ワールドビジネスサテライト,8/5,ロングセラー研究所,CACE-9,ハイマッキー:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,8/5,ロングセラー研究所,CACE-9,ハイマッキー

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,8/5,ロングセラー研究所,CACE-9,ハイマッキー

東京・新宿区
ゼブラ本社

創業者 石川徳松 氏
1897年(明治30年)創業 初の国産ペン先メーカー

やがて

国内初 黒インクのボールペンがヒット
国内初 3色ボールペンを開発

そんなゼブラが狙っていたのが

高度成長期それまでモノを運ぶのに使われてきた
木箱が段ボールに代わり

何にでもすぐ書ける油性マーカーの市場が拡大したのだ

しかし
そこには巨大な壁が立ちふさがっていた

ゼブラ 村上多俊さん(当時の営業マン)
「寺西化学のマジックが市場で強かった」
「後から参入するのが難しかった」

1953年から発売
寺西化学工業 マジックインキ

が市場を独占していた
そしてゼブラは

1976年 ゼブラがはいマッキー発売

分析1
ライバルに対抗するため太字と細字を1本化

実は

1975年 太字と細字の蛍光ペンがヒット

そのアイデアを投入したのだ
さらに

分析2
太字と細字の兼用が一目で分かる形を考案

ところが満を持して開発した商品を
文房具店が店に置いてくれなかったのだ

全国4万店をローラー作戦で回る
営業マンたちに予想外の苦戦が

「マッキーを置いてもらうのは難しかった」
「油性ペンは(寺西化学の)マジックがある」
「おたくはボールペンでいいじゃないか」
「ほとんど断られた」

しかし
80年代に入ると文房具店に代わりコンビニが台頭

太字と細字を兼ねるペンは
1ヵ所のスペースで販売できる

コンビニから歓迎され販売を伸ばしていった

ゼブラ ハイマッキー 12色セット MC12C
アマゾンで見る
楽天で検索
ゼブラ ハイマッキー 12色セット MC12C
今やはいマッキーのカラーは12色

消費者からの要望を受けて去年
ゼブラ 水性マーカー 水拭きで消せるマッキー P-WYT17-BK 黒
アマゾンで見る
ゼブラ 水性マーカー 水拭きで消せるマッキー P-WYT17-BK 黒
を発売

ゼブラ 野木工場 柏木春佳 工場長
「100年それ以上」
「この製品をさらに良いものにして」
「伸ばし続けていきたい我が社のシンボル」

今後は海外への販売を伸ばし
世界のはいマッキーを目指す



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。