ワールドビジネスサテライト,11/5,"働くクルマ"不足の背景は?:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,11/5,"働くクルマ"不足の背景は?

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,11/5,"働くクルマ"不足の背景は?

開催中の
第44回東京モーターショー

その中で意外な車が注目を集めていた

三菱ふそうトラック・バス セールスカスタマサービス本部 小池蘭 部長
「今回特別につくったコンセプトトラックで」
「スパイダーといいます」

三菱ふそうが開発した
スーパーグレートVスパイダー

ドリルやがれきなどを掴むクロー
そしてショベルなど4種類のクレーンを搭載

多機能な未来の働くクルマだ

現場でこのスパイダーが1台あれば
あらゆる状況への対応が可能となる

開発した狙いは

「人手不足がある」
「いろんな手を借りたいという現場からの声もある」

Q.トラックの需要は

「建設業などはオリンピックに向け」
「非常に盛り上がっていて」
「供給も追いついていない」

さらに
外の会場でも

1台2役の文字
ダンプの国内シェアトップ新明和工業だ

Q,1台2役とは

新明和工業 特装車事業部 芳野琢磨さん
「ダンプの荷台を下げた後」
「荷台がスライドして下までおりて建機を積める」
「土砂運搬の一役とパワーショベルを運ぶ運搬車の一役」

こちらも多機能な働くクルマだ
このダンプ生産が追いつかないほど人気だという

「去年からかなり台数出ていて今年も増えている」
「納期的に苦しんでいて1年強くらいかかっている」

一方
ミキサー車の状況は

国内シェア8割のKYBに聞いてみると

Q.生産は大変な状況か

KYB 特装車両事業部 川島茂 専任課長
「最近は大変な状況が続いています」

Q.今注文すると何ヵ月待ちか

「1年弱くらいですかね」
「お待たせして申し訳ない・・・」

実はいま土木や建設の現場では
人手や資材だけでなくダンプやミキサー車など特装車と呼ばれる
働くクルマが不足 生産が間に合わない状況が続いている

2014年度の特装車生産台数
7万4058台と震災前の2倍以上だ

現場では何が起きているのか

東京・八王子市
芳村石産

を訪ねた
ココではコンクリートやアスファルトの原料を生産している

砕石の生産量
建設不況で20年前の半分以下に
→震災復興などで需要回復の兆し

しかし
ある問題が

芳村石産 芳村尚之 社長
「ダンプを発注してもなかなか入らない状況になっていて」
「どこの会社も大変苦慮している」

実は生産した砕石を建設現場などに運ぶダンプが足りないのだ

芳村石産
以前はダンプ50台保有→現在25台

今年導入した5台は
注文から納車まで1年半待ち

去年注文した分も納車は年明けの予定だ

「オリンピックもあるので」
「業界はみな心配している」

何故生産が追いつかないのか
ダンプの国内シェア5割

新明和工業が持つ国内最大級のダンプ工場

栃木・佐野市
新明和工業 佐野工場

を訪ねた

新明和工業 特装車事業部 穐本祟 設計部長
「ダンプ ミキサー車 タンクローリーの装置を載せる」
「シャーシ(車体)が置いていある」

敷地内に並んでいたのはトラックの車体部分
およそ1000台

トラックなど
車体 トラックメーカー
荷台 ダンプメーカー

が作る

工場内では荷台に使用するパーツづくりが行われていた

「この装置でレーザービームを出して」
「鉄板に熱を加えて切り出します」

切り出された鉄板は巨大なプレス機で
1つ1つ成形され溶接される

実はこの網の目のような骨組みは荷台の裏側だ
運ぶものによって組み方や材質が微妙に異なる

「長持ちさせようとすると骨組みをきめ細かくして」
「荷物を載せた時の衝撃を緩和させる」

がれき運搬など
→細かい骨組み丈夫な材質

1台ずつ用途に応じて設計

「大量生産はなかなか難しい」

溶接された荷台は巨大な機械の中へ
それをひっくり返すとようやくダンプの荷台の基礎部分ができた

よく見ると1つとして同じモノは見当たらない

角を見てみると全く違う

「直角のモノは砂や土砂砂利を運ぶことを想定している」

そして

船底型
粘土質の土などを運搬
→傾斜で土が流れやすい

こうして完成した荷台をトラックに取り付ける作業は
1台1台人の手で行われる

Q.これでダンプは完成か

「もっと大事な工程が残っている」

こちらでは
車体と荷台の緩衝材を削る作業が行われていた

「受け木(緩衝材)と荷箱の間に隙間がある」
「向こう側の景色を見えなくする」

隙間が無くなるように
ミリ単位で調節していく

緩衝材と荷台に隙間
→車体に重さが均等に伝わらない

トラックが傷む原因となる

ようやくダンプが完成
現在

新明和工業 佐野工場
月産 約350台

生産が間に合わない状況だが
大幅な増産体制は難しという

新明和工業 執行役員 田沼勝之 佐野工場長
「1~2年はこういう状況が続くと思うが」
「いずれ飽和状態になれば需要が減少していくのは明白」

景気の変動や公共事業の数に左右される特装車の市場
いかに受注の変動に左右されない生産体制を構築するかが課題となっている

*その他にもいろいろあるようです
最新トラックのすべて
小型から大型まで日本を走るトラック全車種完全ガイド
アマゾンで見る
楽天で検索
最新トラックのすべて―小型から大型まで日本を走るトラック全車種完全ガイド (モーターファン別冊 働く自動車シリーズ)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。