ワールドビジネスサテライト,6/10,特集,"ガラケー"ニーズをつかめ!:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/10,特集,"ガラケー"ニーズをつかめ!

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/10,特集,"ガラケー"ニーズをつかめ!

東京都・千代田区
アワーズ本店(携帯電話ショップ)

ここは
従来型の携帯電話=ガラケー専門店

オープンは去年6月
常時1500点の品ぞろえ

売れ筋を聞くと

アワーズ 栗津浜一 社長
「スリムなP-01Eという機種でパナソニック製」

パナソニック P-01E(2012年発売)
30,40代のビジネスマンに人気

同じ型番の商品でも傷の状態などで
価格は大きく違ってきます

「8980円と4980円」
「右側は細かい傷が多くて左側は少ない」

アワーズの中古ガラケー
平均価格8000円前後

中にはデザインの良さや機能性から
古くても

三菱電機 D705iu(2008年発売)
1万4980円

客に聞いてみると

「使い安さ」
「指スクロールが苦手」
「まだ機能が分からない」

スマートフォンやタブレットとの2台持ちの客も多いと言います

中古ガラケーの売り上げ
1億2000万円(前年比1.5倍)

こうしたガラケー人気を受けてアワーズは今年1月
物流センターを岐阜県から都内に移転しました

アワーズ物流センター

地方では人材の確保が難しく
事業拡大のため移転に踏み切ったのです

10人ほどが交代で作業にあたります

アワーズ 松崎剛士 物流センター長
「電話を発信していてお互いに聞こえているかチェック」

Q.アナログな感じ

「そうだが必ずこういった形でやる」

全国各地から月に7000台のガラケーがココに集まります
カメラ・音声・バッテリーなど14項目をチェック

中にはプリクラが貼られたものも

「古い端末なのでアルコールをつけて端末の汚れを落としたり」
「風を当てて飛ばしたり」
「細かい溝はつまようじで汚れを落とす」

今後は12月までに
買い取りを4倍に増やす計画

アワーズ 栗津浜一 社長
「ガラケーユーザーは必ず残ると思う」
「中古ガラケーの魅力を発信していけば必ずニーズはある」

実は国内の携帯電話契約数比率
ガラケー 47.7%
 スマホ 52.3%

さらに

ガラケー出荷台数(2014年)
1040万台(前年比6%増)
→7年ぶりに増加

ガラケー回帰の動きは大手キャリアでも

5月13日
NTTドコモ夏の新商品発表会

注目されたのはスマホではなく
ガラケーでした

NTTドコモ 加藤薫 社長
「ガラケーはずっと作ってくださいねという声が多い」
「そういう操作性のモノはつくっていく」

自信満々に発表した
その携帯電話を紹介してもらいました

NTTドコモ 冨田圭さん
「この2機種がこの夏発売予定」

見た目はこれまでの携帯電話と同じですが
スマートフォンに使われているアンドロイドOSが搭載されています

外側はガラケー
中身はスマホ

ガラホと言われる新ジャンルの携帯電話です

「1番のキーを押すとLINEのアプリが立ち上がる」

テンキーでLINEを操作
スマートフォンとのやりとりもスムーズ

基本使用料
FOMAと同じ月額743円~

NTTドコモ 丸山誠治 執行役員
「客のニーズしだい」
「インターネットのやり方が分からないとか」
「スマートフォンが難しいと思う客がいて」
「折りたたみの携帯電話の方が適している面がある」
「そういうものも供給していきたい」

一方ガラホを2月に発売し
一歩先を行くKDDIは新機種発表会をドコモ発表の翌日にぶつけてきました

KDDI 田中孝司 社長
「ガラホはすごい人気で上がってきたが」
「料金はスマホと同じではダメ」

ガラホ基本料金
月額5500円~→月額1798円~

と見直しました
高速通信に対応してドコモとの差別化を図ります

KDDI 小林昌宏 本部長
「先行して春商戦にガラホを投入したので」
「市場が活性化している部分はあると感じている」

ガラホの存在はメーカーにとってどんなモノなのか

富士通では
すでに新たなガラホの企画会議が行われていました

これまでのガラケーのターゲットは50代でしたが
20,30代の若手社員の意見を取り入れて若者に設けるガラホの開発を行います

国内メーカーがここまでガラホに力を入れるのは

スマートフォンの出荷台数シェア(2014年度)
アップル 56.1%

の独走状態で歯が立たないからです

ガラパゴスと揶揄されているガラケーやガラホが
国内メーカー生き残りのカギになっているのです

富士通 モバイルプロダクト統括部 林田健 統括部長
「ガラケーからスマホ移行の大きな流れがある」
「それは止まらない」
「一方でガラケーの客がいる事も事実」
「我々の培ったきた技術やノウハウをミックスして商品化した」

ガラケーやガラホはこの先どうなるのでしょうか
専門家に聞くと

ジャーナリスト 石川温さん
「日本国民すべてをスマートフォンに置き換えるのは」
「難しいと思う」
「ガラケーはしぶとく生き残っていくと思う」

日本独自のガラケーニーズ
ココを取り込む動きがますます加速していきそうです

*なんだってぇ!
麻薬より怖い!?脳毒 2 携帯電話が脳を汚染する
アマゾンで見る
楽天で検索
麻薬より怖い!?脳毒 2 携帯電話が脳を汚染する (カン・ジン・カナメの健康教室)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。