ワールドビジネスサテライト,9/3,LCC"異端児"日本での挑戦:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/3,LCC"異端児"日本での挑戦

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/3,LCC"異端児"日本での挑戦

成田空港である記者会見が開かれました

現れたのはシンガポール航空のグループ会社
LCCスクートの幹部です

スクート スティーブングリーンウェイ営業本部長
「スクーとは全路線を787型航空機で運行する」
「LCC初の航空会社となった」
「LCCの概念を変えていく」

スクート
シンガポールを拠点に成田や関西国際空港・シドニーなど
15の都市に就航

15の路線を全てボーイング787型機に
→格安航空会社初

787型機
最新鋭の中型旅客機
燃費が向上→長距離運行が可能
騒音が軽減・湿度管理で乾燥を防ぐ

世界中の航空会社が導入を進めています

スクートの787型機
座席数 375席に抑えゆったりとした広さをアピール

今後はこの新しい機体で

成田〜台北(台湾)〜シンガポール
約9時間

2012年
ピーチアビエーション就航開始

など

国内大手航空会社系LCCが誕生して4年目
ここにきて国内のLCCのみならず外資も相次いで参入し

日本を拠点とした路線が
続々と増えています

路線の多くは中国や台湾など
片道3時間程度の短距離路線です

短距離であれば機体を効率的に
1日に何度も使用することができるため

LCCの強みを発揮しやすいと言われています

しかし
スクートはあえて中長距離路線のマーケットに参入しました

「今の大きなトレンドはより遠くへ」
「ということになってきている」
「数年すればLCCで14時間移動することに多くの人が抵抗なくなるだろう」
「消費者はLCCに慣れ短期間のうちにより長く遠くへ」
「LCCで飛行することを求めるようになるだろう」

こうしたスクートの戦略の背景には
LCCの競争の激化が背景にあると専門家は指摘します

慶応義塾大学 中条潮 教授
「実は長距離のLCCの大部分が失敗している」
「既存のLCCのマーケットが飽和状態で競争も大変になったので」
「新しいところに出てタブーに挑戦し」
「新機軸を開こうとしている」

Q.機体をボーイング787型機に揃える狙い

「新鋭機体を使いLCCといえども」
「安かろうというイメージを与えない意図がある」

スクートの挑戦は成功するのか
実は

スクート
2012年の日本市場に参入以来
80%以上の搭乗率を維持

さらに
新たな路線開設に向け準備を進めていることを
WBSの取材で初めて明らかにしました

スクート スティーブングリーンウェイ営業本部長
「私たちは札幌路線の開設を考えている」
「すでに地元自治体や空港と話は進めている」

安さばかりが注目されてきた日本のLCCマーケット
いま新たな競争が始まろうとしています

*まぁ
危ういハイテク機とLCCの真実
アマゾンで見る
楽天で検索
危ういハイテク機とLCCの真実


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。