ワールドビジネスサテライト,10/9,VWとの攻防 米国不正を暴いた執念の調査:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/9,VWとの攻防 米国不正を暴いた執念の調査

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/9,VWとの攻防 米国不正を暴いた執念の調査

アメリカ・ロサンゼルス
カリフォルニア州大気資源局

フォルクスワーゲンの不正を暴いた実験施設です

テストを受けているのは車だけではありません
芝刈り機やバギーなどアメリカ中のあらゆるエンジンが試験を受けています

試験の対象になるエンジンの数
年間約400種類

その経験とノウハウを生かし
不正の動かぬ証拠をつかんだのです

担当者がVWとの攻防の内幕を明かしてくれました

大気資源局 スタンリーヤング氏
「14年にウエストバージニア大学と研究した」
「VW車は一般道や高速を走っている時に」
「排ガスレベルが非常に高いと分かった」

排ガス検査のデータと明らかに食い違った実験結果

大気資源局
25人のチームでVW車を集中的に調査

攻防1
14年春 資源局がVW側に実験結果への説明求める

すると

「VW側はデータの取り方も結果も」
「間違っていると主張してきた」

攻防2
VWが実験結果を否定
話し合いの場で抵抗

攻防3
14年秋VWがディーゼルエンジンのリコールへ

ところが

「リコールした車もまた基準を大きく超える」
「窒素酸化物(NOx)の排出量があった」
「VWにリコールで解決できていない」
「何が起きているのか聞くと再び抵抗してきた」

不信感をおぼえた調査チームは

攻防4
独自の実験方法で不思議な信号の存在に気づく

そして
その正体を突き止めるためにあるワナを仕掛けたのです

「車に外を走っていると信じ込ませる仕掛けを」
「実験装置に仕込んだ」
「車は非常に多くの排気ガスを出し始めた」
「実験場の中にいるにもかかわらず」

この実験結果を突きつけられて
ようやく

攻防5
9月3日 VW側が不正装置の存在認める

「車に一般道を走っていると信じ込ませる」
「この特殊なテストをこれからも使います」

カナダやEUなどから
ノウハウ共有の問い合わせが相次いでいると言います

*現実は厳しい?
週刊ニューズウィーク日本版
「特集:「模範国家」ドイツの現実」〈2015年 10/13号〉 [雑誌]
アマゾンで見る
楽天で検索
週刊ニューズウィーク日本版 「特集:「模範国家」ドイツの現実」〈2015年 10/13号〉 [雑誌]


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。