ワールドビジネスサテライト,7/13,特集,躍進する新興ブランド米:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/13,特集,躍進する新興ブランド米

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/13,特集,躍進する新興ブランド米

いま日本各地の食品売り場である異変が

新潟産こしひかり(5Kg)
2014年 2580円 → 今年 2280円

秋田産あきたこまち(5Kg)
2014年 1980円 → 1680円

と安くなっています

丸正飯塚 仙川店
米の価格が平均1割下落

仁後憲明 副店長
「毎年新米の価格は変わることがあるが」
「ここまで大きいのは珍しい」

きっかけは

全農
米の買取り価格を大幅に引き下げ

全農の決定の背景にあるとみられるのは消費者のコメ離れ
豊作もあり全国的に米が余っているのです

関東圏にコメを卸している

東京・東村山市
ニューノザワフーズ

倉庫には全国から集められた米が置かれています

ニューノザワフーズ 小川努 社長
「例年と比べて1割以上在庫が多いのが現状」
「供給過剰というか米が余っている」

ニューノザワフーズ
米の卸値が去年より15~20%下落

値崩れしていない米があると言います

「つや姫ですね新潟産こしひかりよりも高い」
「各産地で消費者が買ってくれるいい米を作る競争が始まっている」
「新しい品種がブランド力の高いコメの市場に食い込んでいる」

東京都内の小売店
つや姫 (5Kg) 2720円
新潟産こしひかり(5Kg)2550円

つや姫はなぜ高く売れるのでしょうか

山形・鮭川村

つや姫を育てて5年の

農家 八鍬修一さん
「厳しいコメの状況で喜んで買ってもらえる」
「つや姫があるのはうれしい」

つや姫
山形県の農業試験場で開発

およそ10年の開発期間を経て
2010年販売開始

農薬と化学肥料の使用を半分以下に抑えた
特別栽培米

「使う農薬の数が限られるので病害虫に弱いし」
「雑草も出やすい」

害虫が発生しやすいので田んぼの周りの草を頻繁に刈る必要があります
化学肥料も減らすため栄養が豊富な土づくりも求められます

作業量は2倍以上
年収は数十万円増加

「売れなければ収入につながらない」
「喜んで買ってもらうコメを作るのが」
「経営者としての当然の選択」

つや姫は品質維持のため
県が定める最適地と適地で栽培が許可されます

出荷前にはコメに含まれるたんぱく質の量を検査
たんぱく質が多いとボソボソとした食感になるので

たんぱく質が7.5%以下のコメだけが
つや姫として販売することを許可されます

見学に来たのは
静岡県のコメ小売業者たち今年のつや姫の出来を見にやってきたのです

つや姫の中でも八鍬さんたちが作っている鮭川産のつや姫は
特に人気があると言います

三浦商店 三浦寛 社長
「つや姫はここ数年ではなかなかいい商品」
「一度食べた客が次も買うリピート率が高い」

つや姫は徹底した品質管理で
全国的にリピーターを獲得したのです

さらに

山形県
東京・名古屋・大阪などでつや姫のPR活動

山形県 県産米ブランド推進室 後藤克典さん
「つや姫のおいしさを知ってもらう」
「一度食べないと分からない」

山形県
年間約300件のイベントで
つや姫4万食分を無料配布

山形県庁
県産米ブランド推進課


はつや姫のPRのために
年間で億単位の予算を投じている言います

「通常 農作物のPRは山形県の予算では」
「数百万円とか1000~2000万円が限度」
「その中でつや姫は0が一個多い」
「産地間の競争があるので名前が通ったコメじゃないと買わない」

さらにつや姫のブランド化のため
山形県はある人に助言を求めました

広告会社の元副社長

出羽庄内地域デザイン 大島文雄 会長
「(県の担当者は)とてもいい米ができたと」
「どこにも負けない日本一のコメだと思うので」
「成功させたいと言った」

大島さんがまずアドバイスしたのがコメの名前について
アンケートをとった結果山形97号がトップに

しかし
大島さんは

「買うのは女性だから女性がどう反応しているのかと」

女性票のみを再度集計したことろ
トップはつや姫だったため県も推奨したのです

ロゴのデザインも有名なデザイナーに依頼
新米が市場に出回る10月に東京・名古屋・大阪などでテレビCM放映

「いい製品を作るだけじゃダメで」
「おいしさを丁寧に伝える」

ブランド米をそろえることで人気の

東京・新宿区
ごはん専門店”田んぼ”

つや姫を提供してます

初めてつや姫を食べた客は

客1
「おいしいです」
「コメが甘い感じがする」

客2
「新潟の人間なので米にはうるさい」
「おかわりをした」

田んぼ 岡野真吾 社長
「うまいコメは日本中たくさんある」
「うまいご飯を炊いていれば絶対客はついてくる」

コメ価格の急落で激しさを増すブランド米競争
コメの需要を増やすことはできるのでしょうか

*宮城県産はかなり安いね
【精米】宮城県産 無洗米 つや姫 5kg 平成26年産
アマゾンで見る
楽天で検索
【精米】宮城県産 無洗米 つや姫 5kg 平成26年産


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。