ワールドビジネスサテライト,6/30,特集,ウォルマート 岐路に立つ"小売りの巨人":ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/30,特集,ウォルマート 岐路に立つ"小売りの巨人"

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/30,特集,ウォルマート 岐路に立つ"小売りの巨人"

アメリカ・アーカンソー州
ベルトンビル

人口わずか4万人の田舎町です

ココに本社を構えるのが
ウォルマートストアーズ

世界一の小売業にもかかわらず
その本社は以外にも平屋建てのシンプルな造りです

案内されて中に入ると

ウォルマートストアーズ ニエンスーさん
「旗はウォルマートが進出している国を示している」

ウォルマート
世界27ヵ国1万1000店以上出店
2002年に西友を傘下に

しかし
天井の配管はむき出し

世界一の小売業のオフィスにしては
ちょっと質素な印象ですが

「ウォルマートは毎日安くが目標」
「そのため本社は毎日低コスト」

ウォルマートの店舗
2万u超の売り場面積
14万品目を販売

商品棚にはEvryday Low Price
毎日安くの文字が

いつでも安く商品が買える事が受け
今では週に世界で2億4500万人が利用

1962年1号店開店したウォルマート

創業者の故 サム・ウォルトン氏は
1代で世界最大の小売業を育て上げたのです

1992年3月

故 サム・ウォルトン氏
「われわれは人々の生活費を下げ」
「より良い生活を世界に提案する」

今月5日朝7時
早朝にもかかわらず長い行列ができていました

この日は年に1度の
ウォルマート株主総会

その会場に日本テレビ局として初めてカメラが入りました

世界中からやってきた従業員で
お祭り騒ぎ彼らの旅費はすべてウォルマートが負担しています

もちろん
日本の西友からも

株主と株を持たない従業員も併せて
1万4000人が参加

そこで改めて発表hされたのは

ウォルマートストアーズ チャールズホリーCFO
「去年の売り上げは90億ドル(約1.1兆円)増え」
「4820億ドル(約59兆円)になった」

60兆円に迫る過去最高の売り上げに胸を張る従業員たち
その熱狂が最高潮に達したのは

世界の歌姫マライアキャリーがゲストで登場
他にもロッドスチュワートやリッキーマーティンなど

世界のトップスターたちが盛り上げます

株主総会は従業員たちをねぎらうイベントでもあるのです

一方
開場で囲まれていたのがダグマクミロンCEO(49歳)
従業員220万人のトップです

アルバイトからCEOにまで上り詰めました

そのマクミロン氏 従業員たちに厳しい口調で語りました

ウォルマートストアーズ ダグマクミロンCEO
「インターネットと実店舗での買い物を別のモノとして語るのは止めよう」
「消費者は買い物の仕方を変えている」

それはウォルマートを取り巻く環境への危機感でした

彼らがライバルと考えているのが
ネット通販最大手アマゾン・ドットコムです

売上高ではまだウォルマートが上回っていますが
伸び率ではアマゾンが毎年15%以上になっているのに対し

ウォルマートは1桁台に止まっています

両社の戦略を研究している専門家は
ウォルマートが客を奪われていると指摘します

ストラテジックリソースグループ バートフリッキンジャー アナリスト
「消費者はウォルマートからアマゾンに急速に乗り換えている」
「10年後にアマゾンはウォルマートの売り上げを抜くだろう」
「ウォルマートは販売手法を変える必要がある」

そこでウォルマートはネットと連動した新店舗を
去年9月に立ち上げましたその名も

ウォルマートピックアップ
ネット上で決済
手数料無料

2時間後であれば好きな時間に受け取ることが出いますが
商品は宅配ではなく自分で取りに行くのです

向かったのはピックアップ専門店です

店舗の入り口でメールで届いた番号を入力
指定された駐車場に移動して待っていると店員が注文した商品を運んできました

車に乗せてくれるので店内に入らずに商品を受け取れます
野菜やアイスクリームなどすべて通常の店と同じ格で買う事ができます

ウォルマートピックアップの店員
「担当者が責任を持って鮮度の良い商品を運んでいる」

宅配ではなく受け取りに行くサービス
どんな人が使っているのでしょうか

訪ねたのはエリオットさん一家
子どもが小さくまだ手がかかるためネット通販をよく利用すると言います

アリーエリオットさん
「双子がいるので店で買い物をするときは本当に大変」

国土の広いアメリカの場合
ネット通販の宅配の場合は最短でも3日程度かかります
配送料は10ドル前後 無料の場合は1週間以上かかる事もあります

妻のアリーさんは週に1度は子供たちを連れて
町に出て商品を受け取りに行きます

銀行に立ち寄るなどほかの用事も済ませるため
苦ではないと言います

「とても便利」
「自分の都合に合わせて好きな時間に取りに行けるから」

ウォルマートピックアップ
現在の5店舗を全米に広げる計画

マクミロンCEOはウォルマートが今
大きな転換点にあると強調しました

ウォルマートストアーズ ダグマクミロンCEO
「今の時代は業態変革に加え」
「インターネットといかに融合するかが大切」
「将来の消費者を見据えた改革を進める」

ネット通販との競争が激化する中
新たな一手を打ち出したウォルマート

再び成長軌道に乗せられるのでしょうか

*日本でもうけそうだが世界的にはどうなんだろう
ウォルマートはなぜ、世界最強企業になれたのか
アマゾンで見る
楽天で検索
ウォルマートはなぜ、世界最強企業になれたのか (グローバル企業の前衛)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。