ワールドビジネスサテライト,11/24,特集,京急電鉄 好調の裏側:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,11/24,特集,京急電鉄 好調の裏側

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,11/24,特集,京急電鉄 好調の裏側

羽田空港国際線ターミナル

その一角
訪日外国人が真っ先に向かう場所がある

京急電鉄が運営する観光案内所
京急TIC

驚くのはリピーターや口コミ客が多い事だ

上海からの客
「日本に来たときは必ず最初による」
「そして京急に乗る」

台湾からの客
「すごく便利」
「友達はみんな使っている」

京急TIC
年間利用者 約30万人

支持される理由はどこにあるのか

京急TIC案内員
「都内では色んな鉄道会社が絡み合い」
「乗り換えが複雑」

実は訪日客にとってハードルが高いのが
東京の複雑な鉄道網

特に違う鉄道会社への乗り入れや
直通運転が理解できないのだという

TICでは英語や中国語・韓国語に対応
コンシェルジュが観光案内だけでなく切符の買い方まで徹底サポートする

こうした細やかな対応が
京急躍進の原動力だ

京急電鉄
品川・都心方面と横浜・三浦半島方面を結ぶ
1998年羽田空港乗り入れ

訪日客を取り込む地道な取り組みを重ね

この
羽田・品川間が稼ぎ頭に成長した

羽田の国際線ターミナルには
東京モノレールも乗り入れているが

1日の平均利用者数を比べてみると
京急 18504
モノレール 7629

京急が際立っているのが分かる

TICでコンシェルジュと話し込んでいるのは
京急電鉄 営業企画課 尾原さん

Q.何を見ている

京急電鉄 営業企画課 尾原健介さん
「コンシェルジュがお客様に対応した内容を記録したメモ」

東南アジアや欧米
客が一体どこから来たのか性別や買った時間まで克明に記されている

客が券売機で切符を買う鉄道は
顧客情報が入りにくい状態

こうした情報が宝の山だ

「一般に言われている情報以外の情報が」
「生の声で伝わってくる」
「他の鉄道会社にない特別な武器

東京・港区
京急電鉄 本社

こうした独自の情報を使い
さらに訪日客と取り込めないか戦略会議が開かれた

実は

京急電鉄
10月から香港LCCエクスプレスで
切符の機内販売

を始めたばかり

この日は
TICから上がって来た顧客情報が報告された

格安のLCCの機内で発売される切符は
通常よりも割安に設定

そのため
価格に敏感な若い客が主に購入していた

そこで

「LCC文化が根付いているのが台湾と言われているので」
「台湾のLCCに向けて今後機内販売て提案していく」

訪日客の需要を取り込もうと
新たな手を次々打ち出していく

「羽田につく前に京急を選んでいただく」
「他社に付け入るスキを与えない」

羽田都心のアクセスをめぐっては
東京・新宿・新木場の3方面を直結する計画だ

ドル箱となった羽田と都心のアクセスに
ライバル会社も動いている

京急電鉄の戦略は

大浜キャスター
品川駅で原田社長と待ち合わせし羽田行に乗りました

Q.羽田まで何分ぐらい

京急電鉄 原田一之 社長
「国際線まで12分くらい」
「品川駅を大幅に改良すればもう少し縮まる」

Q.本数も増やせる

「本数も増やしたい」

何故品川駅を改良する必要があるのか
それは通勤ラッシュの時間帯

前の電車がまだホームに残っているにもかかわらず
もう次の電車が入ってきている

多い時は2分半間隔で電車が入ってくる

混んでいる時間帯
ギリギリまで間隔を詰めて運用している

今の設備では
これ以上電車を増やすのは難しい

さらに
品川を出発すると

出発直後にあるカーブで
電車は減速を余儀なくされスピードアップが難しい

特にこの場所は1日700本以上の電車が行きかうため
開かずの踏切問題も抱えている

そこで

京急電鉄
品川駅ホームを拡充 付近を高架化
電車の増発とスピードアップを検討している

「リニアが停まる品川駅と羽田空港が」
「10分で結ばれればすぐ隣」
「羽田と品川の軸をどう太くするかが重要」

直線区間で電車は速度を上げ
時速120km近くに達する

しかし
このタイミングで社長が口にしたのは以外にも将来の危機感だ

「少子高齢化で人が減る中」
「魅力的な街をつくらないと沿線に人が住んでくれない」

原田社長が気に掛けるのは
鉄道事業の基礎となる沿線の状況だ

「今の人口統計からすると間違いなく」
「沿線の人口は減る傾向にある」

京急電鉄が地盤とする三浦半島は
横須賀市をはじめシビアな人口減少に苦しむ地域だ

そこで
京急電鉄は横須賀中央駅前に
新たにタワーマンションを作り沿線開発を強化

さらに

12月のダイヤ改正
三浦半島から品川まで着席保証の定員制通勤電車を投入

「羽田・品川のポテンシャルを沿線にどう振り向け」
「人が行き来する策を打てるか」

先を見据えた投資が生き残りのカギを握っている

*結構スピード出すよね
京急電鉄のひみつ
アマゾンで見る
楽天で検索
京急電鉄のひみつ


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。