ワールドビジネスサテライト,4/28,特典付き商品券など続々:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,4/28,特典付き商品券など続々

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,4/28,特典付き商品券など続々

東京・目黒区
サカナバッカ

地方創生交付金を使った
ある取り組みが始まりました

きょう発売されたのは
北陸の魚介類を詰め合わせた福袋

福袋 メバル+生・子持ち甘エビ 1000円(税込)

出荷価格の4割を交付金で負担
→価格1000円に

店頭価格だと3000円相当だと言います

坂井市
地元の名産品をPRする事業に
交付金1500万円を割り当てた

福井・坂井市 坂本憲男 市長
「まず東京の人に本当においしい魚を食べてほしい」
「坂井市の三国港でとれたことをPRしたい」

お得に買えるのは名産品だけではありません
プレミアム付き商品券 全国自治体の97%が発行予定

また
プレミアム付き旅行券など
全国自治体の約2割が発行予定

鳥取県
1万円分の宿泊券を5000円で発売

1万4000枚が4分で完売

ただ
購入できなかった人からは苦情が相次いだと言います

商品券などの情報サイトを運営する

情報サイト運営者
「早い者勝ちで平等とは言えない」

こちらのサイトでは
東京23区のプレミアム付き商品券の発行予定日をまとめています
どうやって情報を集めたのでしょうか

「各区役所に電話で聞いたり」
「ホームページに載っている場合もあるが完売という事もあるので」
「早めに知りたければ広報誌や直接問い合わせるのが」
「正確で早い」

どこでお得なクーポンがあるのか分からないと声が上がる中
自治体がお得な旅行券を簡単に見つける事がサイトが今日立ち上がりました

東京・千代田区
リクルート

じゃらんnet
ふるさと割クーポン特集サイト

じゃらんリサーチセンター 木島達也 地方創生プロジェクトリーダー
「日本地図にこれから続々オープンする自治体の」
「クーポンを紹介している」

ふるさと割クーポン
岐阜県 徳島県 大分県 別府市
宮崎県のクーポンが利用可能

「クーポンの取得は買い取るわけではない」
「まずクーポンを使う権利を持つ予約して初めて行使できる」

クーポンはじゃらんに会員登録し
実際に宿を予約して初めて使う事ができます

会員登録で
身元確認でき転売防止できるのです

また
クーポンは毎月更新されるため
鳥取県の商品券のように一気に無くなってしまう心配もありません

現在70近くの自治体から相談を受けていると言います

「金額が大きいクーポンの原資なので」
「均等に公平に客の手元に届くことを考えて」
「自治体もじゃらんを選んでくれる」

プレミアム付き旅行券を起爆剤に
魅力を発信しようと工夫を凝らす観光地もあります

福島
磐梯山と五色沼

福島・北塩原村
裏磐梯ロイヤルホテル

村井将彦さん
「こちらが和室の部屋広さは10畳」

福島県が6月に旅行券を発売するのに合わせて
こちらのホテルでは従来よりも価格の高い宿泊プランを作ります

夕食には馬刺しや
ニシンの山椒漬けなど福島県産の名物料理を用意

1泊2食付1万3000円(基準価格)
→宿泊券を使えば8000円

「高い商品だと利用が少なかったので」
「これをきっかけに福島の野菜や肉のおいしさを知ってほしい」

行政側も工夫を凝らそうとしています

福島県
旅行券の販売の半分以上を旅行サイトに委託

福島県 吾妻嘉博 観光交通課長
「地域の観光素材と今回の旅行券をどうつなぐかがポイント」

川遊びや果物狩りなどの予約もできる
旅行サイトの機能を生かして

観光客が単に宿泊するだけではなく
福島の豊かな自然に触れる機会を増やす計画です

「(旅行券は)あくまできっかけなので」
「地域の知恵と汗をかいた取り組みを進めるのがポイント」

一方
きょうプレミアム付き商品券を発売したのが

長崎・大村市
です

市役所には市民が列を作りました

大村市の商品券
販売価格1万円+プレミアム2000円

市内の商店街や大型スーパーで使えます

名産品や観光スポットが少ない大村市は
旅行券や外部の人向きのモノは発行せず

地元市民向けに絞りました

大村市 松本祟 市長
「バラマキとみられる点もあると思うが」
「受け取った人がどう生かすかが大事」

過去には政府が
子育て世代と高齢者に一律2万円の地域振興券を配った例もありますが
消費の押し上げ効果はとぼしくバラマキとの批判が出ました

今回のプレミアム付き商品券について専門家は

日本リサーチ総合研究所 藤原裕之 主任研究員
「地域の魅力を最大限生かせなければバラマキといわれても仕方がない」
「すべては自治体の創意工夫にかかっている」

*どうみてもバラマキw
国会議員とカネ ~元政策秘書が見た「バラマキ」と「錬金術」
アマゾンで見る
楽天で検索
国会議員とカネ ~元政策秘書が見た「バラマキ」と「錬金術」 (宝島社新書)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。