
鳥取大学医学部付属病院

です

植木賢 教授
「日本のモノづくり技術が」
「国内でも使われ海外に輸出できるように」

こちらは患者をベットから移動した際
介助者の腰の負担を表したグラフ

上は通常の車いすで下がロデム
波形の上下が激しいと筋肉を集中的に使っていることになります

また日本ではこの背もたれがない車いすは
JISで車いすと認められず介護保険の適用外

介護保険の適用を受けられるような開発も進められています

テムザック技術研究所 檜山康明 社長
「実証実験をするまでの壁や」
「新しいモノをすぐに市場に取り入れてもらう」
「事が出来なかったので壁はある」

ロボット革命元年となるのか
国のスピード感ある対応がカギを握っています

*この本高いねw
『“介護ロボット”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化
“介護ロボット”の進化による未来予測≪2014‐2034≫〜未来絵 編 〜』
アマゾンで見る
『“介護ロボット”がもたらす変革(イノベーション)&未来社会の可視化/“介護ロボット”の進化による未来予測≪2014‐2034≫〜未来絵 編 〜』 (ESP総研調査レポート)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。