ワールドビジネスサテライト,10/19,ロングセラー研究所,CASE-14,カゴメ「トマトケチャップ」:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/19,ロングセラー研究所,CASE-14,カゴメ「トマトケチャップ」

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/19,ロングセラー研究所,CASE-14,カゴメ「トマトケチャップ」

愛知・東海市
カゴメ記念館

1905年 日露戦争 日本海海戦
1908年 カゴメのトマトケチャップ誕生

農家を営んでいたカゴメの創業者
蟹江一太郎は西洋野菜を作り始めたが

カゴメ上野工場 倉田宏さん
「(西洋野菜は)大根や菜っ葉に比べて」
「10倍くらいの値段で売れた」
「ところがトマトだけなかなか売れなかった」

そこで余ったトマトを加工して作ったのがケチャップだった

元々ビール瓶に詰めていたためフタは王冠
ケチャップ発売当初の写真にはヱビスビールの文字が

使用済みのビール瓶を分けてもらい
それに詰めて販売したのだ

しかし
売れ行きはいま一つだった

そこで一太郎はある手を打つ

なんと
女学校の卒業生向けに洋風料理の冊子を配布

チキンライスなどをより身近にし家庭に広める事で
ケチャップの売り上げを伸ばすことに成功した

分析1
洋風料理を広め 市場を開拓

しかし
平和な時代は突如終わりを告げる

60年代前半ケチャップ業界にとってのいわば黒船
ハインツとデルモンテが相次いで上陸を果たしたのだ

カゴメ 上野工場 倉田宏さん
「会社の規模が違うから脅威」

しかし
そんなカゴメを救ったのが消費者からの声だった

”もっと軽くて使いやすいケチャップがほしい”

ガラス容器
ケチャップの出難く出るときは一気に出てしまう

1966年
チューブ状の容器を投入
出る量を調整可能に

すると
逆境にもかかわらず右肩上がりで売り上げを伸ばした

分析2
消費者の声をいかし販売伸ばす

ところが最近は横ばいが続き需要喚起のため
新たな使い方を提案

カゴメ 営業推進部 栄養管理士 鶴田聡美さん
「トン汁です」
「味噌を半分に減らしケチャップを入れる事で」
「減塩ができる」

ケチャップの開発と共に
新しい料理を広めた創業者の蟹江一太郎

その志はいまもカゴメの中に受け継がれている

*こんな古書がありました




Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。