ワールドビジネスサテライト,9/28,特集,中国の"日本食市場"で新たな挑戦:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/28,特集,中国の"日本食市場"で新たな挑戦

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/28,特集,中国の"日本食市場"で新たな挑戦

今年5月にオープンした日本食チェーン

中国上海
大戸屋 孫遵義路店

中は連日この賑わい
客の約9割が中国人

人気の理由はこちら
日本でおなじみの定食

客1
「ここの定食はいろいろなものが入っていて」
「何でもあるの」

客2
「栄養バランスがいいねコメもおいしいよ」

これまで中国で和食といえば
寿司や天ぷらなど高級なモノが主流でしたが

いま日本の庶民派のモノがブームに

焼きサバ定食
約1300円(68元)

決して安くありませんが野菜の小鉢などが付いた
栄養バランスの良さが中国の人々に受けているのです

特に人気があるのは
お子様ランチ

大戸屋 上海営業部 長縄敦 部長
「(お子様ランチが)週末はトップメニューになる」
「50~60食お子様ランチが出る」

店内で目立つのは栄養バランスに気を使う
子ども連れの姿

こうしたニーズの高まりに

大戸屋
中国全土で500店舗を目指す

「(市場が)ようやくこれから成長していく段階」
「日本人が健康である理由の家庭食を提供することで」
「中国で成長する余地がある」

日本の定食を武器に新たな市場に乗り込もうとしているのが
大手商社 三井物産の田中さん

8月31日
北京市

に赴任したばかり

真っ先に向かったのがビジネスパートナーとなる
中国企業 健力源です

さっそく日本から持ってきたお土産を渡します

三井物産 田中さん
「着任にあたってコメを買ってきた」

オーナーはこちらの夫婦
実は社員食堂などを手掛ける大手給食業者です

三井物産
7月 健力源に出資
中国の社員食堂事業に参入

田中さんはその事業の責任者として
中国に派遣されたのです

給食会社 健力源 蓋淑娥 財務部長
「(我々も)日本のコメを使いたいわ」

三井物産 田中亘さん
「給食で使うと高くなってしまう」

三井物産
日本国内で関連会社を通じ
約3700の社食などを運営

中国社食→外部に委託する企業急増

中国給食市場(中国料理協会調べ)
2014年 約13兆円
2015年 約25兆円(予想)

三井物産では日本でのノウハウを生かし
この巨大市場を狙おうとしています

一方
健力源側の狙いは

給食会社 健力源 蓋淑娥 財務部長
「日本の食を取り入れることで我々の食堂の価値が上がる」

日本企業と組めば社員食堂の品質アップや
差別化を図れると考えているようです

三井物産 田中亘さん
「チャレンジングだとは思うが」
「自分の経験や知識を発揮し」
「この2人と一緒に成功したい」

今月中旬
田中さんは中国の社員食堂の現状を把握するため
青島市を訪れました

ココに本拠地を置くのが中国の家電最大手
ハイアール

三井物産のパートナー企業
健力源が社員食堂を運営

1日2万食以上提供する社食
作業の様子を見てみると

企業側から野菜を切るサイズなど
実に細かい注文が

さらに
作業場には監視カメラまで

想像以上に厳しい管理体制です

こちらの部屋では
残留農薬の検査まで行われていました

なぜ企業側はここまで厳しく
社食の内情を管理するのでしょうか

実は
中国では従業員は住み込みで働き
一日のほぼ全ての食事を社食でとるケースが少なくありません

そのため
社食の質を高める事が会社への満足度を高める事になるのです

中国製造業
離職率30%以上

優秀な人材を安定的に確保するためには
社員食堂で胃袋を掴むことが極めて重要なのです

ハイアール 除士棟 生活マネージャー
「優秀な人材がいてこそ優秀な製品が作れる」
「ここまでやれば人材を引き留める自信がある」

質の高い社食を求め始めた中国企業
田中さんはメニュー開発のため

北京市
の卸業者を訪ねました

実は中国大手IT企業から
新たに作る社食の運営を任されたのです

倉庫の中には様々な和食の食材が
しかし従業員が調理方法をマスターするのは難しそうです

三井物産 田中亘さん
「加工・冷凍されていて給食の現場ですぐに出せるようなモノは?」

あるモノを見つけました

「これは日本のメーカー?」

卸業者
「加ト吉です」

日本の冷凍うどん
これなら調理も簡単です

さっそく試食

三井物産 田中亘さん
「日本のうどんと同じでコシがあって」
「おいしいです」

これから社食の定食メニュー作りに取り掛かります

1週間後
田中さんのオフィスを訪ねました

打ち合わせの席にいたのは日本のお酢メーカーミツカンの担当者
今後お寿司も社食の定食に加えられないか検討していたのです

田中さんが考えた社食のメニューは

「3種類をメーンに考えていて」
「月曜日なら牛すき焼き煮セットが定食」

中国で調達できる食材を使った

定食メニュー
日替わり料理+小鉢+ご飯+味噌汁

田中さんは日本の定食を
中国での定番メニューにしたいと考えています

「(日本で)コメ中心のメニューに」
「イタリアン・洋食が入ってきた流れを考えると」
「中国でも日本の定食が1つの選択肢になってもおかしくない」

中国の許田市場に挑む
日本の庶民派定食

定番メニューを目指して本格的な戦いが始まります

*やることが幅広いですね
三井物産の会社研究 2016年度版
JOB HUNTING BOOK
アマゾンで見る
楽天で検索
三井物産の会社研究 2016年度版―JOB HUNTING BOOK (会社別就職試験対策シリーズ)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。