ワールドビジネスサテライト,11/9,特集,"老舗xベンチャー"の新たな関係:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,11/9,特集,"老舗xベンチャー"の新たな関係

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,11/9,特集,"老舗xベンチャー"の新たな関係

創業116年の老舗

東京・港区
森永製菓

従業員1300人を超える大企業だ

ここ数年の売り上げは右肩上がり
それを支えているのがロングセラー商品の数々だ

ミルクキャラメル
1914年発売

国産ミルクチョコレート
1918年発売

その後発売した
小枝やチョコボールなどのチョコレート菓子は今なお根強い人気を誇る

しかし
森永製菓はある危機感を覚え新規事業部を立ち上げた

森永製菓 新領域創造事業部 大橋啓祐 部長
「歴史が長くある程度の組織で運用されていると」
「自分たちの仕事はここまでと決めてしまう傾向が強くなる」

新領域創造事業部
14年4月立ち上げ
新事業の企画案を社員全員に募集

だが
新規事業に結び付く企画はなかった

社員たちが時代の変化に対応できなくなっていたのだ

「売れなくても毎月給料が振り込まれる中で働いている人と」
「売れなかったらご飯が食べられないと」
「緊迫感の中で仕事をしている人との違い」

大橋部長は社内改革の必要性を感じた

「森永を変えるつもりでやっている」

そこで創業以来初めての方法で
外部の力を借りる事にした

森永製菓
食関連の事業企画を公募
→5つの企画を採用

企画が採用された1社が

東京・港区
ウィライツ

窓のないオフィスに社員は2人きり

ウィライツ
学童施設へのお菓子販売

ウィライツ 村上竜一 社長
「私が1人で営業に行ったら断られる門前払いされる」
「森永の力でサポートしてもらうと会ってもらえる数が増える」

ベンチャー側のメリット
ブランド力 商品を安価で仕入れ

さらに

澤田佳佑さん
森永製菓からウィライツへ出向

澤田佳佑さん
「森永製菓に籍を置いてベンチャー企業に留学」

森永入社11年目の中堅社員
ベンチャー企業で働くことで森永製菓では得られない感覚を学ぶ

ゴミすてなど大企業ではできない経験
お菓子の配達と営業を繰り返す毎日だ

移動はもちろん電車

この日訪ねたのは学童施設

東京・渋谷区
こどもみらい塾

ベンチャーならではの行動力・決断力で
早々に事業拡大の見通しが立った

ウィライツ 村上竜一 社長
「いろいろな学童保育に営業をする中で」
「年内には約30施設の契約が見込める」

そしてもう1つ採用されたのが

東京・新宿区
法政大学

の企画だった

宣長製菓の社員
野条さんがやってきた

大学が開発したある技術を
森永のお菓子に活用するのだという

その技術とは拡張現実
AR技術と呼ばれるモノ

お菓子の箱をカメラで映すと
チョコボールのキャラクターキョロちゃんなどが浮かび上がる
ゲームとして遊ぶことも可能だ

森永製菓 野条理恵さん
「予定通り不具合もなく音もなって動きもいい」

箱を前後左右に傾ける事で
スピードや動きを調節できる

法政大学 岩月正見 教授
「日本中 誰でも知っているチョコボールの」
「キャラクターで出来るのは大きなインパクト」

大学側→技術を実社会で活用
森永製菓→新たな販促手段

森永製菓 野条理恵さん
「外部の力を借りないと絶対にできなかった」
「これをきっかけにお菓子売り場がおもちゃ売り場になれば」

今月2日AR技術を取り入れた
新商品の先行販売が行われた

東京・台東区
二木の菓子

の店内にはあそべるチョコボールが山積みだ
客が早くも商品を手に取る

外に出るとさっそくスマホを手に遊んでいた

子ども
「楽しいです」

「子供が買ったあとに遊べる」
「非常に面白いアイデア」

外部の力を活用する事で
開発コストも抑える事ができた

森永製菓 新領域創造事業部 大橋啓祐 部長
「ベンチャーが成長する=経済的メリット」
「Win−Winの関係がベンチャーと一緒に仕事をする基本」

いま外部の力に頼る大企業は増えているという
大企業とベンチャー企業をマッチングさせてきた専門家は

東京・港区
ゼロワンブースター

鈴木規文 社長
「プロダクト(製品)のサイクルも高速回転になってきた」
「1社だけの技術力・アイデアでは勝てない」
「ベンチャーと大企業の組み合わせは非常に相性がいい」

ベンチャー
アイデア・スピード

大企業
ブランド力・資金力

互いの強みを生かすことで
イノベーションが生まれるという

早い段階からベンチャー企業を支援し
成功を収めているのがNTTドコモだ

この日も
ベンチャー企業と新たな企画を進めていた

ベンチャーと開発
人気グルメ店検索アプリ

海外ベンチャーとの協力も始まり
ベンチャーへの出資→86企業

NTTドコモ・ベンチャーズ 安元淳シニアディレクター
「既存ビジネスを切り崩すだけでなく」
「新しくつくることにもチャレンジする」
「ベンチャーというパートナーは必要不可欠だと思っている」

大企業の成長に欠かせなくなっているベンチャーの力
互いにメリットを得られる関係作りが今後の発展のカギとなっている

*他にはどんな例があるんだろう?
大企業×ベンチャー 成功の方程式
アマゾンで見る
楽天で検索
大企業×ベンチャー 成功の方程式(日経BP Next ICT選書) 日経コンピュータReport8


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。