ワールドビジネスサテライト,7/3,特集,激変中国への挑戦 海を渡った日本人技術者の闘い:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/3,特集,激変中国への挑戦 海を渡った日本人技術者の闘い

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/3,特集,激変中国への挑戦 海を渡った日本人技術者の闘い

先月下旬

中国・北京
この建物である親睦会が開かれると聞いて訪ねてみました

若者たちおよそ20人が集まっています
実はこの集まり最近急成長しているある中国メーカーのファンだけの集い

それはこのスマートフォンのメーカーです
日本ではなじみの薄いロゴ 小米という企業のロゴだそうです

町に出てみると
いたるところで多くの人が小米のスマホを持っていました

特に若者に人気のようです

このスマホよく見ると
iPhoneにそっくりです

フレームのアルミ部分までとても似ています
実は部品の8割がiPhoneと同じ

しかし
この端末の値段は約3万円です

iPhone風のスマホを安く買える
だから人気を集めているのでしょうか

小米を2年前から使い始めた

趙傑陽さん(27歳)
「シャオミのスマホはソフトウエアがとても魅力的」
「iPhoneよりも実用性が高いアプリです」

毎日何度も使うというアプリを見せてくれました

「この1つのアプリだけで宅配や電話代のチェックに」
「タクシーもよく呼んだ入りしますね」

購入した時から入っているこのアプリには銀行やホテルなど
およそ20のサービスがまとまっていてそれぞれをダウンロードする必要がなく
とても便利だと言います

「シャオミはどんなメーカーよりも消費者の事を考えていると思う」

シャオミとはどんな企業なのでしょうか

北京郊外
小米本社

滅多に海外メディアの取材は受けないというのですが
今回特別に取材が認められました

入り口には
長い滑り台がありました

さらに
オフィスの目の前には犬

まるで
あまりかのベンチャー企業のようです

シャオミは2010年に設立
売上高1兆円超 販売台数世界第3位

販売はシャオミの通販サイトのみ

たった1日で211万台を売ったことがあり
ギネスにも登録されたことがあります

ユーザーの心をどうつかんでいるのか
そのヒントがこの部屋にあると言います

みなさんパソコン画面を黙々と見ています

Q.何を見ているのですか

除潔雲さん
「彼が見ているのはユーザーから送られた提案の1つ」

画面にはユーザーから送られた
アプリに航空チケットを買える機能を追加してほしいという要望の声

それに対しシャオミは
”ありがとうございます”
”今後 要望が増えれば検討します”
と回答

その他にも
迷惑電話を知らせる機能を入れてほしい

という依頼に対し
機能の追加を約束しています

ユーザーからの提案
1日 約20万件

その声を開発に生かしているのです

「我々はユーザーを単なる客として扱うのではなく」
「友達と思っている」
「ユーザーが一緒に開発してくれる」

実際ユーザーの声を生かしてこんな機能が加えられました

写真撮影の際電話がかかってくると
電話を切って写真を撮り続けるか電話に出るのか選ぶことができるのです

さらに
自撮り機能ではこんなユニークな事も

映っている人の顔に参考年齢が出てくる

ユーザーの声を反映したものを毎週1回アップデートする事で
ライバルとの違いを出しているのです

独自のスマホで成功を収めているシャオミ
創業メンバー幹部の1人話を聞くことができました

Q.中国メーカーとして見た場合どこかのものまねではなく
  オリジナルのモノを作る大切さのタイミングは増しているか

シャオミ 刘徳 副社長(41歳)
「今はターニングポイントだと思います」
「時間をかけてやっていきたい」

独自性の高い製品づくりを目指すシャオミ

実は

シャオミ
去年 家電メーカーを設立

他社にまねできない商品づくりを目指し
開発リーダーに日本人 大本雄也さんを招きました

社員8000人のうち唯一の日本人です

大本さん
家電ベンチャーの出身

2枚の羽根で自然に近い形の風をつくる
高級扇風機

水を上から注ぎ給水するという一風変わった坪型の加湿器

しかし
どんなに特長的な家電を開発しても
マーケットが小さな日本では成功を実感できずに悩んでいたと言います

研究開発リーダー 大本雄也さん
「中国の巨大な市場の中で(ベンチャーの時と)似たようなことをやるが」
「同じことをやった時にどんな結果が得られるのかという事を」
「自分自身で試してみたいというのが中国に来た1番の理由」

大本さんさらにある強い思いを持っていました

「中国のモノづくりが変わったという風になればいい」

大本さんはいま5種類ほどの家電を並行して開発しています
この日は秋に発売予定のある商品について中国人デザイナーとの打ち合わせです

徹底したこだわり
開発中のため詳細を見せられませんがかなり個性的な家電です

大本さんの強いこだわりは
部品にまで及んでいました

この日訪れたのはモーターを製造する日系企業@
国内外の主要メーカーに供給しています

大本さん既存のモーターではなく
シャオミ独自の新たなモーターをこの会社と作ろうと考えていました

実は
メーカーの担当者が部品を1から開発していく事は
稀なことだと言います

山本裕之 工場長
「(大本さんは)より良きものを追求するので勉強になる」

一方
刘副社長はどのメーカーもやっていないモノづくりを大本さんに託しています

シャオミ 刘徳 副社長
「従来の家電よりも高品質で創意工夫があり」
「常識を超えた斬新な製品を大本さんに作ってもらいたい」

研究開発リーダー 大本雄也さん
「日本人のプライドがあるので」
「あいつは違うなと思ってもらえるように」
「会社に貢献したい」

変わり始めた中国企業の中で
1人の日本人が新しいモノづくりへの挑戦を始めています

*今回の取材では映像しか出なかった・・・
中国のスティーブ・ジョブズと呼ばれる男: 雷軍(レイ・ジュン)伝
アマゾンで見る
楽天で検索
中国のスティーブ・ジョブズと呼ばれる男: 雷軍(レイ・ジュン)伝


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。