ワールドビジネスサテライト,10/19,特集,"トイレットペーパー価格"に異変:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/19,特集,"トイレットペーパー価格"に異変

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/19,特集,"トイレットペーパー価格"に異変

東京・品川区
戸越銀座商店街

買い物客で賑わう商店街
今ある商品に異変が起きています

それがトイレットペーパー
売れ筋は再生紙を使った200円前後のモノ

店頭に並ぶおよそ7割が古紙を使った
再生紙のトイレットペーパーです

しかし

買い物客1
「そんなにない特売自体が」

買い物客2
「トイレットペーパーは特売している気がしない」

店頭で目に付いたのはパルプを使った
300円台のモノこちらは400円台

以前は特売の目玉商品として
店頭に並んでいたトイレットペーパー

しかし
いまその特売が減っているのです

いったいなぜか店に聞いてみると

Q.トイレットペーパーの特売は

キタハマ薬品 西田晋兵さん
「少なくなってきている」
「値段が上がっているので」

再生紙トイレットペーパーの価格
5月以降↑8%

値上げの背景を探るためある古紙業者

埼玉・越谷市
大久保 武里古紙備蓄センター

を訪ねました
再生紙トイレットペーパーの
原材料となるのは各地で回収された古紙です

ココでは古紙を1トン単位で圧縮
製紙メーカーなどに出荷する在庫が積み上げられていました

しかし
ある問題が

Q.古紙の在庫状況は

大久保 大久保信隆 社長
「3日分」
「3日分ではその日ぐらし」

倉庫の奥の方にはかなり空いたスペースがありました

「もっと多い時には向こうまで荷物が入った」
「だけど今は少ない状態」

実はいま古紙が不足しているのです

去年の全国の古紙回収量は2174万トンと
ピークに比べて1割近く減少

背景にあるのはオフィスのペーパーレス化や
電子書籍の普及などによる紙離れ

つまり古紙そのものが出難くなっているのです

理由はそれだけではありません
取材中突然巨大なコンテナ車が入ってきました

古紙を大量に積み込んでいきます

Q.これはどこへ行く

「ベトナムです」
「価格面では海外の方が高い」
「だから高いところに流れる」

円安で古紙業者は国内で販売するより
輸出した方が得なのです

古紙価格
輸出 約1万9000円/トン
→国内より2000円~3000円高い

「国内に回る古紙が少なくなるから足りない」
「製紙メーカーの収益性に少し陰りが出る」

ペーパーレス化に円安が追い打ちをかけ
国内に出回る古紙が不足

製紙メーカー
原材料不足で値上げへ

静岡・富士市

富士山から流れる豊富な水資源を利用した
製紙業が盛んな地域です

製紙メーカーは
古紙不足にどう対応しているのか

創業およそ80年の

特種東海エコロジー
トイレットペーパーを約3000トン/月生産

望月毅 常務
「114ミリ幅のトイレットペーパーが24ロール作れる機械」

トイレットペーパー
通常1本から24ロール生産

しかし
最近コスト削減のためある工夫を始めました

「紙幅を狭くして25〜26ロール取れる工夫をしている」

トイレットペーパーの幅を一般的な114ミリから
110ミリや105ミリに短くした商品を生産

105ミリの場合
→1ロールで2円のコスト削減

社内の一角にはペーパーホルダーが並んでいました
主なメーカーの13種類

実は幅の狭いトイレットペーパーを作るたびに
ホルダーから落ちずに使うことができるのか

ここで何度もチェックをして製品化しているのです

そして
もう1つ古紙不足対策が

「以前はああいうモノはなるべく受け取らなかった」
「黒い紙は汚れみたいに溶けずに残る可能性が高い」
「古紙の戦場技術を上げないと使えない」

着色や表面加工が多い
紙袋・チラシなども積極的に受け入れるようにしました

そのため古紙の洗浄設備の強化

しかし
古紙不足によるコスト上昇は今後も続くとみています

「生活必需品なので役に立てる商品を安く提供したいが」
「企業も生き残らないといけない」
「日本は資源が少ない国なので」
「大事な資源として考えてほしい」

古紙は大切な資源
新たな取り組みも始まっています

東京・日の出町
イオンモール日の出

の一角に去年設置されたのは
古紙のリサイクルボックス

回収対象の表示を見ると
新聞・雑誌のほかに雑紙と書かれています

そこには
菓子箱やトイレットペーパーの芯も

こちらの女性が持ってきたのは

女性
「これはつくの箱」
「今までゴミに出していたがここを友達に教えてもらった」

ココでは地域の資源回収では引き取ってもらえない紙も
回収しているのです

さらに
古紙1キログラム=1ポイント

500ポイントで500円分の商品券に交換できるため
客が積極的に古紙を持ってきてくれるのです

このボックスの設置を進めるのが
紙の専門商社 国際紙パルプ商事です

国際紙パルプ商事 甲斐昭二 執行役員
「まだまだ新聞・雑誌以外は回収の比率を上げることが可能」
「しっかりやっていきたい」

古紙の減少が避けられない今
その影響をどう抑えるか

企業だけでなく1人1人の意識の変化も求められています

*最近ボックス増えてきたね
コロッケ先生の情熱!古紙リサイクル授業
アマゾンで見る
楽天で検索
コロッケ先生の情熱!古紙リサイクル授業 (はじめてのノンフィクションシリーズ)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。