ワールドビジネスサテライト,7/31,特集,治る最前線,第49回,一気に治す!抹消動脈疾患の最新治療:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/31,特集,治る最前線,第49回,一気に治す!抹消動脈疾患の最新治療

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/31,特集,治る最前線,第49回,一気に治す!抹消動脈疾患の最新治療

兵庫・尼崎市
関西労災病院

70代の女性患者
今年の初めにできた足の傷が治らず

他の病院では足を切断する必要があると診断された

足にできた小さな傷が可能して
壊死が始まっている

患者の足のレントゲン画像
血管が途切れて見えるほど細くなっている

患者の病は
抹消動脈疾患だ

抹消動脈疾患は足に起こる動脈硬化
血液の中に含まれるコレステロールなどが血管の中に徐々にたまっていく事で
血管が狭くなり血流が悪くなる

ひどくなると血管が塞がり
血流が止まってしまう

血流がなくなり壊死が進むと
足の切断に至る

神経も侵され痛みを感じない場合も多いという

患者1
「傷が大きくなるのを見ているだけで」
「全然痛みはない」

主な原因は糖尿病や高血圧などの生活習慣病
喫煙も原因の1つといわれている

抹消動脈疾患の患者数
100万人以上(推計)

関西労災病院 循環器内科 飯田修 医師
「足の動脈硬化があるのはかなり動脈硬化が進んでいる証拠なので」
「足に動脈硬化がある人は他の血管にもある」
「抹消動脈疾患の患者の50%が狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患」
「30%が脳血管疾患を合併すると言われている」

先ほどの患者は最新の治療を受けることになった
医師が細長い器具を取り出した

この先端部分に秘密がある

今年6月に保険適用になったロングバルーン
先端に長さ30cmのバルーンが付いている

中に水を入れる事によって
バルーンが膨らむようになっている

これまでのバルーンより10cmほど長く
治療効果が向上した

治療が始まる

先ほどのロングバルーンを患者の足の付け根から入れて
足の動脈を通す

患者の足のレントゲン画像
矢印の部分まで閉じたバルーンが入っている

今回の治療は
バルーンカテーテル治療と呼ばれる

塞がった動脈にバルーンを通して中で膨らませ血流を再開させる
長いバルーンを使うことで膝から下を一気に治療できる

これまで短いバルーンを何回も使っていた
広範囲の治療が1回で済む

治療が始まって15分

バルーンに水が入った
直径は2.5mm

足首まで血管が一気に膨らんだ

ひざ下のレントゲン画像
左側の治療前は血管が狭い場所がいくつもあったが

治療後はなくなっている
2~3ヵ月ほど経過を見る必要があるが患者は足の切断を免れた

治療はおよそ30分

治療費※バルーン1本の場合
約10万5000円(保険適用3割負担)

関西労災病院 循環器内科 飯田修 医師
「より長い血管病変を合併する人が多くなっている」
「広げる時は患者は痛いのでそういう意味でも」
「ロングバルーンの役割は大きい」

進行した患者への新たな治療法も登場している

福岡・北九州市
小倉記念病院

80代の女性患者
1年前から足の痛みがひどくなり歩けない状態が続いている

患者は幸い壊死はしていないが
血流が少ないため指が黒ずんでいる

患者2
「しびれる指の先まで」
「痛みがきたら目が覚めて寝られない」

治療が始まった

今回の治療に使うのも先ほどの治療と同じような細長い器具
こちらの先端部分にもある秘密が

先端にステントと呼ばれる
筒状の金属が入っている

ステント治療と呼ばれるこの治療法
狭くなった血管の中でステントを広げそのまま血管の中に残す

バルーンより強い力で広げることができる
しかし血管がステントに反応すると細胞が傷を修復するために増殖し

また血管が塞がることも多い
そこで今回使うのが

薬剤ステント

細胞の増殖を抑える薬が
数日かけて染み出し血管が再び塞がるのを防ぐ

医師が薬剤ステントが入った管を
患者の足の付け根から入れていく

ステントを覆っていたカバーを外すと
ステントがきれいに開いていく

直径6o長さ10cmのステントが患者の体の中に固定された

左が治療前
右が治療後の太ももの血管だ

血流が回復しているのが分かる

治療から1週間
患者はリハビリを始めていた

治療費※薬剤ステント2本の場合
約30万5000円(保険適用3割負担)

薬剤ステント
通常のステントと比べて再発が2割減

小倉記念病院 循環器内科 曽我芳光 医師
「再狭窄を起こす人は繰り返し起こす」
「繰り返し治療を受けるのは患者にとって苦痛の1つ」
「再狭窄を減らす努力の1つとして」
「薬を塗るというのはいま期待されている技術の1つ」

患者が増えている抹消動脈疾患
体の負担が少なく確実に直すための治療法が進化を続けている

*血管は大事だね
内皮細胞が活性化する食習慣で一生切れない、詰まらない
「強い血管」をつくる本
アマゾンで見る
楽天で検索
内皮細胞が活性化する食習慣で一生切れない、詰まらない「強い血管」をつくる本


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。