ワールドビジネスサテライト,8/24,特集,地域の"弱み"を観光資源に:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,8/24,特集,地域の"弱み"を観光資源に

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,8/24,特集,地域の"弱み"を観光資源に

岐阜市
柳ヶ瀬商店街

その一角に続々と櫃が集まってきました
この日は30分待ち

お目当ては

岐阜柳ヶ瀬お化け屋敷
恐怖の細道〜夕暮れの帰り道〜 ※来月23日まで開催

年間2万人が訪れる人気スポットです

しかし
なぜ商店街でお化け屋敷なのでしょうか

柳ヶ瀬お化け屋敷製作委員会 やながもん 吉村輝昭 代表
「世代にかかわらずいろいろな人が溢れていた」

こう語るのは地元柳ヶ瀬出身の吉村さん
お化け屋敷の仕掛け人の1人です

中部地方有数の商店街と言われた柳ヶ瀬
かつては多くの買い物客で賑わっていました

しかし
90年代ごろから空き店舗が目立つようになり
いわゆるシャッター商店街に

「シャッター街というよりゴーストタウンのような状態になった」
「この街に賑わいに何か一石を投じ続けたいと思った」

目を付けたのは空き店舗となっていた
築45年のこのスペース

建物の古さを生かした
お化け屋敷を考案したのです

部隊は昭和の柳ヶ瀬
レトロな空間に潜む恐怖を表現するために活用したのが

実際の空き店舗に残されていたちょっと懐かしいゲーム機
撤退した地元の病院で使っていたベッドなど

このお化け屋敷は2012年から実験的に開始

商店街に少しずつ活気が戻り店舗数も再び増え始めたため
今年から本格展開を始めました

「新しい価値を生む商店街になって」
「新しい参入者を求める」

地元の悩みのタネだったシャッター商店街が
新たな価値を生むようになりました

群馬・みなかみ町
ココでは廃れたしまった2つの場所

国道と駅が
有名な観光スポットになぜでしょうか

国道291号
かつては群馬と新潟を結ぶ
物流の大動脈としてにぎわう

他の交通網の発達と共に廃れました

さらに
道幅の狭さからほとんど使われない国道になったのです

みなかみ町 観光課 澤浦厚子さん
「自然を皆さんに見てもらいたいし歩いてもらいたい」

実は長い間使われなかったため
手つかずの自然が残される結果に

さらに

「ここへ上がると一ノ倉沢の岸壁が見えるので」
「感動してもらえる(歩く方が)達成感もある」

国道291号
環境保護のため交通規制
(谷川岳登山指導センター下〜一ノ倉沢出合)

今では

ハイキング客
年間 約4万人

もう1つ
みなかみ町で廃れていた場所が

土合駅
日本一のモグラ駅と書かれていますが

中に入ると一直線に続く長い長い階段がありました
462段 地上との高低差は70m以上

その先には
下り列車のホームがありました

実は60年代複線化をするにあたり
周囲が山だったため深いトンネルの中にホーム設置

登山客にとってはかなり厄介な場所でもあります

登山客
「(上り線下り線を)間違えて下りてしまった」
「いいトレーニングになりました」

50年代の登山ブームの頃には
土合駅は多くの客で賑わいましたが

その後
利用客は減少

今では電車は上り下り各5本しか走っていません

ところが今は車がズラリ
この駅を一目見ようと多くの観光客が車で訪れるようになったのです

一時廃れてしまった場所が
人気スポットになった事について町の担当者は

「外からの客にとっては珍しいと感じるモノがたくさんある」
「そこに気づいていないのが一番の問題」
「もっと活用しなくてはいけない」

兵庫・丹波市
が注目したのは

ゴミ処理施設です

丹波市クリーンセンター
市内6つの処理施設を統合
今年4月運転開始

近隣住民の反対で建設地変更も
運転開始までは紆余曲折が

市民にとってあまり良い印象がない場所です

施設の中に入ると子供たちがいました
やっていたのは紙すき体験

使っているのはゴミとして回収された
牛乳紙パックです

ココでは廃棄物を再利用する
体験教室を行っています

廃材を再利用した額縁や看板
そして空き瓶を使った花瓶作りも

ゆめの樹 野上野 柳川拓三 専務
「いかに活用していけるかこの地域しかない強みとして」
「真似されない強みとして展開していきたい」

現在対象は地元の住民だけですが今後は
観光客の利用も検討中

ゴミ処理施設を観光資源に
その目玉として考えているのが

「再生した自転車を使って」
「この辺りをサイクリングしてもらうとか」
「いろいろな資源をうまく合わせて観光に結び付ける」

廃棄自転車を修理してレンタサイクル
周辺に残る豊かな自然をサイクリングで楽しんでもらおうと考えています

「負の財産も考え方を改めれば」
「それをプラスに転じていける」

地域の弱みを観光資源い替える取り組み
地方が元気を取り戻すための1つのヒントになりそうです

*今なら結構うけるんじゃ?
バブル廃墟
アマゾンで見る
バブル廃墟


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。