ワールドビジネスサテライト,9/10,紀伊国屋が9割買い占め!?:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/10,紀伊国屋が9割買い占め!?

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/10,紀伊国屋が9割買い占め!?

きょう

東京・新宿区
紀伊国屋書店新宿本店

村上春樹さんの新作
職業としての小説家 (Switch library)
アマゾンで見る
楽天で検索
職業としての小説家 (Switch library)
初の自伝的エッセイ集

小説を書く現場や文学賞についても書かれた注目作

この本
紀伊国屋が初版10万部のうち9万部を買い取り

紀伊国屋書店 新宿本店 西根徹 本店長
「文学書の売り場だけではなく12の本の売り場で展開している」
「この展開は例がない」

異例の態勢で販売に力を入れます

紀伊国屋が9割を買い占めたので
他のライバル書店では買えないと思いきや

東京・千代田区
三省堂書店神保町本店

村上さんの本が多く並んでいました

関根昭二 店長
「紀伊国屋から仕入れている」

出版社が作った本は通常
日販やトーハンといった取次という卸業者が仲介し
全国の書店に並びます

今回は紀伊国屋が自分たちが売る分以外を
他の書店や取次にも販売し

従来の取次のポジションに入った形になっています

紀伊国屋書店 新宿本店 西根徹 本店長
「販売意欲のある本屋さんにしっかりと流す取り組み」

確実に売れる村上春樹さんの本を
街の書店に広く行きわたらせたいと言います

アマゾンなどネット書店の台頭に
街の書店は押されているためです

ネット書店に対抗と発表にも書かれていますが

Q.アマゾンにも売っていますね

「あしたお届けとなっている」

Q.直接アマゾンに売るのか

「そこは私には答えられない」

ネット書店を締め出す形なっているわけでもなさそう
本当の狙いはどこにあるのでしょうか

専門家は裏の狙いがあると指摘します

日本出版学会 木下修 理事
「ずばり取次店外し」
「取次店から調達するのが一般的だが今回それを変えた」

出版の流通は出版社(約70%著者の取り分を含む)
取次店(約10%)そして書店(約20%)

今回紀伊国屋は出版社と直接取引を行うことで
取次店の利益を出版社と書店で分け合えることになるのです

「直接引のとき取次店を外した場合はマージン率が高くなる」

今回
紀伊国屋は出版社と直接取引をしながらも
取次店にも流通させています

ただ
これは将来的な中抜きを見据えての戦略なのでしょうか

Q.取次店外しではないか

紀伊国屋書店 新宿本店 西根徹 本店長
「ん・・・先ほどのこれどこまで言っていいんでしょうねぇ」

答えに窮する紀伊国屋の店長
また今回の紀伊国屋の取り組みについて

日販・トーハン
”特にコメントすることはありません”
と取材を拒否

日本出版学会 木下修 理事
「直取引を公然ということは書店としてはタブーに近い」
「紀伊国屋の社長はそういう言葉を使っているから」
「これからもやるのではないか」

実は取次店外しは他の出版社でも進んでいます

アマゾン
4月からカドカワから取次店を通さず仕入れ

「直取引の取り組みは次々起きてシェアを占めるようになれば」
「出版刘つの変革・構造転換になる」

これまでの本の流通を覆す可能性がある
紀伊国屋の取り組み

町の本屋はどうとらえているのか

東京・渋谷区
幸福書房

20坪しかない小さな町の本屋です
きょう出版された村上さんの新作はここにも並べられていました

書店経営 岩楯幸雄さん
「とてもうれしい紀伊国屋ありがとうと言いたい」

今回村上さんの新刊は紀伊国屋から仕入れたため

買い切り方式
返本ができないが注文した冊数が来る
→注文通り30冊を入荷

この本屋は普段 取次店経由で本を仕入れていますが
人気作家の本などは希望通りの数を手に入れられなかったと言います

「ここに並んでいる本は本当は10部欲しかったが」
「当日にならないとこの本が何冊配本(入荷)されるのか分からない」

取次店は販売力のある大手の書店を優先し
街の本屋は後回しにしていたのです

「この新刊がいっぱい入れば売り損じがなかったのにと毎日悩む」
「(入荷まで)1週間から10日かかるから売れ損じがあるだろうし」

Q.欲しいときに本が入らないのはよくある

「35年間ずっとそう」

今回の書店の取り分は24%
取次店経由の取引よりも店の取り分は数%多いと言います

岩楯さんは今回の
紀伊国屋のような動きが広がることを期待しています

「買い切りで満数(注文分すべて)出荷するシステムが定着すればうれしい」

出版業界に大きな衝撃を与えた紀伊国屋の取り組み

これまで巨大な取次店のもと
横並び意識が強かった街の本屋にも変革の波が訪れるかもしれません




Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。